ベーグルの穴から見えた日記

人間の未来

日本は、今日は参議院選挙ですね。

ある友達が教えてくれたのですが、スタジオジブリが出版している『熱風』という小冊子の7月号で「憲法改正」が特集されたところ、メディアもたくさん取り上げ、反響が大きかったので、急遽PDFでの無料配信となっているそうです。

スタジオジブリのこのウェブページから、

宮崎駿監督「憲法を変えるなどもってのほか」
鈴木敏夫プロデューサー「9条 世界に伝えよう」
児童文学作家の中川李枝子さん「戦争は怖い」
高畑勲監督「60年の平和の大きさ」

の4つの記事を読むことができます。(ダウンロード期間は2013年8月20日まで)


今回の選挙でも、将来の改憲の可能性は、争点の1つだと思います。
といって、憲法をどうすべきかというところについては、人によりいろいろな考え方があるかと思いますので、ここではバトルする気はないのです。

選挙のことはさておき、無料配信された4つの記事はいずれも貴重な記事で、ぜひたくさんの人に読んでもらいたいと思ったのだけど、全て読んだ後で私がいちばん同意したのは、宮崎駿監督の記事の最後の部分だった。

それは、「産業構造をどうするか」という話。

自分たちの必要なものは自分たちで作ろうという思想を持たずに、何もかもお金でやっているうちに、どんどん実感が遠のいていく、と言う話。

それはまさに、ミヒャエル・エンデが「モモ」で描いた世界だ。
お金って便利だからとやり取りにお金をよく使うようになったのはいいと思うけど、いつの間にか、お金とか、経済とか、そういうものを、自分自身の心以上に信じるようになっていないか、ってこと。

人間は本来、将来の保証なんてない状態で生きてきた、という宮崎駿監督の言葉に、激しく同意。だから結局人間は、今この瞬間に自分がうれしいとか楽しいとか思うことを拠りどころにして生きるしかないのだ、人間は本来そうやって生きてきた、と。
そうだと思う。人間も動物だもの。

私、お金を貯めておけば「将来の保証」がもらえるみたいな、今の社会では圧倒的な考え方も、ただの幻想だと思うのです。
(いや、お金、少しは貯めてますよ私だって。別に刹那主義なわけじゃないのです。ただ、ちょっと何か変だなー、と思うだけ。)


私は、日本でも、どこの国でも、もし本当に国がそうなりたくない方向に動いて、国民がそれは嫌だと本当に思ったら、その時は、そうじゃない方向へと国民が動かすのだろうと信じてる。
何かが後戻りできないほど進んで、遅過ぎることになってから国民が動いたとしても、その時までは国民は動かなかったのだから、それでいい、っていうかそれ以外の結果にはなり得なかったと思う。

今回の選挙の結果も、一部の国民は特にどこにも投票する気にならないことも含めて、結局それは、国民が選んだ未来ということなんだろう。

日本はアベノミクスでとりあえずよろこんでるみたいだし、自民党じゃなかったらどこにするの、という問いの答えがない今、今回の1回の選挙で何かを変えていくのは難しい。もちろんその一歩が大事というのは分かるけど・・・。
今回の選挙の結果がどうなるにしても、それがとりあえず日本の国民が当面求めるものということなんだと思う。


とにかく、えーと、選挙の話をするつもりはないのでやめますが。

別の友達が紹介してくれた、「忌野清志郎からの手紙」なるものには、宮崎駿のことばとリンクするものがあった。

反核や憲法第9条改定阻止などで積極的に活動している音楽評論家の湯川れい子さんがツイッターで公開した、12年前に書かれた忌野清志郎からの手紙とのこと。選挙を前に、ツイッターやフェイスブックで広まってるみたい。

これは、ぐっときた。
私もぜひ、自分の日記に残しておこうと思って、この日記の最後にコピーしておきます。

宮崎駿や忌野清志郎が、映画や音楽の人だからって、この人たちの言うことを、メルヘンの世界の話だとか、絵空事だと思ってほしくない。
芸術って、人間の本質に迫ろうとする作業なんだから! ・・・たぶん。
少なくとも、一部の人間がおいしい思いをするために他の弱い人間をだまして利用する、今の経済や政治なんかより、ずっと信用できると思うのです。
(経済の勉強してる人とか、経済が好きな人には、すみません・・・。経済や政治の基本的なシステムは、社会生活に不可欠の要素だと思ってますし、何もケチをつけてませんので、あしからず。)


===以下、「清志郎の手紙」からコピペです===

清志郎の手紙

地震の後には戦争がやってくる。
軍隊を持ちたい政治家が、
TVででかい事を言い始めてる。

国民をバカにして戦争にかり立てる。
自分は安全なところで偉そうにしてるだけ。


阪神大震災から5年。
俺は大阪の水浸しになった部屋で目が覚めた。
TVをつけると、5カ所ほどから火の手がのぼっていた。

「これはすぐに消えるだろう」

と思ってまた眠った。

6時間後に目が覚めると、
神戸の街は火の海と化していた。

この国は何をやってるんだ。
復興資金は大手ゼネコンに流れ、
神戸の土建屋は自己破産を申請する。

これが日本だ。
私の国だ。

とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って、
返り咲いた政治家。

弟はドラムを叩くシーンで、
僕はロックン・ロールじゃありません、
と自白している。

政治家は反米主義に拍車がかかり、
もう後もどりできゃしない。

そのうち、リズム&ブルースもロックも禁止されるだろう。
政治家はみんな防衛庁が大好きらしい。

人を助けるとか、世界を平和にするとか言って、
実は軍隊を動かして世界を征服したい。

俺はまるで共産党員みたいだな。
普通にロックをやってきただけなんだけど。

そうだよ、売れない音楽をずっとやってきたんだ。
何を学ぼうと思ったわけじゃない。
好きな音楽をやっているだけだ。

それを、何かに利用しようなんて思わない。
せこい奴らとはちがう。

民衆をだまして、民衆を利用して、
いったい何になりたいんだ。

予算はどーなってるんだ。
予算をどう使うかっていうのは、
いったい誰が決めてるんだ。
10万円のために人を殺す奴もいれば、
10兆円とか100兆円とかを動かしてる奴もいるんだ。

一体この国は何なんだ。

俺が生まれて育ったこの国のことだ。
君が生まれて育ったこの国のことだよ。
どーだろう……、

この国の憲法第九条は、まるで
ジョン・レノンの考え方みたいじゃないか?

戦争を放棄して、
世界の平和のためにがんばるって言ってるんだぜ。
俺達はジョン・レノンみたいじゃないか。

戦争はやめよう。
平和に生きよう。
そして、みんな平等に暮らそう。
きっと幸せになれるよ。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

マコさん、
地球上の人間全員に全てのものを同じ数ずつ分けることは、不可能だし、それがよいことだとは思わないのだけど、自分の周りにいる好きな人たちが困っている時に、助けたいと思うこの当たり前の気持ちを、手放さずにいたいなと思います。

お金が優しい気持ちで動いてくれれば、という言葉には、激しく同意! お金を見た時に、人ではない何かに簡単に変身してしまう人が少なからずいるこの世の中を、本当に怖いと思うのです。

猫は猫の武器を持っているけど(爪とかキバとか!)、それを使う場所をちゃんと学ぶところが、猫のかっこよさだと思うなー。あとは、勝つか負けるかに関係なく、戦うことそのものを精一杯がんばるところかな!
本当に、猫様に学ぶことは多いです!!

あすかまる | URL | 2013-08-04 (Sun) 03:44 [編集 ]


本当にねえ~((==#))

みんなで分ければみんなで豊かになれるのにね~~地球に生まれてずっと不思議に感じてきたこと。

たとえばカカオ作って生活してる人たちがチョコレートを食べたことがないこと。
たとえば身体に入るとものすごい痛みで死んでしまう寄生虫がいる水しか飲めずにいる人達がいること。

何でだろう~同じ地球に生きてるのになあ。

せめてお金が優しい気持ちで動いてくれればいいのに、、、。

まるぴんちゃんだって平和が好きにゃでしょ~((^~^))だって猫と日向ぼっこするのに武器は似合わないもん。

マコ | URL | 2013-07-31 (Wed) 03:05 [編集 ]


煙の男さん、
いえいえそんな、こちらこそそんなふうに言っていただき恐縮です。ありがとうございます。

政治家や会社の重役をひとりひとり正していくのは非常に困難なので、とりあえず自分自身が、なるべく人の心を手放さずに生きているように心がけるほうがまずは簡単だと思って、自分への戒めのために書きました~。

そのようにして、かっこよく生き抜きたいものです!

あすかまる | URL | 2013-07-25 (Thu) 13:25 [編集 ]


民衆が大事、消費者が大事という政治家や、企業よりも、アーティストは人間に近い所に居る。人の心の傍に居る。そう感じました。その距離の違いを、政治家も、僕らも、もっと考えないとね。とても大事なことに気づかされた記事でした。ありがとう!

煙の男 | URL | 2013-07-22 (Mon) 12:59 [編集 ]