ベーグルの穴から見えた日記

ぐるりニュージャージーで蛸鍋

さて、今週は、書くべきことがあるんです!(つまり、おいしいものを食べたということです!!)

ニューヨーク州のお隣、ニュージャージー州在住の方から、「ニュージャージーにある韓国料理やさんに行こう!」とお誘いいただいた。
マンハッタンからニュージャージー州に入るには、お隣とはいえ、橋かトンネルでハドソン川を越えていかないといけない。しかも、お隣とはいえ、電車やバスのシステムも全く異なるし、ニュージャージーにひとたび入れば、そこはアメリカ、車社会。車なしでは、あちこち行かれません。
そんなわけで、用がなければなかなか行くことのない場所、ニュージャージー。でも、韓国料理屋さんエリアの中の一店に、蛸鍋のおいしいお店があるという。

たこなべ? どんなものなんだろう?? でもまあ、グルメな人の言うことには黙って従え、ということわざもあるからね!(いや、ないね?)

で、そのお店はどこにあるんですか?と聞くと、住所を送ってくれて、「でも、この住所ではないから、気をつけてね」と言う。
あくまでも、この「あたり」だと。なるほど、住所わかんないんですね、つまり!

「じゃあお店の名前は?」「わかんなーい」「・・・」

とはいえ確かに、韓国語のハングル文字は、お店の名前を覚えるのを難しくさせますので、情状酌量。

というわけで、始めての場所で、住所も名前も分からず、3チーム合計4人が、車やバスでテキトーに待ち合わせるということに。車の2チームは、それぞれお店周辺に来たことはあるけど、さほど詳しくないという。
(そしてちなみに、時間さえも、7時前後、とテキトー!)ま、携帯あるから、なんとでもなりますけどねー。

というわけで、近くまで行くバスを調べて乗りこんだ。のだけど、平日の5時半すぎという、帰国ラッシュならぬ帰州ラッシュにかちあってしまい、ぐるぐると続く長蛇の列のしっぽについて、30分近く待つはめになった。むー、恐ろしきニュージャージー州、やはり車なしで暮らすには、このような苦難を受けねばならないのか・・・。でも、ニュージャージー州からマンハッタンへの通勤は、車は使わずに公共機関で、という人はすごく多い。だって、車で来たら、超渋滞+駐車のダブルパンチは、この列を待つ以上の苦しみだろうから!

で、バスがトンネルをくぐって地上に出た後は、標識や建物の番地をにらみながら、なんとかかんとか、近く(たぶん)でバスを降りる。
リーダーは私たちをピックアップしようとして、私の「周りに見えるもの情報」を頼りにあさっての方向に行ってしまい申し訳なかったですが、最終的には案外上手に集合できて、いざお店へ!

蛸鍋は、2人前セットのオーダーで、他のものも食べるからということで4人だけど2人前をオーダー。実は大食いが多いから(←特に女性陣)、ええい4人前いっちゃえ、って言ったんだけど、お店の人にしつこく止められました・・・。

018_20100920030834.jpg

これがその蛸鍋!
鍋といっても、お汁が入っててぐつぐつするお鍋のことじゃなかったのね。鉄鍋だ!

火をつけたら、お店の人がハサミとトングの両刀使いで、混ぜ混ぜしてくれます。

020_20100920030833.jpg

タレは甘辛い辛さ(?)で、ビールが進みます。
そこにタコやブタの味が、時間が経つごとにしみだしていって、タレ自体の濃度も、時間が経つごとに煮詰まってくるから、さらにどんどんおいしくなっていくのです!
韓国料理でよくつかわれる、お餅が、この鍋にも入っているのだけど、このお餅もまた、このタレにすごくよく合うのです。

鍋がほぼひと段落しそうになると、ご飯を中に投入。

023.jpg

お店の人が、綺麗に整えてくれました。ぺったり鍋にくっつけているのは、そう、もちろん「アレ」のため・・・

024_20100920030833.jpg

待ち切れず、よそってしまったけど、ほんのちょっとできてました! おこげ!

ご飯を食べてみて思ったけど、このタレは、ビビンバのタレだ! つまり、豪華タコビビンバということだったのね。
それにしてもこれは、すばらしい一品を教えてもらいました。

025_20100920032354.jpg

なぜか蛸鍋の写真しか撮ってなかったんだけど、蛸鍋のほかに、カルビ2人前、そして大きなパジョン1枚を4人で食べました~。
満腹満腹。お店の人、やはり正しかったわ。4人分は無理!

その後、リーダーのお宅にお邪魔して、うだうだとしゃべってから帰ったので、帰りはバスではなく、フェリーで川を横断することに。

052_20100920030832.jpg

もう終電(あれっ電車じゃないや、終フェリ?)も近く、乗船客はほとんどいないけど、それでも動いてくれているのがありがたい。NJ→NYはそこまでいなくても、NYからNJに帰る人は、まだまだたくさんいますからね。
それにしても、「終電」という感覚がニューヨークに住んでいる私たちには記憶の彼方~、なのです。電車もバスも、本数は激減するとはいえ、24時間運転ですからね。

あー本当に楽しかった&おいしかった!! 次回、マンハッタンのラーメン屋さんでの再会の日を待ちましょう!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する