ベーグルの穴から見えた日記

行きつけの日本食やさんリターンズ。



(前回のあらすじ。)
私がNYで最も通い詰めているレストラン、それは、とある怪しい日本食やさんだった。

さて。
今日はそのお店で初めてのお持ち帰り。それを記念して、この前の続編を。

この前は、うな丼と天ぷらにまつわるお話でしたが、今日は、とんかつ。
うれしいねえ、NYにいながら、とんかつが超お手ごろ価格で食べられるなんて!
ただ、このお店のとんかつ、やっぱりちょっと、どこか変なんです・・・。


大きな間違いじゃあ、ございません。添えられているのも、ちゃんとソースだし。
でも。でも・・・。
なんか、切り方があんまり細すぎやしませんか?

私が思うに、これは絶対、「お刺身サイズに切っとけば日本食はオッケーだろう」という考えに則っているのだ。薄い、薄いよ! ぴらぴらしてるよ!
このような日本食に対するツメの甘さは、メニューの中の、「ネギトロ」が「握り」につられてか、「Nigitoro」と表記されてたり(Nigiriにつられてというのは私の仮説に過ぎないが)、Saba Gair Rollって書いてあって、「サバゲアロール???」と不思議に思って説明を見ると、「Mackerel and Ginger」とあって、「・・・つまり、Gariの間違いね!」みたいなところにも表れている。
ただ、このお店の名誉のために言っておくと、多分全員、寿司のネタは日本語で覚えている。こっちが英語で注文しても、「Ikura, Hamachi, and Amaebi, right?」などと、日本語で返してくる。さらにこのお店の名誉のために言っておくと、えーとここからは、とんかつの話に戻るのだけど、全体量は日本のとんかつ定食と変わらない。つまり、この薄さに切られたものが、20切れぐらいあるということだ。そして味だって、日本のとんかつと同じ。ばんざい!
とんかつは結構お気に入りメニューで、何度も何度も食べてるうちに、初めは違和感ありまくりだったはずのこの切り方に馴染んでしまい、今では写真とかでホンモノを見ると、「ぶ、分厚すぎ!」と思ってしまう自分がいる・・・。


続きましては、このお店に行ったら頼まずにはいられない、このメニュー。サーモン丼!

これはまあ、なかなか普通にすばらしい。よく見ると、わさびのつき方とか、微妙に変ではあるが。(浮いてる!)
実はこのサーモン丼、数ヶ月前までは、普通にサーモンが全面を覆っていた。つまり、もっと丼らしかった。(ただ、なぜか酢飯とサーモンの間に、千切り大根がサンドされていたけど・・・。)それがある日突然、しゃれっ気づいて、こんな風に隅のほうにサーモンをくるくる丸めるようになったのだ。


日本人としては、結局は、こんな風にびろんと広げてから食べ始めるわけなのだ。ちなみにこれは友だちの器で、私は、千切り大根は先に全部食べ終えちゃう派。
それにしても、この写真で分かるかしら、ひと切れずつがすごく立派なのである。広げておいたほうが、よっぽど堂々とした丼っぷりを発揮するのである(サーモンは5切れ入りだから、この画像は、既に1枚食べ終えている)。なのに、なぜ丸めることにしたのだ? なぜあんなふうに、カレーライスみたいな盛り付けにしたのだ?

とはいえ、なんだっていいんだ、結局。
そのとぼけっぷりが、このお店のいいとこなのだ。そして、このお店の前回のレポートからの繰り返しになりますが、これ全部5ドルなんだから!!

このお店、とにかくご近所で人気みたいで、いつもにぎわっている。ちょっとカフェと勘違い風に、窓際の席で雑誌など読みつつロールをつまんでる人もいるし、お持ち帰りで買ってく人も多い。ファンとしてはうれしい。

あ、そうだ、最後に今日私がお持ち帰りしたものを紹介しなくては!


冒頭の画像の、黒い丸いのがおしょうゆ。4つ入ってます。ちょうど今、中国のなんだか甘いしょうゆを買ってしまって、ちゃんとしたしょうゆがなかったので、しょうゆをたくさんもらってきたの。で、その隣にある、小さいパックの中身がこれ。
じゃーーん、すごーい!! いくらなんて、てんこ盛り過ぎて飛び出してる! さすがだなあ。ちなみに、さば1ドル、いくら1.5ドルね。
その下は、いつものサーモン丼。隣の紙袋は、おみそ汁です。これが今日のディナー!

でもね、さっき私、ちらりと見ちゃったんです。画像は載せませんが、今日のサーモン丼、ツマの替わりに(もしくは、ツマに加えて?)きゅうりの千切りが入ってたこと・・・。
生野菜だったらなんでもいいわけじゃないんですってばー!!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちえさん、
わあー、うれしいです! 応援団結成しましょう!

ちえさんのドイツでのお寿司屋の兄さんの話、いいなあー。私好きです、その兄さん。
その、「申し訳無さそうに」というかんじが、よい!!
日本人が通りかかっただけで恥じ入るなんて、日本人の心を持っているじゃないか!
日本人が海外で日本食やを開いて、日本人に、
「おらおら、日本の味が食べたいんだろ、それなら、ほれ、金よこせ!」とばかりに
高い値段で営業してるより、全然かっこいいです!
その点、このお店の人たちは、堂々としたもんです。
(ニューヨークの方が、日本食が根付いてるせいもあるのかなあ?)
若干奇妙な日本食を堂々と出してくるところが、ファンになっちゃう秘密なんですよね~。

あすかまる | URL | 2006-06-09 (Fri) 12:17 [編集 ]


こんにちは~!
先日はHP見てくださってありがとうございました!ってだいぶ前の話になりますが。。。

こちらの日本料理屋さん、寿司をあまり好まない私でも、かなり応援しています!!
あふれんばかりのいくらとか、トロトロ?サーモン。きゅうりの千切りに、どっさりトンカツ。
そして極めつけはブロッコリーの天ぷらでしょうか。。。食べてみたい!!
いつか行ってみたいところです!!

前にドイツに行ったとき、寿司屋を見かけたのですが、日本人の私が前を通りかかると、申し訳なさそうにネタを握っていた兄さんが忘れられません。
もっと自信を持ってやってくれ!!って心の中で叫ばずにはいられませんでした。笑

こちらの日本料理屋はそんなことはないのかなぁ?
「ニューヨークの日本」としてぜひ確立してほしいです~。

そんなわけで、応援しています♪

ちえ | URL | 2006-06-08 (Thu) 18:44 [編集 ]


ぼんこさん、
う、羨ましいって、おたく、日本にいらっしゃるでしょーが!!!
お刺身切らずにばくっと・・・そんなのやったことないよ。
さすがに食いしん坊の私も、やっぱお刺身は切れててこそだな。あたしも女ねっ!
そうそう、ごはんの量、さすが鋭いぼんこさん、いいとこに気がついたね。
数ヶ月前から、ごはんの量がいきなり減ったのだ。前はもっとてんこ盛りだったのに。
でもいいの。
私はこのお店を応援してるから、いつかまたライスが増えることを信じて、通うの。
最近では、友だちとふたりで出かけて、5ドルの定食を3つ頼むのが常。これでも女か・・・?
いくらの量はね、この日すごかったね! でも、多分、適当なのよ、あのお店だから・・・。

あすかまる | URL | 2006-06-07 (Wed) 08:07 [編集 ]


何か美味しそうな食べ物食べれて羨ましいなぁ~~。
画像見てるだけで胃袋が『俺にもくれ!!』って求めてるよ!
ところであすかまるさんにとってどの位の切り方が一番の理想ですか?
俺は切らずにバクッと!!!が好きです(笑)
サーモン丼も美味しそうなんだけど、画像を見ると半ライスなのかな?
これなら3杯~4杯はいけそう(笑)
最後のお寿司の画像のいくらの量には驚きました!こんなにいっぱいあるお店って地元では見かけないなぁ。。。

ぼんこ | URL | 2006-06-05 (Mon) 20:29 [編集 ]


ひなたぼっこさん、
おはようございます! こちらこそ、全部の記事は読んでいるものの、
コメントはすっかりご無沙汰で失礼しました。
ブックマークって・・・どうやるんですか?!
ひなたぼっこさんをブックマークするのはもちろん大歓迎なんですが、
普段一切使ったことがないから・・・ちょっと調べてみますね。

マヨネーズを使ったお寿司、おいしいですよねー! 大好きです!
ツナマヨは逆に、アメリカではめったにお目にかかれないです。
ツナっていったら、マグロになっちゃうから。

NYも、日本の梅雨につられたのか、ここのところずーっと雨ばっかりです。
お互い元気にがんばりましょうね!

あすかまる | URL | 2006-06-05 (Mon) 08:29 [編集 ]


おはよう御座います。
お久しぶりです・ご無沙汰しておりましたm(_ _)m
お元気そうでなによりです。
日本は鬱陶しい梅雨に入りましたが季節のお花たちが頑張って
咲いてくれますので頑張れそうです。

(お願いが一つあるのですが「ブックマーク」していただけますでしょうか)して頂きますと何時でも遊びに来られますので。
所変われば出面白い記事でした。
日本ではサーモンに玉葱スライスでマヨネーズが流行っておりま
す(回転寿司)これがかなり美味しいのです。
ツナマヨの握りもありますよ。
今月も宜しくお願い致します。

ひなたぼっこ | URL | 2006-06-05 (Mon) 06:14 [編集 ]