ベーグルの穴から見えた日記

4日目:ブードゥーの呪いか


例によって早起き。しかし、この日は、お決まりになりかけているモーニングMother'sはあえて行かない。というのも、今日のお昼に一大イベントが待ち構えているのだ!!

例によって、午前中は街をぶら歩く。フレンチマーケットには、アクセサリーやTシャツ、工芸品などを扱うエリアと、食べ物のエリアがあったようだけど、食べ物を扱う半分は工事中で残念。
ところで、この日は火曜(2日目)に引き続き、1日券を購入して動く予定だった。でも、この前買ったところはフレンチクオーターの真ん中にあって、ホテルから歩くのがめんどくさい!
そこで、他にどこでチケットが帰るのかホテルの人に聞いてみたところ、「バスや電車の車内でも買えるよ」と言われたのだ。だから私たちは何も買わず、路面電車を待った。しばしの後、やっと来た電車のおじさんに「1日券下さい」と言ったら、「1日券はすぐそこのデリで買えるよ」と教えてくれた・・・。いくらのんびりした路面電車でも、デリで券を買う私たちを待ってはくれず、無情にも電車は行った。

路面電車はかわいらしいけど、そう頻繁には来ないのだ。急ぐ用事がないからいいけど、というかここはBig Easyの街、急ぐ必要なんてないのかも知れないけどさ! 日なたで待つのは辛すぎるので、日陰に避難して待った。思えばこれは、この日の大変な出来事を暗示していたのかもしれない・・・。



あ、ちなみにお昼の一大イベント、それは・・・これ↑
Food Networkのスター、キュートなおじさん、Emeril Laggaseのレストランに行ってきたのです!

そして食後。
満腹のおなかを抱えて、いちどホテルに戻る。眠ってしまいそうになったが、なんとか気を取り直して出かける。今日は、路面電車で北方向に向かい、ポンチャートレイン湖近くの市立公園まで行ってみる計画なのだ。

北に向かう電車は、途中で墓場行きと市立公園行きに分かれる。ところが。待てど暮らせど、公園行きが来ない。墓場行きの電車を3本やり過ごした。覚えていますか、1本の電車が来るまでにはすごーく時間がかかるのです。満腹&眠気を抑えて、さらに暑さも手伝って、「・・・もう次来なかったら、やめようか」という気持ちになりかけた頃、公園行きがやっと来た。やれやれ。

運転手のちっこいおばさんは、超ハイテンション。「次のストップは、Snow Ballのお店があるけど、誰も降りないかー? お次は終点、City Park! ほ、ほー!(掛け声)」
ともかく、市立公園に着いた。



といって、何をするわけでもないのだ私たち。電車の窓から途中の街並みなど見て、あとは公園でちょっとひと休みして帰るだけの計画なのだ。美術館もあるのだけど、今回は行かない。南の端の池は、スパニッシュモスと樫の木は見事で、ここら辺を少し散歩しておしまい。北の端からはポンチャートレイン湖が見えると思われるのだけど、やめたやめた、だって、暑くって!!

ハイテンションおばちゃんに降りぎわに、「電車はどのくらいの頻度で走っているの?」と聞いたら、20分に1本と言っていた。というわけで、そろそろ時間だろうと見て、停留所に戻る。

ところがところが。待てど暮らせど、電車が来ない。何度も言っているが、すごく暑い。日陰なら涼しいんだけど、その日陰がない!
こうしている間も、墓場行きの電車は、頻繁に行き来しているはずなのだ。結局私たちは、墓場行きとの合流地点まで、歩くことにした。まっすぐだし、線路に沿っていけばいいのだから、道に迷うことはない。距離も、行きの感じだとそんなに遠くない。それから、ハイテンションおばちゃんが口走っていた、Snow Ballのお店というのも、実は気になっていたのだ。治安がとってもいいところではないが、今は昼だから用心して歩こうということに。



5分かそこらも歩いたところに、そのSnow Ballやさんはあった。雪の玉、つまり、かき氷。かいた氷をそのままお皿に受ける日本風とは違い、ほんとに雪玉みたいにきゅっと丸めてある。そこにカクテルを作るように、シロップのボトルを逆さにして、どばどばとかける。いや、実際、リキュールもメニューに並んでいる!! ここは、外でお酒が飲める街なのだから、外でお酒を食べたって、誰にも文句は言われないのだ!
アイスクリームもあったけど、こんなに暑い日はやっぱりSnow Ball。お酒は避けて(火曜に早く飲み始めたせいで夜に撃沈したので)、マンゴー。友だちのチョイスはレモン&ライム。
しかも、列に並んでいる間、とうとう路面電車が市立公園に向かってやってきた! ついに! これで、Snow Ballを買ってそこから電車に乗れば、合流地点まで歩かずに済んで、これぞ、災い転じて福と成すではないか!
冷たいものを口にして、元気も出てきた。いやー、よかったねー、などと言いながら食べ進めているうちに、終点から電車が引き返してきた。
ところがところがところが。
電車の運転手が、私たちを見て何か言った。それはよく聞き取れなかったんだけど、一緒に電車を待っていたおじさんが、私たちをかばうように「でもこれはお酒じゃないのに」と言うのを聞いて、理解した。外でお酒を飲んでも(食べても)いいんだけど、飲みながら電車やバスには乗れない! 私たちの雪玉はお酒ではないのだけど、お酒の可能性があるし、お酒じゃないことを確かめることはできないから、雪玉を持っている人も電車に乗れない!
無情にも電車は、私たちをかばってくれたおじさんだけを乗せて、行った。1ドルとはいえ、こんなにおいしい雪玉を捨てて電車に乗ることはできなかった私たち。次の電車は20分(以上)あとになる・・・。
「歩こうか」「うん」
私たちは、雪玉をぱくぱく食べながら、結局合流地点まで歩いた。ほどなくして、墓場から引き返してきた電車がやってきた。・・・長い旅だった。


途中、フレンチクオーターに程近いところで、ジャズの歌に出てくるBasin St.を一瞬横切る。Basin St.はちょっと見るからに治安がよろしくなさそうで、怖いので歩くのはやめましょう。後から知った情報によると、この通り沿いにあるお墓に、ブードゥー教の教祖、マリー・ラボーのお墓があるらしい。怪しい呪いの宗教として名高いブードゥー教、今日の一連の出来事はもしや、マリー・ラボーの逆鱗に触れたせい?(ブードゥー・ミュージアムにまだ行ってないからか?)

お昼に食べたEmerilパワーで、夜ご飯をがつんと食べる気にならなかった。うーむ、今日の夕飯はどうしようか・・・? しばし考えた結果、大変よい案が浮かんだのです・・・それは、Felix!

で、夜はニューオーリンズの老舗ジャズ処、Preservation Hallに行く予定だったのだけど、前日のPalm Courtがあんまりよかったので、その前にまた行く。「昨日と同じ席でいい? スペシャルシートだよ!」とお店のお姉さん。ここはとっても居心地がよくて、私の夜の部でダントツの1位に輝いた。1セット聴いて、Preservation Hallに移動。

ところで、夜になると、フレンチクオーターの中であっても結構暗いところがある。おおざっぱに言うと、主な観光エリアとして、横に走っている4本の通りがあるのだけど、そのうち、いちばん下のDecatur St.と、いちばん上のBourbon St.はとても賑わっている。でも、その間にあるChartres St.とRoyal St.は、昼はいいけど夜になるとほとんどのお店が閉まって人通りも少なくなる。さらにもっと暗いのは、それら4本の通りを縦につなぐいくつもの通り。それでも、Palm CourtのあるDecatur St.からPreservation Hallのある(ほぼ)Bourbon St.に行くには、暗い道のどこかを歩かなくてはいけない。やや緊張して早足で歩いて、Bourbon St.のぎらぎらしたネオンにたどり着くと、何だかほっとしてしまう。
Preservation Hallでは、通常のバンドがツアーに出ているということで、若者たちによるにぎやかなブラスバンドだったのだけど、あんまり好きじゃなかった・・・。友だちは興味深そうに見ていたけどね。演奏してるのはジャズっぽいんだけど、その合間のMCがね、完全にヒップホップなの!

夜ご飯を軽くしたツケが夜中に回り、友だちが空腹を訴える。私は結構ガマンがきくほうだからいいのだけど(明日の朝ごはんが2倍おいしく感じると思えば!)。
しかし、フレンチクオーターのレストランは、閉店が早い。10時ぐらいにはどこも閉まっちゃう! かといって、大事な1食をテキトーなご飯で済ませるなんて罰当たりなこともできず、しばしさまよう。そして、かーなーり見た目の妖しいバーでサンドイッチとビーンズをゲットすることに成功! ホテルで食べる。私もちゃっかり分け前をもらう。

あー、気がつけば、旅行の日程の半分以上ももう過ぎているではないか! 食べてないもの、行ってないとこ、見てないものをチェックなどして眠る。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

chieさん、
コメント遅れてすみません~! 懲りずにまたコメントよろしくお願いいたします・・・。
Basin Streetにも反応していただけるとは、うれしい限りです。
Donna'sもBasin St.も、写真はほぼあれだけなのです! ざんねんです・・・。
chieさんは、Donna'sでお目当てのミュージシャンの人とかいるのでしょうか?
いったいどんなふうにしてDonna'sを知ったのか、とーっても気になります。

カトリーナ、中心地を一歩出ると、その痕がまざまざと残っているんです・・・。
ほんとうにすごい被害だったんですね・・・。

ところで、HPのリンク先をたどって、いろいろ見せていただきました!
あっちこっちにお出かけしていて、すごいですね~。たくさんの写真、楽しみました!

あすかまる | URL | 2007-10-20 (Sat) 11:32 [編集 ]


きゃー!
連続のコメント失礼します・・・
というのもBasin streetが出てきたからです!かのBasinですよね??Basin street blues!!いいなぁ~~~羨ましいです!
他のBasin streetの写真はないですか?笑 あとDonna'sの店内写真とか・・笑
本当に羨ましいです~いつか行ってみたいニューオーリンズだけど、いったいいつになるのやら私・・笑

カトリーナからの回復はまだまだといったところなんでしょうね~。
それこそ観光地などは活気がでてきているのでしょうけど,,,
胸が痛みますね・・

引き続き記事を楽しみにしてます。笑

chie | URL | 2007-10-17 (Wed) 18:07 [編集 ]