ベーグルの穴から見えた日記

私が歯医者に行く理由

もう11月・・・はやいものです。
NYの空気は、どんどん冬の気配を強めています。

というわけで、先週書いた記事に引き続き、「今週のケーキ」。
今週は、おめでたごとがあったので、めでたそうなケーキを探しておりました。

007a.jpg

で、見つけたのがこれ。ろうそくを吹き消して、明るくしたらこんなかんじ。(ちとロウが右下のところにたれちゃってる!)

012a.jpg

こちら、ユニオンスクエアのWhole Foodsで買いました、ストロベリーショートケーキです。

日本のケーキやさんでは、何はなくともショートケーキ、というぐらいに定番のケーキですが、驚くなかれ、アメリカでは日本人の感覚で通常思い描くようなショートケーキが、案外少ないのです。
一見似ているケーキでも、こってりバタークリームだったりして。

ところがこれは、とーっても花マル! 変にこてこてしてない、ちゃんと生クリームは、なめた途端に日本を感じさせますです。甘さの加減も、日本的だったんだな、きっと。イチゴが中にもたっぷり入ってましたー。丸い円筒形もまた、キュートですー。

Whole Foodsでは、もういっこチョコレートのケーキも買った。そっちはまだ食べてないんだー! はあー、ケーキっておいしいなあ!
(あっ、でも、毎日ケーキ食べてるわけじゃないですからね! 説得力ないかもしれませんが・・・!)

さて、ハロウィンはスキップした私でしたが、ハロウィン後のこの時期は、あちこちのおうちで、Trick or Treat!の残り物があふれる季節だということに今年気がついた。

職場のある人が、「うちの子、Trick or Treatingするだけしておいて、全然食べないからー」ということで、アメやグミをたんまり会社に持ってきてくれたかと思えば、人のおうちに行けば、「たっぷりお菓子を用意して待ってたのに、子供があんまり来なかったー」と言って、ボウルいっぱいのチョコレートやスナック菓子をすすめられたり。
職場に置いてある着色料たっぷりのお菓子は、アメリカ人の社員が、「なつかしー!」みたいな感じで反応していたので、ブログでレポートするのにもってこい・・・と一瞬思ったんだけど、職場でカメラ小僧やりまくるのもなんだしなあー、と自粛してしまいました。

それにしても、お子なのにお菓子に見向きもしないとは、しぶい嗜好ですなあ。子供の成長にはよくないから、おばちゃんが全部食べてあ・げ・る!
というわけで、それらのお菓子は、少しずつ、着実に、私の胃袋に収まっております。

職場のみんながそんな私を見て、「あすかが歯医者に行かなきゃいけないのは、このせいだ・・・」と言っております・・・。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する