ベーグルの穴から見えた日記

ボストン大満腹

帰って来ましたーーー!!
ボストン、とってもおいしかったです!! ・・・あれっ? でもまあ、そういうことです。読み進めていただければ、分かります。

まず、ボストンといえば、「フリーダムトレイル」でしょう!

Boston 374

道に赤い線がひっぱってあって、これをたどって歩いていけば、ボストンの主な観光名所が全部見られるという、すばらしいアイディア。

しかしながら、今回は何しろ、そんなに長い日程じゃない上に、旅の目的が「おいしいものを食べてリラックス!」だったので、トレイルに沿って歩いたのは、ほんの最後のほうだけ。それでも、ずいぶん歩き続けた(しかも、終点が丘の上なので上り坂!)上に、終点のバンカーヒル記念塔では、ちゃんと塔の上まで上りました!(階段300段・・・ぜいぜい)

Boston 390

しかも、終点に到着したはいいけど、そこから最寄の駅まで戻るのにも、徒歩10分ぐらいあったもんだから、かなりの運動でした・・・。いやあー満喫。今回はこのぐらいにしておいてやろう!

で、わたくしの旅の主目的。
ボストンといえば、これ!

Boston 128

ロブスターです!!

Boston 020

ロブスターロールは、これ以上ないほど豪華な身の入り具合! お値段も若干張りますが、「比較的安い、しかし味は絶品」という場所をしっかりサーチして行ったので、どこで食べても、納得のおいしさ!!
あとは、クリーミーなロブスタービスクも、私の大好物なのです。

ロブスターに限らず、海沿いの街ですから、シーフードがなんでもおいしい! ボストン・クラムチャウダーは、白いクラムチャウダーのこと。寒い冬に温かいスープって、最高です。クラブケーキのサンドウィッチも食べました!

Boston 403

ああ、どれもこれも、シーフードおいしすぎでした・・・!

あとは、ボストンと言ったら、ハーバード大学!

Boston 176

こちら、ジョン・ハーバードさん。創設者とタグに書いてあるけど、寄贈者なんだそうです。キムタク似。(でも本人はこんな顔じゃなくって、当時人気の学生に似せて作ったんだとか。by「地球の歩き方」)
彼の靴を触ると、ハーバードの学生になって戻って来られるということで、皆になでまわされて金ぴかになってます。ハーバードの学生になんて、今更なりたかないけど、お約束で触っておきました。なっちゃったらどうしよう、きゃあー!(←結局、なれるんならなりたい。)

でも、ハーバード大学よりも俄然おもしろかったのが、お隣にあるこれまた名門、マサチューセッツ工科大学(MIT)! 工科大学、というところでも分かるように、理系のイメージが強い学校です。

観光客の数はハーバードよりもずっと少ないけど、その分あけっぴろげで、館内を歩くと、オタク気質まるだしなサークル案内や展示物が次々と目に入る。この人たち、きっとオタクなのよ、学問にも、趣味にも、何事にも! 私、オタクって本当にすばらしいと思っているのです!!
MIT博物館には、最先端のロボットの数々や、DNAの仕組みをブロックで解説しているものなど、これまたオタクパワーに圧倒された。小さい建物だけど、見どころ満載、すばらしい博物館だったなあ。

Boston 191

MITのキテレツな建物。さすがにこの建物の建設時には賛否両論あったそうですが(by「地球の歩き方」)、いやー建ててくれてありがとう。MIT、すばらしい!

それから、ボストンといったら、ダンキンドーナツ。ボストンが発祥の地なんだそうです。

Boston 153

だから、というわけじゃないんだけど、ある日の朝ごはん。味はもちろん、ニューヨークとおんなじね。それにしても、本当にボストンでは、ダンキンドーナツがスタバよりもたくさんあったなあ! 私としては、うれしかったですが!

あと、ボストンといったら、ビール!

Boston 301

ホテルの部屋で飲んだくれ、いやいやもとい、飲み比べ。ボストンのビールとして有名な、サミュエル・アダムス(Samuel Adams)の他に、ハプーン(Harpoon)というブリュワリーも、ボストンにあるんだそう。(もういっこのは、ラベルがかわいいので買っただけで、カリフォルニアのものでした。)
最後の1本を飲みながらベッドの上でうとうとして、真っ白なシーツにビールをこぼして焦ったけど、拭いたらちゃんと染みがとれたのでセーフ・・・。
そういえば、ボストンとは関係ないですが、ホテルの部屋では、久々のフードチャンネルも満喫しました!(我が家の安いテレビ・プランでは、フードチャンネルは映らないのです・・・。)

それから、ボストンといったら、ボストン・クリーム・パイ。

Boston 365

軽い気持ちで探していたら、案外どのお店にも置いてなくて、よもや食べられないかと思ったけど、最終的に、由緒正しき発祥の地(ホテルなのです)で食すことができました。

そんなわけで、ゆっくり旅行のはずが、いざとなると欲張りの性格で、結局やりたいことは全部済ませて帰ってきました!! すばらしい達成感&充実感!

しかしながら、食の魅力は、観光名所を見るのとは違って、いちど行ったらよいというもんではありません。ニューヨーク-ボストン間は格安バスで4時間、これはまたおいしいものに会いに出かけるしかありません!

食べ物の魅力のほかにも、ボストンは本当に小さな街!というイメージで、街並みもかわいくて、ラインごとに色分けされた地下鉄も、古くてこじんまりしてて、ラインごとに特色があって、ただ時間を過ごしてるだけでも、とーっても楽しかったです。またすぐ行っちゃうよ!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ガレットさん、
ウーパールーパー、懐かしい・・・!!
言われたら、そう見えなくもないですね。
あんなに大量でいたら、怖いけど・・・!

クリームパイ、味は至ってシンプルで、驚きはなかったけれど、ボストンの厳かなホテルで、この高貴なデコレーションのボストンパイを食せたので、これまた大満腹でした~!

あすかまる | URL | 2010-12-03 (Fri) 11:06 [編集 ]


大満喫じゃなくて大満腹なのね^^

ロブスターを一瞬ウーパールーパーだと思ってしまった。。。
目元が似てるよね。。 ^^;

クリームパイのデコレーション可愛い♪

ガレット | URL | 2010-11-29 (Mon) 17:41 [編集 ]