ベーグルの穴から見えた日記

レバノン料理体験

この日記にもたびたび登場した、ワシントンDC在住のNさんが、とうとう日本に帰国してしまうという。

思い起こせば、NさんはしょっちゅうNYに来て私と遊んでくれたのに、私がDCに出向いたことはいちどもなかった。
こうなったら、Nさん帰国前にいちどぐらい、DCに遊びに行こうか!

・・・と夢を描いていたら、なんとかなりあっという間に帰国しちゃうという。帰国前に、こちらに遊びに来たお母さんと一緒にNYに立ち寄って、そこから日本へ。DCの夢、破れたり・・・

でもじゃあせめて、NYで最後にもういちど!!ということで、母子の絆を深める大切な時間に、あたくしお邪魔をいたしましたー。

今、中東のいろんな食べ物にはまってるNさんがしっかりサーチして選んでくれたお店が、ililiというレバノン料理やさん!! レバノン共和国とは、イスラエルの北、シリアの西にある、地中海に面した国。(だそうです。はい、もちろん調べました。地理をもっと勉強しなくてはいけません・・・!)

005.jpg
こちら、お通し。ピタを揚げたものに、ヨーグルトとオリーブオイルのソース。

レバノン料理は3人とも未知の世界。いろいろ試したいので、あれこれ頼んでみんなでシェアする形にしてみました。

007_20090510074943.jpg012.jpg
アペタイザー(メッゼと呼ばれるらしい)は、まず定番のフムスとババガヌシュは外せない! フムスはひよこ豆のペースト、ババガヌシュはなすのペーストです。ほかほかのピタがテーブルに運ばれてくるので、つけて食べます。タヒーニというゴマのペーストを混ぜて作ってあるので、どちらもとってもごまごましく。
ヘルシーなのにおいしいなんて、こんな食べ物貴重よね!

011.jpg
そして、N母さん(←略してすみません・・・)がびびっと来て頼んだフェタチーズとトマトのもの(Chankleech)がまた、味がくっきりしていておいしい! これもピタに挟んで。

このお店は結構、伝統的なレバノン料理と斬新なフュージョンのメニューが織り交ぜてあるようで、ここは順当にケバブを試してもいいかとも思ったけど、やっぱり少し冒険しようか、ということに。
014.jpg018.jpg
チキンレバーとお魚(今メニューを見てもどれだったのか思い出せない・・・)、これらが伝統的なのかそうでないのか、その見分けはどっちにしてもつかないのだけれど・・・!
あとは、揚げたなすの入ったヨーグルトベースの・・・えーとなんだったんだこれは。ベジタリアンのメインだったのかな???

チキンレバーは黒々としたソースがとてもすっぱくて、バルサミコかなあ?と言っていたのだけど、今メニューをよく見ると、Pomegranate Molasses、つまりザクロのモラセスだったようなのです!!
お魚の上にも、オレンジの皮がのせてあった。果物のいろんな風味をうまく活かしてる!

途中で、レバノン産の赤ワインもボトルで注文。
レバノン産のワイン・・・? でもまあ、せっかくレバノン料理だから頼んでみるか・・・、と半信半疑で頼んだけれど、とっても飲みやすく、良いお味でした。後で調べたら、レバノンはワイン発祥の地と言われていて、世界的評価も高いんだとか!(by Wikipedia、レバノン)

おしゃべりに花が咲きまくってしまったこともあり、相当な長い時間をかけて、ほぼ全て食べきった! どれもこれも、中東独特のクセはある(それはきっと、主にヨーグルトやタヒーニやオリーブオイルやハーブから来るもの)けど、きつすぎず、どれもこれも、ひと口またひと口と、手が止まらなかったー!
かなりの量でしたけど、ヘルシーだから・・・、いいよね?

みな一様におなかがいっぱいと言いながらも、一応デザートメニューをめくる・・・。
そして、せっかくだから、と、2つ注文・・・。(といっても、そう差し向けたのは、私だったかしら・・・?)

019.jpg

ひとつは、シャーベット3種盛り。パッションフルーツ、マンゴー、ブラックベリー(だったかな・・・たぶん)。そして下にも、細かくカットしたフルーツが敷き詰められている。
もうひとつは、レバノン・ベニエ。揚げドーナツにシロップをかけたデザート。甘さは思ったより全然控え目、ぺろぺろいけます。

って、5個あったこのベニエ、Nさん1個半、N母さん半分、そして残る3個は私の胃の中に・・・。

しかも、お会計の段になって、Nさんが突然、おしんこをお土産にどうぞと差し出す。
ええーうれしい、何これおいしそうーー、と私が騒ぎ、おしんこをじっくり観察しているる間に、なんとお会計が済んでしまいそうになっていた!!

ちょっと待ったーーー! 私がいっつもNさんにお世話になってるばかりで、今日は少しはその恩返しをしなきゃいけないところだったのに!!

あわててお金を差し出すも、Nさんが案外すんなり受け取ったということは、全然足りてなかったに違いない・・・。(てか、少ないお金を差し出す私もバカ・・・。普段ささやかな食事ばかりしてるので、うまく計算ができませんでした・・・。)

この夜にいちばん多く食べたのは、ぜったいに私のはずなのに・・・。
しかも食後にはベニエまで頼みたがって、しかも5個中3個食べたというのに・・・。

そんなわけで、Nさんへの借りは、なかなか返せそうにないのです。それはおごったおごられたの問題ではなく。
次は日本か、またNYか。ぜひまた会いましょうー! お母様も、ぜひまた! そして今度こそは借りの一部を返すぞ・・・!(←もしかして私、Nさんと会った後、毎回同じこと思ってる・・・???)
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お帰りなさい!・・・は違うか

NORIさん、
無事に豚インフル網を突破したようでなによりです。

アクティブでユニークなお母様、そしてNORIさんが
それに突っ込む様子が、おかしくて楽しくて、
あの夜は時間があっという間にすぎちゃいました。
私もレバノン料理、さらに開拓したいです!
レバノン料理に次回行く時には、
今回できなかった事前の勉強をしっかりやって、
また新たにおいしいメニューを見つけたいと思います!

NORIさんが日本に帰っちゃったなんて信じられませんが・・・。
おうちは遠くなってしまっても、
また改めてよろしくお願いいたします!

あすかまる | URL | 2009-05-11 (Mon) 11:15 [編集 ]


東京より

無事日本に帰国しましたよー!
相変わらず母は、機内でももりもり食べてました。
旅行中の増量は私のせいだそうです。
レバノンはワイン発祥の地だったのですねー!
知らなかった!!ううん、レバノン、まだまだ開拓したい(食を)。
日本にもあるかなー。
借りなんてとんでもない!私の方こそおせわになっちゃって。
会うたびに刺激と学びを与えてもらって感謝です。
お母様が無事NYに来られることを祈って、次は日本で!

NORI | URL | 2009-05-11 (Mon) 07:52 [編集 ]