ベーグルの穴から見えた日記

猫の役者魂と飼い主のケチ魂

ある日、薄暗い玄関前に落ちてた、「まるぴん人形」。

031a_20120820041023.jpg

かわいいだけのアイドル猫かと思っていましたが、実はこの猫の演技力は、半端ないのかもしれません。人形の演技というのは、そう簡単なものではないのです。(参考文献:漫画「ガラスの仮面」)

まるぴんは、見事に人形の仮面をかぶり、「何も考えない」という演技を完璧に成し遂げています。

036a.jpg

ほら・・・近づいていっても、微動だにしません。


・・・と思ったら、あっ!!!!


037a_20120820042423.jpg

ぐるりん・・・

038a_20120820042423.jpg

ぱ!

飼い主が近寄って来たヨロコビのあまり、寝がえりをうってしまいました。

月影先生「仮面が・・・はがれた・・・!」

まだまだ紅天女への道は遠そうです・・・。

(完)


・・・またいつの間にか、変なドラマ仕立てになってしまいました。

ところで、1枚目の写真にあった、ドアノブかけ型爪とぎ。
基本的に我が家の爪とぎは、全て段ボール箱から手作りした床置き式のものなんですが、縦型の爪とぎもあったほうがいいかしら、と思い、私にしてはめずらしく、ペットやさんで購入したのです。だいぶ昔に。

ところが、安定性が悪くて、イマイチ上手に爪がかけない。上しか固定されていないので、爪をかけても、ぶらぶら左右に揺れちゃうんですね。
下を固定する方法もいろいろ試したけど、うまくいかず・・・。猫は見向きもしなくなり、この爪とぎはただのインテリアになりました。

安物だし仕方ないか・・・とあきらめながらも、捨てるのももったいないし、別のドアノブにかけて放置することしばし。
ところが最近になり、あることに気づく。

016a_20120820051159.jpg 004a_20120820051052.jpg

007a_20120820050733.jpg 009a_20120820050732.jpg

まるぴん、どうやら、裏にご執心・・・?

(あっ、ちなみに、このピンクのへんな物体は、「昔ネズミのおもちゃだった何か」です。まるぴんの気をひくために、この爪とぎにくくりつけてみたのですが、見事にネズミだけ破壊しました・・・)

この、こぶにしてある茶色いまるいものや、その他ぴらぴらしたものが、気になるようです。
(下記は参考写真。隣は、次回の戦闘に備え、爪を手入れするまるぴん。)

015a_20120820052341.jpg


そこで実験的に、茶色いこぶを出した感じで、床に置いてみた。

041a.jpg

おお、気に入ったらしい。
爪もといでました!!

しかしながら、我が家の床には既に、手作り爪とぎが許容量以上に置いてあるので、せっかく壁にかけられるタイプのこれは、もうしばらく壁にかけておくことにします。

とりあえず今日のところは、買い物に失敗してもめげずにそれをネタにして日記を書いちゃう、あすかまるのしたたかさに乾杯!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

確かに・・・

ガレットさん、
確かに、ガレットさんのご指摘こそが正しかったのです。
私がコメント欄でガレットさんの返信に、
「まるぴんの演技力はイマイチ」
と書いた途端に、まるぴんは私のその意見に反論するかのように、
人形になりきって玄関に転がっていたんですよ~!

ただし、演技の才能はありそうでも、まだまだ修行が足りません。
これから、幅広い役をこなして、成長してもらわないといけません!
今は、爪とぎの上にぽってり香箱座りで、「かまぼこ」の役を稽古中です・・・

あすかまる | URL | 2012-08-25 (Sat) 13:01 [編集 ]


演技派

ぬいぐるみかと思いました
あすかまるさんがまるぴんにそっくりなのをお作りになったのかと

そして
やっぱりまるぴんは演技派なのよ!
目で語れる! 姿が絵になる!

ガレット | URL | 2012-08-25 (Sat) 09:56 [編集 ]