ベーグルの穴から見えた日記

食べきった女。


焼肉やさんにて。(焼肉やさんに行くだなんて、本当にめずらしい! イベントでなくてはほとんど行きません。最近、なんだかんだで交際費が急上昇中・・・)

メンバー全員、お得なセットを頼み(あっ、たった今「交際費が~」とか言ってたのに、実はお得セットだったということがばれてしまった・・・でもビールをたくさん頼んだのよ! ほんと! あ、ところで画像は、前に行った時のもので、量は同じだけど「上」じゃないカルビ)、大きなお皿に広げられた上カルビと石焼ビビンバが各人の目の前に運ばれる。それぞれが、自分のお皿から自分のお肉を焼いて食べるこのシステムだと、諍いが起こらなくて本当に平和な焼肉が楽しめてよい。んー、おいしい!
すると、ある女性が「こんなに食べきれないから食べていいよ」と、周囲の男性にお肉とビビンバを差し出した。反対側に座っていた別の女性も、途中でギブアップして男性に肉を譲る。残る女性は私ひとり。

・・・渡せない。この上カルビは、渡せない! ビビンバも!

米粒ひとつ残さず、収めさせていただきやした。
しかし、女性3人中私だけが自分の取り分を全て平らげ、男性陣にキャベツ1枚も渡さなかったことを、誰か気がついていやしないかしら。そわそわ。

そして、今日。グランドセントラル近くに最近できた、千代田鮨のお弁当を食べさせていただく機会に恵まれる。私にとって、初千代田鮨inNYである。

画像がないので説明しよう! まぐろ、サーモン、いか、ほたて、穴子、えび、いくら、サーモンアボガド巻き×2、鉄火巻き×2、かっぱ巻き×2、・・・あれ、あとなんかひとつぐらい入っていた気がするけど・・・。よくあるテイクアウトのすし弁当だけど、なかなか豪華だ。ありがたや。

9人揃って、いただきます! さあー、問答無用のすしバトル、あすかさんに気に入られて最後まで残るのは、どの寿司か!? わくわく! どきどき!(と、まずは、ふたつあるかっぱ巻きのひとつを、ぱくり!)
すると、女性のひとりが、「こんなに全部食べられないから、どれを食べるか考えなくちゃ~」とのたまうではないか!! そして、テーブルの中央に置かれていた紙皿に、ひとつ、ふたつと寿司をのせ、その皿を再び中央に戻す。あの紙皿なんだろうと思ったら、いらない寿司を置くためだったのね!
もうひとりの女性も、「私ものせる~」と、紙皿をひきよせる。・・・やばい。これは、焼肉やさんでの出来事の再来ではないか!! もうひとり、アメリカ人の女性も、これは食べられない種類があったらしく、いくつもいくつも紙皿にのせ、代わりにサーモンアボガド巻きをひとつ取った。
女性は、私を入れてあと3人。ああ、彼女らはどう出るのか・・・?

・・・そのあと、しゃべったり寿司選択に集中したりで確かではないのだけれど、多分もうひとりが、紙皿にお寿司を置いていたような気がする。ちなみに、紙皿の寿司は、男性陣によって順調に消化されていく。私は、私のお寿司を順調に消化していく。ラスト3カンは、えび・サーモンアボガド巻き・サーモンの順でした。はあー、おいしかった! しょうゆも一滴残らず、しっかり使い切った。
そして、はっと気づき、辺りを見回す。私が女性にもかかわらず、すし弁当をひとりで食べきったこと、気づかれなかったかしら・・・?!
テーブルは歓談中で、特にこちらに好奇の目を向けている人もいない。ほっ。それに、もうひとりの女性、あの人も多分、紙皿を引き寄せなかったと思ったんだよね。大丈夫、今日は私ひとりじゃない・・・!

そして、おかたづけ。プラスチックの容器を袋に入れていく、その時。私、見てしまったんです。
あっ!! ・・・あの人の容器の中、おすしが残っている!!!

ということは。
やはり今日も私は、たったひとりの「食べきった女」だったのだ。がっくし。

昔、いたよ。「女が男と同じだけ食べるなんてありえない」と断言してはばからない人が。その人とラーメンやに行くと、いつもチャーシューや煮卵を搾取された。いや、「男に譲ることを勧められ」、私は断れなかった。「本当は大盛りでも食べられる」だなんて、その人には禁句だった。その人だって、それは知っていて、あえて私に小盛りを「勧める」のだ。

はい。私、かなり恨んでいるようです。
だからさ。私、思うんです。
人にチャーシュー1枚あげて、一生ねちねち恨むより、きっちり食べきって心清らかなほうがいいよね!
だから私は、明日もきっと、食べきるよ!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あいちゃ、
うん、たべるよ! いひひ!
そいだって、あいちゃとごちゃと私の3人はすごくよく食べるから、
やっぱり3人とも女じゃないんじゃないかなーと思ったよ。
でも、まあいいや! 楽しいもんね!

あすかまる | URL | 2006-03-30 (Thu) 14:23 [編集 ]


食べたらいいよ!いっぱいさあ。たべな、たべな!

あい | URL | 2006-03-30 (Thu) 04:40 [編集 ]


Tulさん、
いや! むしろ! 女同士でも、闘うぐらいがいいかもしれない!!
・・・嘘です。
女同士だと、私の場合、少しでも好条件をゲットすべく、交渉に入ります。

しかしTulさん、男からは強奪するのか・・・。
私も恥じらってるばあいじゃないな。
Tulさんを見習って、焼肉やおすしを果敢に攻めるんだった・・・!!

あすかまる | URL | 2006-03-29 (Wed) 21:49 [編集 ]


laughさん、
わーい! 男性陣からのそのありがたいひとことを、待っていました!!!
所詮お前は色濃い沙汰より食べ物が好きなんだろ、と言われたら
まあそりゃあー確かに、そっちを取ったような発言ですが、
でも両立可能ですよねー?

しかし、執着「しまくる」まで言っちゃって、いいんですか?
執着しまくる人は、結構すごいですよ。やばいですよ。こわいですよ。(←あ、私か・・・)

あすかまる | URL | 2006-03-29 (Wed) 21:45 [編集 ]


嫌いなものは食べさせるけど、好きなものは強奪します。
女の子にはそんなことしないので、一緒にいてもご安心を。

Tul | URL | 2006-03-29 (Wed) 21:32 [編集 ]


食べ物に執着しまくる女の子は、私の理想です(笑)。

laugh | URL | 2006-03-29 (Wed) 14:59 [編集 ]