ベーグルの穴から見えた日記

Emeril's:えめりん、I Love You!


えめりん。
本名、Emeril Lagasse。「えめりん」という愛称は、私が勝手に究極の愛情を込めてそう呼んでいるだけのことであって、えめりんと言っても誰にも通じませんのでご注意ください。
彼はFood Networkの立ち上げ初期からのスター。でっぷり太ったおいしそうなおじさん。
えめりんはニューオーリンズではなくマサチューセッツ州出身なのだけど、ニューオーリンズでシェフとしての腕を磨く中で名を上げていった、ニューオーリンズのハートを持つシェフ。滞在中にもらった地元の雑誌でたまたまえめりん特集をやっていたんだけど、えめりんのおかげで、ニューオーリンズの料理というものが、一般的に広く浸透したといっても過言ではないとか。

私は、えめりんが大好きだから、ニューオーリンズに行ったら、えめりんのレストランに絶対行くと決めていたのだ。
ニューオーリンズにえめりんのレストランは3軒あるのだけど、ここがいちばん最初の店、その名もずばりEmeril's。4日目のランチで行ったのだけど、開放的なさわやかな作りで、奥にはオープンキッチン。この雰囲気、とても気持ちがいい!



今回いきなり結論から言いますが、ここはほんっとうにいいお店でした! 涙が出るほど!
えめりんのファンだから言うんじゃありません。だって、えめりんはいなかったもん(そりゃそうだ・・・)。
たとえば、店員さんをわざわざ2人使って、同じテーブルのお客さんに、同時に目の前に料理を出してくれる。もっとすごい高級店に行ったらもしや当たり前なのかもしれないけど、私の数少ない経験の中ではめずらしく、またそれをきちんとやるためのコミュニケーションが、店員さん同士で常に行われている。
まさにえめりんのように(?)、すがすがしいレストランだったのです!

パン。右側のクグロフみたいなパンは、甘いので食事にはどうかと思うけど、すっごくリッチなのです。すっごくおいしい! 左のパンも、すごく味わい深い。
実は、ニューオーリンズのレストランでこんなにおいしいちゃんとしたパンが出てきたの、このお店だけでした・・・!



前菜2種。

手前は、New Orleans Barbeque Shrimp with Petite Rosemary Biscuit and Fresh Chives。BBQシュリンプ!
ああ、BBQシュリンプだなんて、えめりんがいつもテレビで作ってる料理ってかんじだー! エビもぷりっとしていて、エビの殻の香ばしさがソースにちゃんと移っている・・・。おいしい・・・!

BBQシュリンプは、ちゃんとしたレストランのひと皿分、て感じの量なんだけど、笑ったのが奥の皿!
Creole Marinated Calamari Fried and Served with a Smoked Tomato Sauce, a New Orleans Style Olive Salad and Parmigiano-Reggiano Cheese、つまりイカのフライなんだけど、これがちょっと目玉が出るくらい多い!! 私たちはシェアしたけど、普通はひとりでこのひと皿食べるんだよね・・・??

イカの揚げ物なんて、そうそうたくさん食べられないよ・・・と思ったのだけど、この味付けが、すごくおいしかったのです! 少しスパイシーなトマトソースがからめてあって、オリーブがすっごくよいアクセントになっていて! これはなんだかすっごく新しいおいしさで、気がつけばふたりで完食! ・・・しかし既におなかがいっぱいになってきたぞ。

そして、メインの到着!



シーフードが続いて、ここらでひとつ肉がいいなと思っていた私たちは、メインでは共に肉料理を選択!

こちら友だちチョイス、Kobe Beef Burger with Hand-Cut Fries, Wickles and American Cheese!
通り一遍じゃないパンを使っているとこもおもしろいし、ケチャップやマヨネーズ、マスタードは美しく別皿で持ってきてくれるので、たかがハンバーガーなのに、大変格好良い。

もっと驚くのが、私の選んだメインです。行きますよー・・・


ポークチョップです!!
正式名称は、Grilled Niman Ranch Pork Chop with Caramelized Sweet Potatoes, Tamarind Glaze and Green Chile Molé Sauce。でかいんです、すごく!

まさに来た瞬間、ぎょえーって言っちゃいましたよ! お肉の下には四角く切ったヤム芋が置いてあってそれで高さを出してはいるのですが、それをどけたって、十二分にでかいです。
ポークチョップの焼き加減はどうしますか、と聞かれて、ミディアムレア、と言ったものの、豚肉のレアとか、ありなのかしらん・・・と不思議に思ったのだけど、このポークチョップ、私の知っているふだんの豚肉と全然違う。まるで牛肉みたいに、旨みが詰まってる! でも、やわらかいばっかりじゃなく肉質がぎゅっと締まったそのかんじは、確かに豚肉・・・。すごく強烈な印象が脳裏に焼き付けられました・・・。

えめりんのデザート、どうしても食べたくって、未練がましくメニューだけ見せてもらうけど、やはり今回は断念。おなかいっぱいすぎます・・・。

いとも簡単に、人生でいちばんすてきなレストランに躍り出てしまった、えめりんのレストラン。悲しいのはそれがニューオーリンズにあるということ・・・。
えめりんのレストランは、オーランドやラスベガスなど各所に渡る。こうなったら、どうにかしてNYにも一軒、作っていただくしかありません! 切実なお願いです!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

NORIさん、
Giadaは、ジアダ、って発音する気がします・・・。たぶん・・・。
Food Networkおもしろいですよねー! テレビはFood Networkしか見てないです!
英語の勉強になるかもーとの期待もあって、いちどつけると長々と見ちゃうんだけど、
私の場合、けっきょく食べ物に目を奪われて、
英語はただ流れてるだけになってる気も・・・。

えめりんのお店、ほんっとによかったんですよー!(あらためて自慢!)
ずっと前に行ったMario Bataliのお店は、肝心のパスタがしょぼぼんだったので・・・
今回も、期待半分、心配半分だったのですが・・・、ほんとに行ってよかった!
さすがえめりん!!でしたー!

あすかまる | URL | 2007-10-25 (Thu) 10:03 [編集 ]


えめりんだー!いいなあ
FoodNetwork、ファンです!とくにえめりんとGiada(読めない)!
渋さと声が好きです・・・!
そして魔法のようにタタタっと料理を仕上げていくのがもう!
毎回テレビの前で食べたいーと叫んでしまう

英語が分かりやすいのがよくてしょっちゅう観てたら
見事ルームメイトより食いしん坊の称号を与えられました

NORI | URL | 2007-10-24 (Wed) 07:13 [編集 ]