ベーグルの穴から見えた日記

こころの健康を考える

東北地方を襲ったあの震災から2カ月半ちょっと。

震災直後、入り乱れるニュースと混乱、それと同時に、一丸になってがんばろう!というアクションが湧き出てきて、また悲惨な状況の中でも他の人を思いやって行動する日本人の姿が驚きとともに世界に伝えられた。その後、原発の被害が明らかになり、どんどん深刻化して、レベルが最高値にまで引き上げられてからは、「チェルノブイリに匹敵」と言われた。地震、そしてそれに伴って起こった恐ろしい津波のニュースは、世界中の人を震撼させたけど、いまや福島原発の問題が日本について語られる話題の中心だ。

日本の人たちの震災後の様子は、私はニュースや人づてにしか知る由がなかったけど、一致団結の掛け声とともに、「大変な人がたくさんいるのに、私だけが・・・」と自粛ムードが広がって、でもそれが行き過ぎではと時に批判されたりで、やはり、普通の生活を送れる人は普通の生活をしながらできることをするのがよいのだ、というかんじになってきて、その推移は、いろんな人のブログのエントリにも表れてる。2か月半で、ずいぶん普通の状態に戻ったかんじがします。

それでも、あのことは多分、いろんな人の心に、さまざまに異なる形で刺さっていて、それが生活に支障を与えて(あるいは少なくとも、変化を及ぼして)いるかもしれない。
地震の後ずっと、無力感でいっぱいだったりとか。イライラしやすくなったりとか。あるいは、すっかり忘れて日々の生活に没頭していたのに、ふと被災地の惨状を思い出して、忘れてた自分を嫌に思ったりとか。

さらに今回は、福島原発の問題がある。これは、日本一丸で天災を乗り越えよう、というのとはまたちょっと図式が違って、原発vs私、あるいは、東電や国vs私、といったかんじで、相手があるように思います。
放射能汚染の問題では、いまだにみんな、先の見えない不安を抱えてる。この野菜を食べて私や家族は本当に大丈夫なのかとか、関東の人も疎開したほうがいいんじゃないかとか、福島原発の行く末は・・・などなど。
それで、原発のニュースを見るたび、心がかき乱され、落ち着かなくなったりとか。

ちょっとでも、「あるある」と思った人は、「心理学者からの、震災から心を守るメッセージ(三羽)」のページを、ぜひぜひ、ぜひ!!読んでください。

このページは、ひょんなことから出会った方に、ひょんなことから紹介してもらった、「震災にまつわる心理学的ケア」というページで、「このサイトで一番伝えたいこと」、とされているものです。

このサイトの目的は、「東日本大震災で心痛めておられる全ての方々(被災地・非被災地)の心の健康を保つために、自分でできること(セルフケア)やお互いにサポートするための方法を紹介していきます」と書いてあります。
複数の専門家の方が、この目的に即した記事をアップしていく形になっています。今後もどんどん記事はアップされていくそうですが、どれも大変興味深いものです。

「被災地・非被災地で心痛めている皆様へ」の中には、心理学者の客観的な洞察の記事がいろいろありますが、「ボランティアとは何か」についての4回シリーズは、何となくそうと思いながらも知識の裏付けがないもんですから悶々としてた部分を、心理学的知見に基づいて、余すところなく説明してくれて、これよこれ!という思いがしました。

こんなにすばらしいページ、震災の直後に私も知ることができて、皆様にもシェアできればよかったんだけど・・・。でもこれからは、何度でも戻ってこられます。

被災地の人に何ができるかという件も、それから放射能の件も、何が正しいとか間違ってるとか、そんなのは私には本当のことは分かりませんが、とにかく、自分の考えをきちんと整理する、そして他のいろいろな人の考えを取り入れる(ひとつの情報を鵜呑みにしない)、そんなことが大事だと、改めて思っています。
地震の直後にも書きましたが、インターネットはそれを大いに助けてくれます。素晴らしい時代です。(今回このサイトに辿り着いた出会いも、ネットでのものです。感謝!)
ただし、できる限り偏りのない情報にアクセスするのに、テクニックというか、心構えというか、そうね、今回のテーマに即して言うならば、自分の心が健康でないといけないと思います。でもそれは、リアルでの人づき合いとまるっきりおんなじだと思います!

もう2カ月半、という気もするけど、まだたったの2カ月半、というのが本当のところだと思う。
阪神大震災のことを考えても、被災地の人が昔の生活に戻るには、途方もない時間がかかるのだろう。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

絵夢さん、
おすすめサイトを見てくださって、ありがとうございます!
誰よりも私自身が、地震や原発のことを忘れていきそうで、そんな自分を嫌に思ったりしているので、このサイトや、これを執筆している方のほかの文章を読んで、少し落ち着けたのです。
日本を離れて遠くで生活しているので、よけいにふと忘れてしまう時と、それを後悔するのの振れ幅が大きいのかな、とも思っています。

日本はまた大きめの地震が立て続けにありましたね。心配です。「祈ることも、力になる」、という言葉が、上記サイトにあって、私はとても勇気づけられました。祈ることも、私にできる数少ないことのひとつなので・・・。

絵夢さんも、お身体ご自愛くださいね。お互い、のんびりが苦手な性格のようですが、ここはのんびり、ゆったり、いきましょう!!

あすかまる | URL | 2011-06-04 (Sat) 12:08 [編集 ]


震災

まだたったの2カ月半… なのですよね。

阪神大震災の時は復興に5年掛ったとのことでしたが
今回の被害は莫大で、加えて原発問題もあり先が見えませんね。
私は余りTVは観ない人間なのですが、
震災後から毎日、「東日本大震災」関係のニュースを観ています。
私に出来る事は、義援金を送る事くらいしか無くて
募金箱を見掛けると条件反射のように財布を開けている私がいます。

「心理学者からの、震災から心を守るメッセージ」拝読しました。
自分の心と折り合いをつけるための、何かヒントをくれるサイトの様な気がします。

絵夢 | URL | 2011-06-02 (Thu) 23:54 [編集 ]