ベーグルの穴から見えた日記

トットちゃんの生きる道

7月4日、アメリカは独立記念日で祝日です! いえーい!

7月になっても、先月から引き続きLGBT月間の話で恐縮なんですが、すごい動画を見つけてしまいましたので、ご紹介。

6月7日に、日本のアメリカ大使館が主催して、「LGBTプライド月間レセプション」というのが行われたそうです。
そこに黒柳徹子が参加していて、スピーチをして、またインタビューに答えている様子が、YouTubeでアップされたんです。

レセプションに参加したのは3人で、それぞれのスピーチ&インタビューがYouTubeにまとめられている。
男の子として生まれ、今は女の子として生き、モデルをしている佐藤かよさん。
日本初のLGBT国会議員になった尾辻かな子さん。
この2人の話は、LGBTの当事者としての自分の経験に基づいていて、今LGBTのことで悩んでる人を励まし、一緒にLGBTが住みやすい世界に変えていこうというもの。

この2人の話も、LGBTというものが全く目に見えてないだろう日本の中で、先陣を切って世の中に出て、そして成功している人として、すごく貴重ではある。

しかしながら、トットちゃん。
いや、基本的なメッセージの方向性はもちろん一緒なんだけど。

とてつもなく大きくて、夢みたいなことを言ってるのに、なんだろうこの説得力。
どこかで聞いたことがある言葉なのに、心を揺さぶられる、この破壊力。

これこそが、言葉の力であり、人間の力だなあと思う。
トットちゃんは、人間の力を使って、人間の力について話している。そして、LGBTとかそうじゃない人とか関係なく、人間に向けてそのメッセージを発信している。
トットちゃん、すごい。

トットちゃんが生きる道としているのは、トモエ学園の校長先生の言葉だそう。

「障害を持った子もたくさんいましたが、校長先生はいちども、
そういう子供たちを助けてあげなさいとおっしゃったことはありませんでした。
一緒だよ、一緒にやるんだよ。それだけでした。」

助けてあげるんじゃなくて、一緒にやるんだよ。そこの違いなのかな。多分、そこの違いなんだろうな。
同じようなことに思えるけど、多分ここが、すごく重要なんじゃないかなあ。

トットちゃん以外の他の2人のメッセージは、そのつもりはないかもしれないけど、基本的にLGBTの世界の「中にいる人」に向けられていて、その人たちを明るいほうに導いてあげたいという切実な思いが込められている。
そしてそれは、全然悪いことだとは思わないのですもちろん私も。

でも、よく考えると、中と外に分ける考え方、それこそが、差別の始まりではあるんだよね・・・。カテゴリ分けは物事を考える上で重要だし、「日本人」という言葉がなくならないように、「LGBT」ということばもなくならないと思うけど。(それに、なくなって欲しくない。例えば私は、アメリカに住んでいても、「日本人」であることに誇りがあるから!)

とにかく私には、トットちゃんが「人間」について、「私は楽天的なもんで」とか言いながら熱く語ったこの動画が、3つの中で一番、というかダントツで心に残ったってこと。

トットちゃんが言う、人間が生きていく上で本当に必要なこと。
シンプルだけど、これまでに得たいろんな考えがいろいろ頭に染みついちゃってる私たちには、時に簡単じゃない。

とりあえずは。
周りの人や子供たちを「いい子だね」「すてきだね」と認めること。周りの人が私を認めてくれること。そして、一緒にやるという心。違うものを見たら、おもしろい!何それ?と思える好奇心。
そんなことを考えて、生きてみたらいいのかな。

こちらがその動画です。10分ありますが、ぜひぜひぜひ!見ていただければと思います。



ひとりでも多くの人がこの動画を見て、何かを考えたら、本当に世の中が少しずつよくなっていく気がするから。

そんなふうに、大きな夢を、手に届くものとして信じさせてくれた、力強いトットちゃんの言葉に感謝です。
トットちゃんのすごさは、いろんなレベルで常々耳にしてたけど、またもうひとつ、トットちゃんのすごさを再確認。尊敬します!

いやー、独立記念日のお休みに、朝からすばらしいものを見ました~。
今日はアメリカでは大事な祝日、夜には盛大な花火もあがります。今年は久しぶりに、ちょっと外に花火を見に行ってみる予定です!

Happy July 4th!!!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する