ベーグルの穴から見えた日記

サマータイムの悲劇

それは、日曜日のまだ夜も明けきらない中で、枕元の携帯電話がぶるぶると鳴り出したことから始まった。

暗い部屋の中で、なんとか携帯を探して着信を見ると、日本の両親からの電話だったので、何か事件でもあったのかと慌てて電話をとったら、「ハロー!!!!!!」と超ハイテンションな父親の声。
事件というかんじではない。

あすかまる「え? ええー? 何、どうしたの? 今、一体何時なの???」

うちのお父さん、時々、もう私がアメリカに暮らして何年にもなるというのに、時差を忘れて電話してくることがある。(大抵、よっぱらっているに違いない。)私が朝、会社に行こうとしてる時に電話してきて、「ええー、今、夜じゃないのおー、しんじらんなーい!」とか言って。

しかし今回は、それとは少し違うようで、父は誇らしげに、こう言った。

あすかまる父「時差が13時間だから、そっちは今、朝の7時半でしょー? 7時半ならもう起きてるだろうと思ってー! なんかガラガラ声だけど、風邪でも引いたのおー?!」

・・・嗚呼。父よ。

まず、平日なら確かに、朝の7時半には起きてる(という話を、以前、両親としたのです)。
でも、でも、「日曜日の」朝の7時半に、電話をかけてくるなんて! 間違いです!!

そしてさらに重大な過ち。
ニューヨークはその時、朝の7時半ではなかったのです。朝の、6時半だったのです!!!

実は、父は、時差の計算を間違ったわけではありませんでした。
ニューヨークと日本の時差は、確かに13時間。でした。つい1週間前までは。

先週の週末でサマータイムが終わって、時差が1時間ずれていたのです。

先週、日記を書いた直後に、「あ、そういえばサマータイムが終わったことについては書き忘れたなあ」と思ったのです。
でもまあ、時間の移行も極めてスムーズだったから別に面白い話があるわけでもなし、「10月のまるぴん」について長々と写真付きで書いた後だったので、これ以上長くなってもいけないなと思い、特に書き足しはしなかった。

今思えば、あれが間違いだった・・・。やはり、書いておくべきだった・・・!
私の日記は、両親へのこうした情報の伝達が、いまやメインの目的の1つになっているというのに!!

全てを悟った私は、寝起きのガラガラ声で、状況を説明した。

あすかまる「風邪ひいてないよ・・・。まだ寝てたんだよ・・・だって、今、6時半で、まだ外は薄暗いんだよ・・・。まるぴんも、私がしゃべってるもんだから、私の布団から出て、どこかに行ってしまったよ・・・」

父は大笑いして、相変わらずのハイテンションで、「わははーーーー、まるぴんも起きちゃったのー?! 至福の時だったのに、ごっめーん! じゃあ、寝て寝てーー! 1時間後に、またかけるからー!」と。

どーしても、日曜の朝の7時半に、私を起こしたいのか、父よ!!!

・・・ここはしっかり交渉して、1時間半後の朝8時にかけてもらうことにする。


電話を切って、まるぴんなき布団にもぐり、眠る。とほほ。

そしてさらにとほほなことには、朝6時半に起きてしまったまるぴんは、7時10分には、「おなかすいたー」と私の上にどしどし乗って来て、また起こされる羽目に・・・。

こうなることは、分かっていたさ・・・。とほほ。

まるぴんに朝ゴハンをあげて、またベッドに戻り、8時まで少しうとうとと眠る。

そして、8時には電話がかかってくる。結局ほぼ寝起きの状態だけど、外も明るいし、さっきより全然いい。

電話は楽しかったけど、なんだか、すっかりおかしな日曜の始まりになった。

父に、「朝早く起きちゃったから、今日は昼寝してねー!」と言われたけど、うっかり昼寝しすぎて夜寝られなくなって、翌週の仕事に支障が出てはいけないから、昼寝しないでがんばった。

が、早めの夜ゴハンをおなかいっぱい食べたら、急激に眠くなり、結局は撃沈。夕寝だなんて、昼寝より悪いじゃん!!

人間が早めの夜ゴハンをした上に、サマータイムで外も1時間早く暗くなって、まるぴん的には夜ゴハンの心の準備万端なのに、自分のゴハンが一向に出てこないもんだから、夜ゴハンの定時(夜の7時半)よりも1時間早いというのに、ぴゃーぴゃーと騒ぎだす。

私を、ゴハンの場所まで導いて、ゴハンの皿と私の顔を見比べて、「ぴゃー? んぴゃー?」(抄訳:ゴハンは? ねえ、ゴハンは?)と鳴く。
あんまり切実で、あんまりかわいいので、早めにゴハンしてあげた。

一応まるぴんにも、サマータイムについて説明して、今はまだ夜の6時半だから今日は特別な措置で1時間早くゴハンにしてあげてるんだよ、ってことはよく言い聞かせたけど。理解力は、うちの父程度だったかもしれません・・・。

2013-11-09133848a.jpg

サマータイムの悲劇バナシだけではなんなので、今週末のニューヨークの紅葉。地元の、なんてことない、道端の木だけど、あまりにきれいで、思わず立ち止まって写真を撮った。

すっきり寒くて、でも出歩きたくないほどの寒さにはまだなっていない。嗚呼、11月ってすばらしい! 11月万歳!!

2013-11-09133654-2a.jpg

だって、こんなすてきな秋の空!
このすがすがしい日の光があるからこそ、紅葉がキラキラと映えるんだよね。

2013-11-09142255a.jpg

これは、セントラルパークの南端です。

2013-11-09094433a.jpg

そしてこれは、うちの猫ではありません。丸まったタキシード猫と、落ち葉。
この子は、外飼いの飼い猫なのか、野良猫なのか分からないけど、野良猫たちには厳しい季節の到来ですね・・・。

へんな日曜も無事終わり、今は夜中の12時半。さっき寝たばかりだけど、また寝ることにします。また1週間がんばろーっと!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ほのかなさん、

さすが~、コメントでも相変わらずハイテンションな上に、ポジティブシンキング!!
その姿勢には、見習うべきことが多いですねえ。

晩酌の頻度だけは、あんまり見習わないようにしようと思いますが・・・!

あすかまる | URL | 2013-11-14 (Thu) 11:59 [編集 ]


・・・嗚呼。あすかまるさん。
早起きのお陰で、こんな素晴らしい青空にめぐり会えたのですねっ!(良かったぁ)

myテンションは晩酌で上がるのではありませんょ
いつでもハイテンションなんですからネ

ごめんネ、ごめんネ~ッ(U字工事さん風に)

ほのかな | URL | 2013-11-11 (Mon) 21:51 [編集 ]