ベーグルの穴から見えた日記

はなび鑑賞記

bagel.jpg

さて、独立記念日の花火、今年は、マンハッタンの対岸、Gantry Plaza State Parkという花火を観るのにもってこいだという場所から見ました。
天気はあいにくの雨で、みんな傘をさしたりしながらの待機。私は1時間半前ぐらいに着いたけど、もっと早くから待ってる人もたーーーくさんいた。

そもそも、雨が降ったら中止になるんじゃないの・・・? と思ったのだけれど、過去に独立記念日の花火を鑑賞した皆様の日記をサーチした結果、「雨でもやるらしい」ということが分かった。ないのね、雨天中止・・・。まあ、独立記念日を祝うものだから、順延するわけにはいかないと思うけど・・・。

この場所は今まで来る機会がなかったのだけど、最寄りの地下鉄駅から地上に上がった時には、「結構さびれた街だなあ・・・」と思ったのよ。それなのに、川岸に向けて数ブロック歩くと、いきなり超高層マンションと広場、そしてその先には、何やら黒くてかっちょいい物体があり、そして、川を挟んでマンハッタンのビル群!

うわあ、すごいなあここ!
bagel.jpg

・・・えー、かっちょいい物体、というのは、名前を知らないのでそう呼んだのだけど、これのことです→
船かフェリーが着くんじゃないかなあ。

画像を拡大しないと分からないと思いますが、右下には、Pepsi Colaの看板が見えてます。昔はこのあたり、工業地域だったらしい。もう既に古くからの小さな街ができている駅周辺からではなく、水の便を利用して川側から再開発をじゃんじゃん進めようとしてるのかなあ。

この黒くてかっちょいい物体は、古いものなのか、新しいものなのか、ちょっとわからなかったけど。

高層ビルもまた、マンハッタンで見てる時にはめずらしくもなんともないのに、ここだとつい見上げちゃう。東京もそうだけど、マンハッタンでは、ビルの中に空がある、ってかんじなのに、ここでは、ひろーい空の中に、いきなり細長いマンションがにょきにょきっと伸びてるもんだから、違和感がすごいのだ。あの上から見る景色は、さぞやすばらしいのだろうなあ・・・。
bagel.jpg

着いた時にはまだ明るかったけど、8時半ぐらいから少しずつ暗くなり始める。

マンハッタンの夜景もきれいーー! この画像に小さく小さく写っているエンパイアステートビルを、君は見つけることができるかな?

みんな、野外で待つのはお手のものといったかんじで、大判のタオルを敷いて寝転んだり、折りたたみ椅子、ピザ1ホール、お弁当、クーラーボックス、どでかいパラソルなどなど、しっかり準備している。
屋外でお酒が飲めないのだけが、残念なのよねえー。
あっ、でもお酒なんて飲んだら、トイレが近くなって危険か! 仮設トイレはたっぷり用意しててくれたけど、長蛇の列なのは目に見えてる。

というわけで、待ってる間の長い時間も周囲を見たり、写真撮ったりで、退屈しなかったのだけど(あっ、花火の画像はありませんよ、綺麗に撮るのはあまりに大変ですから、目で楽しみました!)、今年の花火がおもしろかったのは花火が始まってからだった。

マンハッタンの独立記念日を提供してくれているMacy'sのサイトからの情報や、早くから来て座っている人の向きから察するに、この辺りに見えるようだ、ということでみんなその方向(なんとなく、1枚目や3枚目の画像の左側あたり?)を目指して座っていたのだけど、花火のどーんという音に、歓声と同時に大きなどよめきがわいた。

花火が見えない!!!!!

雨のせいで中止になったのか、みんなまとめて勘違いしてたのか、真相はまだ明らかでないのだけれど、数箇所ある花火のうち、いちばん近いはずの、みんなが「ここだ」と思ってたところから、花火があがらなかったのだ。

同じ画像で言うと、さらに左のほうに別の打ち上げ場所があって、そこの花火の音が大きく聞こえていたのだけど、高層マンションとドーム状の建物のせいで、下と右が半分隠れてしまっていた。
それでも私のいた場所は、偶然にも、不幸な一群の中ではかなりよいほうだったのだ。どう考えても何も見えない場所にいた人たちは、すごい勢いで大移動していった・・・。
悲しすぎます、数時間待って、花火が全く見えなかったなんて・・・(しかも音はするのに)!!

事件はそれにとどまらなかった。

花火開始の時も、雨はぱらぱらと降っていて、傘をさしたまま見てる人もいたのだけど、大抵の人は始まった時に傘を閉じた。あるいは、後ろから「傘で見えないよー」という声を聞いたり、周囲の人からのアドバイスを受けて、傘を閉じた。
ところが、超巨大な傘(こっちでは半パラソル級のさし傘が売っている)をさしっぱなしで花火鑑賞をしている、巨大な図体の兄ちゃんがいたのだ。

後ろから、「見えないー!」「傘を閉じて!」と声が上がるも、一向に傘を閉じない。
「もう雨降ってないぞー!」「傘は雪が降るまでやめとけー!」と野次は次第におもしろくなっていき(!)、いよいよ、後ろからは「さ・げ・ろ! さ・げ・ろ!」と、一斉のさげろコールになった。
そしたらその兄ちゃん、振り返り、傘を高くかかげ、仲間にもう1つの巨大傘をささせた!!

Boooooooo、と後ろは今度は激しいブーイングですよ。すげえなあ、この意地の悪い兄ちゃんもすごいけど、一団となってコールしたり、ブーイングしたりするとこがまた、日本ではお目にかかれない光景だわー。
結局兄ちゃんは、よりよい鑑賞場所を探して花火半ばで去っていったので、争いはそれでおしまいになったけど、いやー、めずらしいもん見たあー・・・。

そんなこんなの花火大会、花火が始まった瞬間、もしくは途中で、「見えないからもういいや・・・」と帰っていく人たちもいて、私たちは少しずついい場所へと出世していけたし、またいろんなおもしろいこともあり、私としてはなかなか楽しめました!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ほのさん、
はい、どうもありがとうございます




・・・なんだこのコメントは!?

あすかまる | URL | 2008-07-08 (Tue) 21:52 [編集 ]


お疲れ様でした

ほの | URL | 2008-07-08 (Tue) 21:00 [編集 ]