ベーグルの穴から見えた日記

パン屋でお餅

FI2616409_1E.jpg
今、毎日の通勤途中の私の心をとらえているお花はこれ。

名前が分からずにいたのですが、ひなたぼっこさんのブログの記事の中で最近見つけたこのお花と似てるなあと思ったのです。
そこから調べてみたら、やっぱり木槿(むくげ)でした。ひなたぼっこさんのおかげで名前が分かりました! ありがとうございます!(記事のリンクをしたことは事後報告ですみませんーー・・・)

最初つぼみを見たとき、あさがおみたい!と思ったの。でも、むくげはあさがおみたいなつるの植物ではなくて、もっとしっかりした低木で、私の身長よりちょっと高いぐらいの背丈まで、何にも寄りかからずにっかり伸びている。そして、葉っぱが青々お茂る中に、たくさんの花とそのつぼみがある。かわいい顔して凛として立っているその姿は、いつも私に静かなパワーをくれます。

それまで私の心の友だったアジサイのお花は、今はすっかり盛りを過ぎて、しわくちゃな大きな頭をうなだれているばかり。これを綺麗と言う人はいないだろうけど、それでも私は、「その節は毎日楽しませてくれて感謝してます、来年もまたよろしくね!」と心の中で声をかけながら歩いているのです。
うれしいなー、季節が過ぎるごとに、どんどん気にかけるご近所の草花が増えていって!(花とばかりしゃべっていて、生身の友だちを失わないように気をつけなくては・・・。)

FI2616409_2E.jpg
いきなりですが、これ。
なんだと思います?

お餅みたいでしょう? でもこれ実は・・・

パンなんです!

Dried Seaweedパンと名づけられたこれは、近所のお気に入りパンやでずっと前から気になっていたもの。でもパンの情報が少なすぎて、このゲテモノパンの購入をしり込みしていたのです。

例えば、中には何が入ってるのか、とか。両方の側面にたっぷりまぶされている、茶色いデンブのような形状のものは、どんな味がするのか、とか。お肉の何かであることは知っているんだけど、食したことがないので怖い・・・。

でも、買いましたよ、ほぼネタ作りのために! えらいぞ、私!

で、割ってみました・・・!

FI2616409_3E.jpg
わーお・・・。これは・・・。
パンだ! とってもシンプルな!

そして、中に入っていた具は、マーガリン。
やわらかく、そしてほの甘い(←中華のパンの特徴ですな)パンに、マーガリン。それは当たり前によい組み合わせだけど、そこに海苔が合わさることで、・・・・・・

・・・・・

・・・・マーガリンのついたほの甘いパンと海苔、でしかないぞ!!

さらに側面の茶色いデンブは、それはまあ別に取り立てて文句つけるようなものではなかったが、味が濃いわけでもないし、ほんのちょっとの量しかないので、基本的に飾り用だろう。

雲をつかむような不思議な気持ちで、私の逃しているかもしれない組み合わせの妙、パンの輪郭を必死で探索してる間に、パンは全て胃の中に消えていった・・・。
ああ、このパンの言わんとすることは、一体なんだったんだろう・・・。

しかもこのパン、限定品ではなく、私が引っ越してきてからずっと(だから・・・半年弱か?)、ちゃんと、ある。このパン、実は人気なのか?

今後は、このパンがいつか陳列棚から消えるのか、はたまたロングセラー商品となるのかどうかを、しっかり見続けることにいたします。

FI2616409_4E.jpg
中華パンつながりで、こちらは有名なパン屋さん、飛達西餅。
マンハッタンのミッドタウンにも支店を拡大しているこのパン屋さん、引越しする前からあちこちの支店にお世話になってきたが、引越ししたことで飛達までもがご近所さんになったからうれしい。

この日は、持ち帰り用のパンもたくさん買ったが、コーヒーとチーズデニッシュ、タロ餅(Taro Mochiってちゃんと書いてある!)をイートインで食す。

タロイモが芋だからなのかもしれないが、このタロ餅、見た目はそんなに巨大にも見えず、またお餅部分もやわやわで軽いように感じるのだけれど、1個食べ終えると、結構おなかいっぱいになる。あと、手に来る重さも、ずしんと重い!

パンの紹介、というか、いろんな意味でお餅の紹介と言ってもいいような今回の記事でしたが、私はやっぱり、純日本風の、しょうゆつけて海苔巻いたお餅や、きなこや砂糖醤油をつけて食べるお餅が、今とっても恋しいわーーー!
(でもお餅って、夏に食べるもんじゃないか???)
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する