ベーグルの穴から見えた日記

ねこに小判、あすかまるに・・・

土曜日は、こんなところに行ってきました~。


ずらりと整列した車、車、車!!! その向こうには、のどかな山なみ。そのどちらも、マンハッタンでは絶対に見ることのないものです。
でも、ここはれっきとしたニューヨーク。ニューヨーク市、ではなく、ニューヨーク州なんだけどね!

ここは、NY州郊外にある、ウッドベリーコモンという巨大なアウトレットモール。
駐車場だって、もっちろん、この画像だけではございません! アウトレットモールを取り囲むように、ぐるりとこの調子で駐車場が続いていて、しかもお天気のいいこの日は、その広大な駐車場が、ほぼ満車だったもんだから、さらに驚きです。

この写真をパチリと撮った瞬間、友だちがすごい勢いで、「駐車場の番号を、デジカメに記憶するなんて、あたまいいねえー!」と口々に私を褒め称えたので、恐縮いたしました・・・。ただの日記のネタふり用にと撮ってただけなんです・・・。


ああ、それにしても、なんていいお天気!

買い物好きな友だち(仮にAと呼ぶ)が日本から来ていることと、こっちに住んでる友だち(仮にGと呼ぶ)の彼が車を出してくれることになったために、私まで便乗しちゃうことになったのだけど、アウトレットモールなぞには、興味はない。マンハッタンからバスで30ドルぐらい払って行くことも可能なんだけど、今まで行ったことがなかった。

でも、こんなに空が高い日に、こんなところをのんびり歩いて、お店を見て回るのは、それだけですごく楽しい!!
道行く人々は、みんなすっかり夏の装いです。持ってきたコートは、車の中に置き捨てたまんま。Aさんは、さっそくサンダルを買って、はいていたブーツを履き替える。私も、カーディガンを脱いで、ノースリーブ(ニットだけど)で歩き回っていたぐらい!


車の数から想像するに、ものすごい数の人がこの中にいるんだろうけど、モールの敷地も相当広いので、それほど混み合ってはいない。人いきれにむせたのは、Aさんの付き合いで入ってみたCoachの店内だけ。すぐに退散でございます・・・。

何しろ、ブランドなどが一切分からない私ですので、お気に入りのブランドがこのモールに入っていることを知っている読者の方は、「なんでせっかくウッドベリーコモンに行ったのに、XXXXXに行かないのようーーーー!! むきいいいーーーー!!」と地団駄ふんでるかもしれません。

豚に真珠。ねこに小判。あすかまるにウッドベリーコモン。

このレポートも、↑こんなふうに無駄な思いつきを書き並べることのできるぐらい、特にお店について書くこともありません・・・。


しかし、この山には本当に癒されたー。

前に書いたか書いてないか忘れたけど、こっちにいて恋しいもののひとつは、山だ。
私の実家はマンションで、外にはご近所の景色の向こうに、青い山なみが見えた。その家から毎日のように、電車に揺られて大都会へと乗り込んでいくわけだけど、その車窓にも、山が見えた。富士山もきれいに見えた。

だから、景色の向こうに山があるっていうのが妙に懐かしく感じるのです。建物の一切ない山奥に行っても、懐かしいとは感じないと思う。このアウトレットモールの向こうに見えた山々は、うちから見えた山よりも山の色をしていた(つまり、山が近いということだ)けど、それでもすごく久しぶりの場所に触れてもらった気がした。


帰る頃には、見事な夕焼け。
しかも帰りにはすべり込みセーフで、NJ州の日本人の憩いの地・Mitsuwaのフードコートで、山頭火のラーメンを食べることができた! G彼さん、本当にありがとう!!

Aさんは、たんまり買い物をした。気持ちいいぐらい買うの。私の買い物スタイルとは、正反対! だから、一緒に回ってておもしろかった。

あ、私だって、一応買い物はいたしましたわよ! Bassという(ブランドに詳しいG彼さんの情報によれば、アメリカではローファーで有名らしい)お店で、ずっと欲しかったサボを80%OFFの17ドルで、格安購入! それから、これまたずっと欲しかったシリコンのケーキ型。とうとう7ドルで手に入れることができましたわ!

歩き回って足は疲れたけど、また行きたいな! でも、30ドル払ってバスで行って、購入金額が30ドル未満だったら、ちょっともったいないかしらん・・・。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する