ベーグルの穴から見えた日記

ロック聞かせて

忌野清志郎さんが亡くなってしまいました・・・。
大ファンではないですが、なんてかっこよいのだろうと敬愛していました。

音楽のジャンルでロックとか言われても、いまいちピンとこない私でも、あの人を見ると、こういうのをロックというのだ、と、よくわかりました。門外漢の私にはこれ以上ロックを語ることはできませんが、髪を立てればロック、激しく歌えばロックということではないのですね。

少し前にも、彼の「君が代」をYouTubeでたまたま観たんです。気分を害された方もたくさんいるかもしれませんが、私は「すっげーなー・・・!!!」と思ってしまいました。

享年58歳・・・。若い。
でも、Wikipediaを読むと、癌になった時も歌えなくなることを避けた治療法(=完治に向けた最善の策ではない)を選択しているようなので、覚悟している部分もあったのだろうか・・・。

それにしても、Wikipediaの記録を読んでいると、若いころはまあー、相当とんがっていらしたようで、もし私が忌野清志郎と同年代だったら、熱烈なファンになったのか、あんな不作法なやつのどこがいいんだ、とアンチファンになったのか、私には想像がつきません。ほら、私って、結構まじめなもんで!

超ファンキーなおじさん、みたいな形でリアルタイムに出逢えたのが、私にとってはちょうどよかったのかもしれません。

映画「カタクリ家の幸福」は、役者ぞろいの大変おもしろい映画でしたが、忌野清志郎も相当光ってました!(まだ観てない方のために言っておきますが、大変くだらないミュージカル映画です! 人々にオススメしていいのかどうかはわかりませんので自己判断でどうぞ・・・。私のオススメだと思って観てへんな映画だったからといって怒ってはダメ!)

現在、公式HPはダウンしているようなので、Yahooニュースからの転載ですが・・・。

"忌野さんは自身のホームページに「治療に専念します。楽しみにしてくれたみんなにはゴメン。でも、すぐに帰ってくるから応援してくれ!(中略)夢を忘れずに」などとつづっていた。"

夢を忘れずに。

そして、YouTubeで見つけたこれは、とてもすごいです。

ジョン・レノンのImagineですから、過激じゃありません、だいじょうぶです。これはぜひ皆様に見てほしいのです。

ご冥福を・・・って、この人に言うのもなんだか奇妙な感じがするので、そのかわりに私の決意を・・・

私も忘れないぜ、愛と平和!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さわさん、
いえいえ、すいませんだなんて!
私もYouTubeにUPしてくれた人の好意で
こうして埋め込みができるだけのことですからー。

私、みんなに紹介したくて貼り付けたくせに、
自分が何度も見てます。
何よりも、自分のための埋め込みだったりして・・・!

あすかまる | URL | 2009-05-04 (Mon) 12:20 [編集 ]


あすかまるさん レスありがとうございました。
ネットでも、清志郎さんのメッセージが広がっていくといいですね。私のブログでもYouTubeのイマジンを紹介してみました(すいません真似させていただきました)

さわたかし | URL | 2009-05-04 (Mon) 10:16 [編集 ]


さわたかしさん、
コメントありがとうございました。
あの一報が流れた後、ものすごくたくさんの人がネットの中を行き交って、私のように記事を書いたり、さわたかしさんのようにコメントを残したり、していたのだろうなあ・・・と思います。
何かを書かずにいられなくて。

さわたかしさんは、彼の20代から知っているとは、筋金入りですね! こんなにわかファンのような私の日記に立ち寄っていただいて、とてもうれしいです。
昨日は1日、YouTubeをあちこち渡り歩いていろんな彼を見ていましたが、本当何をしていても、優しさと繊細さを感じますね。とてもかわいい人です。そしてあの歌声は、天からの贈り物だなあといつも感じます。誰もあんなふうにはできません。
痛かったり辛かったかもしれないのに、ものすごい復活を見せてくれたこと、みんなのために、必死でメッセージを残してくれたんですね・・・。
ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに、残念です。

あすかまる | URL | 2009-05-04 (Mon) 00:51 [編集 ]


清志郎さん

清志郎さんで検索していたら、こちらにたどり着きました。大学の学祭で当時20代の清志郎さんと泉谷しげるのコンサートに行ったとき、衣装は奇抜で歌は確かに個性的、言い回しも独特でしたが、優しくて繊細な人という印象を受けました。昨晩は完全復活祭のDVDを見直したのですが、時折汗とも涙とも思えるものが頬を伝っているのを見て・・・ああ、とても残念です。
清志郎の遺言メッセージのような気がしました。
愛・平和・希望 この3つがあふれる社会にしたいものです。

さわたかし | URL | 2009-05-03 (Sun) 10:46 [編集 ]