ベーグルの穴から見えた日記

Cafe du Monde:シンプルがベスト



Cafe du Mondeには、1日目、3日目、4日目にお邪魔して、そして6日目にはテイクアウト。お世話になりました。もっとたくさん、毎日通いたかったな!

日本にもお店があるらしいこのCafe du Monde、メニューはいたってシンプルで、コーヒーかベニエが基本。
それなのになぜ、時には行列ができる(6日目の日記参照)ほどに人気かというと、もちろんどのガイドブックにも載る有名店なせいもあるけれど、やっぱりおいしいからなのです!



手前がブラックコーヒー、奥がカフェオレ。
そして、真ん中のものが、ベニエ。

ニューオーリンズのコーヒーには、チコリという葉っぱがブレンドされているんだそう。チコリが入ると、苦味というか渋みというか、味がとっても深くなるの。初日にブラックを試したけど、カフェオレにするほうが、かえってチコリのおいしさがひきたっていた気がして、その後はカフェオレにした。
カフェオレも、ただミルクを注ぎ足すだけじゃなくて、ちゃんとした作り方で作っているんだって!



そして、ベニエ。
簡単にいっちゃえば揚げドーナツに粉砂糖をこれでもかとかけた、いやむしろ、粉砂糖を上に置いたもの3個入りです。
割ったらこんなかんじ。揚げドーナツとはいっても、この断面を見ればずいぶん違うって思ってもらえるのではないかなあ? もっとすごく中がふんわりしてやわらかい! 生地は甘くないから、甘さもお砂糖の量で調節できるし、全然もたれない。

子どもも大人も、白い粉を鼻の頭やほっぺにくっつけて、にこにこしてベニエをかじっている。



有名、味がよい、に加えて、居心地がとってもよい、というのもこの店の人気なんじゃないかな。行列ができるような時間(たぶん朝かな?)以外なら、ゆっくり座っていることも可能だし、屋外に屋根をくっつけただけの形になっているカフェスペースのすぐ横の歩道では、たいてい音楽が演奏されている。
そして、ここに来るストリートミュージシャンは、たいていCDを売っている・・・これが音楽のうまさに関わらず、よく売れるんだわ! 地の利ですな。
あ、ちなみにこの写真は、手前にいるCafe du Mondeのお客さんに向けて演奏しているミュージシャンの向こうに、サックス少年がいるのを見つけて、撮ったのです。こんなちっちゃい子がストリートでやってることにも驚愕・・・。演奏は、手前のにぎやかな音で聞こえなかった。


これは最終日に、テイクアウトでアイスコーヒーを買って、キッチンをバックにパチリの図。

6日目、あまりの行列に諦めかけたんだけど、チューバのパレードなどを見てこの辺りを徘徊しているうちにテイクアウトの行列が少しおさまったのを見て、すかさず買いました。
ああ、最後に飲めてよかったけど、ほんとは座って名残を惜しみたかったな。
ここ、店員さんの対応も、飾ってなくてすっごくよいのです。
アジア系の店員もたくさんいる。それってすごくめずらしいことなのです! ニューオーリンズでは、アジア人を見る確率がずいぶん日本より少なかったから。1日目に行った時のベトナム人のちっこくて威勢のいいおばちゃん店員、かわいくてファンになった! 再会できなくて残念だったけど、今度いつ会えるかな?
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する