ベーグルの穴から見えた日記

餃子を皮から作りたい

と、前々からお母さんと話していた。

FI232356_0E.jpg
昔は買った皮に手作りの具で、ホットプレートにどーんと作っていたけど、なかなか家族が揃わない今は、焼くばかりになっている餃子でちょこちょこ作るのみになっていた。しかも手作りの皮はひと味もふた味も違うらしい! NYに旅立つ前にこの宿題は何としてもやらなければと、仕事が休みのお母さんとふたり、本日のランチで決行の運びとなりました!

FI232356_1E.jpg
皮は案外簡単。伸ばす時にコツは要るから最初はひどいもんだったけど、お母さんも私も、この日のために蓄えてきた知識を思い出していくうちに、あっという間にプロ級の皮が作れるようになった! 具は、えびが主役の水餃子用と、野菜たっぷり焼き餃子用の2種。皮ができてしまえば、あとは昔とった杵柄。しかも手作りの皮はよく伸びて包みやすい! できあがりのムッチリを大いに期待しつつ次々と包む。

FI232356_2E.jpg
焼き餃子用に皮を伸ばして包んで焼いて食べ、水餃子用に伸ばして包んで茹でて食べ、また焼き餃子・・・ってちょこちょこやっていたから、すごい量食べてしまった! だって、あとひくんだもん! 食べながら既に次回に向けてああだこうだと話し合う向上心のあるふたり、途中からは白ワインも出てきて、いやはや昼から、満腹・満足。
手作りの皮は、本当においしい! 皮の伸ばし方が手慣れた2回目の焼き餃子のほうが、皮が格段においしかった。水餃子の時は少し皮は厚めにして、さらなるむっちりを楽しむ。たらふく餃子を食べ終わったこのとき、いちばん食べたいものは、餃子。そのくらいおいしかったー!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する