ベーグルの穴から見えた日記

夏の備忘録

この週末は、久しぶりにすっきり晴れて、気持ちがよかった!

最近夜寝る時、少し蒸し暑くなってきたので、パジャマを涼しいバージョンに変えてみました。
袖なしのワンピース。これはかなり涼しいです! 最高級に涼しいです。これ以上の涼しさを求めるならば、人間としての尊厳にもかかわってきます。(まあ、人前に出さえしなければ、裸でもなんでも自由ではありますが。うっかりカーテンが開いてたりすると、一大事ですからね・・・。)

来週の金曜は、アメリカの独立記念日の振り替え休日でお休みです。
独立記念日の花火大会。今年は行けるかなあー。
(NY在住の皆様、今年は打ち上げ場所がハドソンリバー側に戻るそうですよ! お間違えなくー!)

独立記念日が近くなると、私が入っているアカペラの歌のグループも愛国歌を歌ったりする。アメリカ国歌であるStar Spangled Bannerだとか、有名なGod Bless Americaといったものです。
時には右手を胸にあてて、「私の生まれた国~」とか「アメリカ大好き~」という歌を歌うのは、なんというか、すごく奇妙な感じがするのだけど、ともかく歌う。
月にいちど老人ホームに歌を歌いに行っていて、昨日もそれに出かけてきたのだけど、愛国歌を歌い始めると、立ち上がれる人は弾かれたように立ち上がり、そうでない人は右手を胸にあてたり、帽子をかぶっている人はとって、みんなで一緒に歌う。
ああいう歌を歌うと、アメリカ人がひとつであることを確かめ合っているように見えて、いつも興味深く思う。
君が代を歌う日本人では、あんまり見たことのない光景だ。というか、今どきは君が代を歌うことすらなくなってるんですよね?

君が代には賛否両論あるといっても、君が代はやっぱり日本を表してるかんじがするし、アメリカの国歌は、とってもアメリカっぽいと思う。

国歌の話はさておいて、夏。(下の画像は、とある日の食後のデザート。くずきり+バニラアイス+黒ゴマみつ。夏っぽいでしょう!)
011_20090629083207.jpg

ブルックリン・ブリッジのたもとで行われる野外映画上映にも行ってみたいし、セントラルパークの野外劇場も今年こそは行きたい!
セントラルパークで毎夏行われるお芝居、今年はシェイクスピアの「十二夜」とエウリピデースの悲劇「The Bacchae (バッコスの信女)」だそうです。いつもシェイクスピアばかり演るのかと思っていたら、そうではないようです。
そうだ、あとは、トラックの荷台に設けられたステージで、道端でいきなりステージが繰り広げられちゃう、Jazz Mobileも、随分前に行ったきりだわ。

えーと、あとは、誰かの家のBBQにお呼ばれしたいし(自分で開催しろって話なんですが)、海にも1回ぐらいは行きたい。あ、あと、夏の間に水上タクシーに乗ってみたいの! あとは、アイスもたくさん食べる! あ、ビアガーデンもいいなあ! 他に食べ忘れてるものはないかな? あっスイカ!

さあー、2009年夏の私の夢、いくつ叶うのでしょうか!?
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本も天気になあれ!

私も、去年の里帰り中に日本の電車に乗っていて、
昔では考えられないほどの外国人の多さに驚いた記憶があります。

愛国心と戦争(あるいは敗戦)がセットにされて、
愛国心への嫌悪感をもたされたところにそもそもの問題があるとは思うのですが、
これから日本人の愛国心を取り戻すためには、
世界中のいろんな人と知り合って、
いろいろな愛国心の形を知ることも1つの方法なのかなとよく思います。
特にニューヨークには、いろんな国の人がいて、形は違えど、
みんな必死で自分の母国を愛してるのです!

ニューヨークは、雨ばかりの数週間から、やっと夏!という感じになりました。日本も七夕ぐらいは晴れますように・・・!

あすかまる | URL | 2009-07-03 (Fri) 14:54 [編集 ]


ヤット時間が出来ました

以前に外国から来られた方が日本は単純民族で
羨ましいと云っていたことを想い出しました。
今では、電車に乗りますと海外旅行をしているような気がします(少し大袈裟ですが)愛国心は遠い昔に置いてきてしまったようで「君が代」はお相撲の歌と思っている子供達が多いとか。この辺でUターンをしませんとね。

今年は雨の多い梅雨でお日様が懐かしい日々です。
入谷の朝顔市と浅草寺の鬼灯市と七夕で夏が来るとよいのですが・・・お元気で^^

ひなたぼっこの縁側日記 | URL | 2009-07-03 (Fri) 14:06 [編集 ]