ベーグルの穴から見えた日記

ゆるゆるごはん。



(前回のあらすじ)
パンもおいしかったが、もういっこおいしいものがあーる!

さてさて、この日は「お世話になった、あの人へ」ということで、日頃お世話になっているその人をどこかおいしいレストランに行ってどかんとおごったる!!!と、意気込んで、お出かけ前にインターネットであちこちサーチしていたのだ。
こういう時頼りになるのは、あちこち食べ歩いては詳細な感想を書いてくれているブログ。NYの食でも、拙ブログとは天と地の差があるそれらのブログを、よだれを垂らしながら、熟読。そして、最もぴんときたところを、本日の夕食場所と決めた。
意気揚々と、お世話になったその人を連れ、お店に向かうと、・・・な、なんとお休み!! ああ、なんとツメの甘い私、お店がやっているかどうか確認するなんてこと、1ミリも頭になかった! だから、代替案も考えてないし!

ちなみにこの日、私はパスタ気分だったので、イタリアンのお店をチョイスしていた。頭をひねって、代替案を考える。
ぽく、ぽく、ぽく、ぽく、ちーん! そういえば、高いからとこれまで敬遠していたイタリアンのお店が1軒あった!
というわけで、本屋で電話番号を調べ、やっていることを確認し(←学んだ)、えっちらおっちらそちらに向かう。着いたー! やってるー!
「お客様、ご予約のほうは?」
・・・えっ?

慣れないことをすると、学ぶことが多いわ・・・。
私は半ば絶望的な気分で、これ以上間違いのないように、自分の知ってるスペイン料理のお店に連れて行くことにして、お世話になったその人をバスに乗せた。しかし、私が降車のボタンを押そうとした時、お世話になったその人が、ふと言った。
「このまま、ミートパッキングエリアまで行ってみる? おしゃれなお店がきっとありそう」
お世話になったこの人の口に、早く何かうまいものをぶち込まなくてはとそればかり考えていたが、お世話になったこの人がそう言うのなら、もうどうにでも従うわけなのです私は。

そこで見つけたのが、このお店。(はあー長い前置きだった・・・。)ご近所の、ごてごて趣向を凝らした「おしゃれ」と違い、大変に洗練された気持ちよい雰囲気をかもし出していた、このお店なのです。


混み過ぎず、BGMも小さく、奇をてらった内装はないけど、すごく落ち着く。ごはんを食べて、おしゃべりして、そのこと自体を存分に楽しめるように、お店の全てが一致団結してくれてるかんじ。

で、やっと食べ物のお話に行くわけなんですが、実は照明が明るくないので、いまいちおいしさをお伝えしきれないかもしれません。・・・いつものことながら、ごめんなさいー!

アペタイザーとして、パテをシェア。ボリュームも結構すごいのだが、味がまた! よい感じに肉くさいところが(ほめことばでございます)! よいね!!
あめ色になった玉ねぎがお皿に添えられていて、トーストの上にパテ、パテの上に玉ねぎとのっけて、一気に口に入れると、玉ねぎの甘味がパテの肉くささを、くるりん!と巻き込んで、トーストのじゅうたんに身体をあずけて、天国まで連れて行ってくれるのでございます!! んー、いやー、むしろ口の中が天国になるのでございます!

で、このパテをあぐあぐと夢中で食べつつも、「・・・やばい、これはまさか、デザートまでたどりつけないのでは?」と不安を感じているところに、メインがやってきた!


これは・・・名前はわかんない。鮭、でございます!

・・・ごめんなさいっ、私のレポートはいかにもやる気ない感じですね。はい、調べますうー!
と検索かけたら、無事にメニュー表が出てきました。説明書きによれば、"Poached Salmon filet with lobster stoemp, sauteed leeks in a shampagne beurre blanc"だそうです・・・ポーチドサーモン? ポーチドエッグなら知ってるけど、サーモンをポーチするってどういう意味だ??? と、さらに検索。へえー、「軽く茹でる」って意味なのか!(・・・普通知ってるのかしら? だって私、普段ちゃんとしたお店なんていかないもんでさー!)

食べた時は、味をほとんどつけずにふっくら蒸してあるのかと想像した。でも、みずみずしいなあー!と思ったのよね。一方で、下のソースにしっかり味がある。このソースがまた!! おいしいの!! えーとメニュー表によるとこれは、ロブスター・・・すとえんぷ?? す、ストエンプってなんだろ・・・けんさくけんさく。

はい、じゃがいもと野菜のピューレだそうです。・・・って、違う! それは、サーモンの後ろにそびえる、何やらすごくおいしいマッシュポテトのことだわ!! そういえば、ロブスターの身が入ってたもん。これもよかったなー。
えーとえーと、ソースはシャンパーニュ・ブール・ブランのとこか! これはフランス語だ! 白いバターでございます。そして、リーク(ねぎみたいなもの)のせん切りをくたくたに煮たものが下にひいてありました。

・・・ははは、てんてこまいで食べ物の説明したけど(↑編集なし!)、なんかもしかして、お勉強会みたいで全然おいしさ、伝わってない???
ざんねーん、ほんとにおいしかったんだけどなあー。いやーざんねんっ! ほんとに、ふるえるおいしさだったよ!


そしてもう1品は、パスタでございます。(ピンボケほんとごめんなさいー)
・・・そうなんです、どーーーーしてもパスタが食べたかったのです、私が!

でもね、これはパスタの形が私好みじゃなかったのです! フェトチーネっていう平麺のパスタだったんだけど、すごく薄かったの。もっとむっちりしたのが食べたかったんだもんー!
でも、ソースのおいしさはさすがでございました! シンプルだけど、リッチよ。

・・・ていうか、お腹がぱんぱんでございます・・・!!!!!

デザート食べたかったけど、あえなくギブアップ。仕方がないので、次回のために周囲のテーブルをくまなくチェック。ムール貝(マッスル)を食べてる人がすごく多い。そう、ここはベルギー料理やさんのようなのです。バケツ1杯に蒸した貝が入ってる、あれです。
あっ、デザートが向こうのテーブルへ行った! 何だろあれおいしそうー! 次はきっとあそこまで行くんだー!


はあー、しあわせ。このお店に一歩足を踏み入れてから、時間がゆるゆるしてる。
なーんか、違う国に遊びに来たみたいに感じるなあー。ベルギーには行ったことないから分からないけど、なんかここはNYじゃない感じ。落ち着くなあ。たったさっきまで、ご飯処を探して焦って困ってさまよってたのに、ここに来たら、ぜんぶまとまったー。ああー。いいなあーこの時間。

家に帰ってから検索して得た情報によれば、デザートもおいしいらしい。あと、ビーフシチューがおいしいらしい。あと、ムール貝ももちろん、おいしいらしい。

むふふ、またいいとこ見つけちゃった! お料理がおいしかったのもうれしかったし、お店のゆるゆるおしゃれで贅沢な雰囲気もうれしかったけど、それより何より、お世話になったあの人の、満足顔が見られたから、それがほんとによかったな。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

octavianさん、
そうなんです。
うまかったのです。
私も、思い返してため息出ちゃう・・・!!!

ゆるゆるしてても、わいわいしてても、しっとりしてても、楽しければおいしい!

あすかまる | URL | 2006-09-29 (Fri) 12:15 [編集 ]


ほんとうまそうだね
食事ってこうやってするんだよね
ため息がでました

octavian | URL | 2006-09-28 (Thu) 15:32 [編集 ]


ヨリ、
一緒に入れたものの味と香りが、貝のダシとあいまって、おいしくなるんだよねえー!
ムール貝の殻をさ、そのおいしいスープをすくうのにも使ってさあー!
あー、やっぱり絶対次はあれを食べなくてはっ!!!
熱心にゴミ取って、料理したら、きっとすっごくおいしくなると思うけど、
でもお店で食べるからこそ、なーんかおいしい魔法がかかる気もするよね。
あのバケツに秘密があるかもしれないし!

お、里帰り! 赤ちゃんも一緒かな? そしたら、お子ちゃま3人勢ぞろいかしらん??
楽しそうだね!

あすかまる | URL | 2006-09-13 (Wed) 11:23 [編集 ]


じゃいさん、
ほんとですか、ちゃんとよだれ出ました??? よかったあーーー!
現存しないベルギー人が、憧れの人・・・? なんだなんだ? マンガかなあ?
バケツのムール貝は別のとこで食べたことあるけど、
今回はあまりのおいしさに、ベルギー料理見直しちゃいました!

このお店は、これからもずっと、好きな人たちとだけ来たいです。
じゃいさんももっちろん、ご案内いたしますー!

あすかまる | URL | 2006-09-13 (Wed) 11:16 [編集 ]


バケツのムール貝、パリのベルギー料理屋さんで食べたけど
セロリたっぷりでめちゃめちゃ美味しかったぁ~。
ムール貝の殻をピンセットのようにして身を摘んで食べるのよネ♪
自分で作ってみようかなと思ったけど、
売ってるムール貝の何やらゴミだらけの姿を見たら、やる気を失いました。
日本にも美味しいベルギー料理屋さんあると良いな。
ちなみに今日から里帰りしてます。

ヨリコ | URL | 2006-09-12 (Tue) 23:44 [編集 ]


素敵!ステキ!すてっきーっ!!
説明読んでて自然によだれがじゅるっと・・・・
トースト・パテ・飴色玉ねぎ!きゃーっ!
それ絶対うまいよね。たら。
ベルギー料理食べたことないけど興味津々。
なぜなら憧れの人がベルギー人なのです。(現存する人ではないけども)
お世話になったその人と、美味しい時間を分かち合えてよかったねえ♪
きっとあすかまるのあたふたっぷりで、キモチは存分に伝わっていることでしょう。
ごちそうさまでした。

じゃい | URL | 2006-09-12 (Tue) 20:58 [編集 ]