ベーグルの穴から見えた日記

Gumbo Shop:ハートが・・・



旅行初日。大雨に腹ペコが重なって、逃げるようにして飛び込んだ、Gumbo Shop。

その名の通り、ガンボやら何やら、いろいろあるお店です。



ガンボ! カレーライスみたいで、すごくおいしそうでしょう?
この画像を見せたくて、わざわざ記事にしたようなもんです。

・・・でも。
このお店、少なくとも私たちにとっては、ちょっとピントが外れた印象だったのです。
味がぼやけてる? んー、なんだろう、味もぐっと来ないんだけど、味というより、気合い? 料理も作れないのにえらそーなことを言うなと言われればそれまでなんですが、芸術作品と同じように、料理でも、気合いって伝わると私は思っているのです。

というか、料理も芸術ですから。そして芸術って、別にキレイなものってことじゃなくて、心の叫びを形にしたものでしょう?


ジャンバラヤと、シュリンプクレオールと、ビーンズの盛り合わせプレート。
こっちは、さらにピンボケでおいしく見えるわけもないんですけど・・・。

味もやっぱりピンボケだったんだよなああ・・・・・。

別にこのお店をこきおろしたくて書いたわけじゃないんです。
初日の、しかもいちばん最初のお店だから、この先の旅(というか食事)について、一抹の不安を覚えずにはいられなかった。もしやニューオーリンズの本場の味は、どれひとつ私の口には合わないのかな・・・と。

でも、その後いろいろなお店に行ってみて、このお店の、少なくともこの日私たちの前に出された料理のほうがやっぱりおかしかったというのが、分かってきた。
注文したら、ファストフードみたいな速さで料理がならんだのも、なんだか違和感があり(その瞬間は、腹ペコだったのでうれしくもあったのだけど!)。

この後すぐに、祈るような気持ちで入ったCafe du Mondeのチコリ入りコーヒーとベニエがちゃんとおいしかったことで、私たちはずいぶん救われたのです。
そして、時を同じくしてどしゃ降りだった雨もあがり、楽しい旅行の幕がほんとに開いたのです・・・!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する