ベーグルの穴から見えた日記

餅は餅屋、肉まんは

bagel.jpg

こちらは、月曜の昼下がりです。本日、プレジデントデーで会社がお休みです。
ジョージ・ワシントンさん、アブラハム・リンカーンさん、お誕生日おめでとうございます。2月に生まれてきてくれて、ありがとう。

ワシントンは1ドル札に、リンカーンは5ドル札と1セント硬貨にいらっしゃる。
そんな安いお金に御二人を描いてしまうなんて、軽んじている!と思ったけど、万人になじみのあるお金にこそ、人気者を配置するという意味では、なるほどな選択なのかもね。

そんなこんなでのんびりの休日を過ごしている私ですが、せっかくなので、昔の画像をほじくりだして、何か日記でも書こうかな、と!(えらいぞ私!)

今年は暖冬のせいで、いまいち冬気分が盛り上がりきらないのだけど、肉まんバナシでもいっちゃいますか!
bagel.jpg

違うとこで買った、ふたつの肉まん。
右は、パン屋さんの肉まん。エッグタルトがおいしい、大班餅店(通称タイパン)!
左は、徳昌スーパーマーケット。2005年冬にも、ここの肉まんのことを記事にしました(この時は、ほんっとにすっごくさぶかったなあー!!!)が、以来、よくお世話になっております。

やっぱりねえ、結論から言っちゃうけど、餅は餅屋、肉まんは肉屋、なんですよ。
あっ、餅屋っていうのは、中国語だと、パン屋さんのことですよ。しかも、徳昌は肉も魚も売っているスーパーマーケットだから、肉屋ってわけでもないんだけど。

ともかく大きさ(というか重み!)で、パン屋の肉まんを凌駕していたの。
中を開くと、その差はさらに歴然・・・。
bagel.jpg

ほらーーー!!

食後に、どっちが「肉まん食べたなあー!!」って気にさせてくれるか、ひと目で分かるでしょ。
しかも、味付けでも、私としては徳昌に軍配。
さらに極めつけ、値段も徳昌のほうが安い・・・!!

決まったな。
肉まんは、徳昌。
この牙城を崩せる肉まんはいない!!
bagel.jpg

といいつつ、他の肉まんの断面図があったので、こちらもご紹介します。

さあ、これは餅屋の肉まんか、肉屋の肉まんか?!
ここまできちんと読んだあなたなら、すぐにお分かりですね。

これは、飛達(通称、フェイダー)西餅の、チキンマッシュルームまん。
フェイダーは、私が最もお世話になっている餅屋と言っても過言ではない。ミッドタウン(34St. bet 7&8Ave.)にお店をオープンしているのを見つけ、思わず肉まんやらパンやらを買ったのだけど、やっぱり肉まん系に関しては、徳昌をいちど知ってしまった身としては厳しいね。

徳昌は、肉まんの他にも、各種お惣菜がすごいの。端から全部試したい!
マンハッタンのチャイナタウンの、熱気むんむんのエリアの中でもさらに密度の濃いこのスーパー、しっかりパワーを蓄えてから行く必要はありますが、それでも、勇気を出して踏み込むだけの価値がある、金銀財宝をたっぷり秘めた場所なのであります。

後日追記:この記事を書いた後、夕飯を食べにチャイナタウンに出かけたら、「大班餅屋」「飛達餅屋」と書いていたのに、少しずつ違っていたことに気がつきました! 正しくは、「大班餅店」、「飛達西餅」です。西餅はおそらく、西洋風のパン、ということですな。というわけで、修正しておきました~! 失礼!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する