ベーグルの穴から見えた日記

NYあっちこっち3人旅・2日目~あるいてあるいて

土曜日。天気予報は雨だけど、大丈夫そうだ。約束の時間に、ふたりもちゃんと起きていた。今日の予定は、このHPではもうすっかりおなじみのブルックリンビール工場見学と、夜はオフブロードウエイ観劇。
午前中のうちに出かけて、まずは自由の女神へ行く。
バッテリーパークをうろついたら、フェリーに乗船。・・・といっても、私たちが乗るのは、自由の女神の島に上陸するやつではなくて、スタテン島とマンハッタンを結ぶ無料フェリー。とはいえこっちも、観光客でいっぱいである。


自由の女神を眺めつつ、来る途中に買っておいたPOPEYESを広げる。ふたりがPOPEYESをすごく喜んでくれて、感激・・・!
さて、スタテン島でとんぼ返りして自由の女神を2度楽しんだら、グラウンドゼロ、ニューヨーク最古の歴史を持つというトリニティ教会など通りつつ、週末でひっそりしたウオール街を抜けて、オフブロードウエイのチケットを取るため、当日券を半額で売ってくれるTKTSへ。
・・・とここで、私がいつものクセでTKTSの住所だけ握り締めて適当に向かったため、しばらく歩きまわるはめになる。しかもたどり着いた場所は、観光名所・サウスストリートシーポートのすぐ脇! ちょっと調べておけば、迷わずに行けたのに~。
でも無事に目指すチケットを手に入れられた! 私は前に見たことがあるので、2枚分。あーよかった・・・と、安心するのも束の間、ああっビール工場の時間が迫っている!! 1回逃すと次は1時間後だから、なんとか潜り込みたい!



市庁舎やブルックリン橋を見やりつつ、地下鉄に乗り込みブルックリンへ。ビール工場見学時間は過ぎていたけど、私は既に2回目なので慣れたもの、ちょろりと潜り込んで、30分聞くはずの説明は10分足らずで試飲タイムへ~! 残りのPOPEYESを広げてビールを飲み、やっとひと息つく・・・。
しかしここで、ごうさんの疲れがとうとう限界を超え、先にひとりで家に帰ることに。帰る道順を細かく書き、口頭でも伝える。ひとりで帰る不安と睡眠欲を戦わせていたが、睡眠欲が勝ったようである。
「ていうか、こんなに疲れているのに、なんでわざわざ男のハダカを見なきゃいけないんだ!!と思った」(ごうさん後日談)。

そう。
ごうさんを途中まで見送って、私たち女ふたりが向かったオフブロードウエイのショー、それは・・・
「Naked Boys Singing!」。
どうしたことか、私は2回目の観劇である。もちろん2回も見れてうれしいんだけど、でもオフブロードウエイで唯一見てるのがこれ、しかもブロードウエイも合わせても、2回見ているのはこれだけ、って、人に言いづらいわあ・・・。
でもこれ、おもしろいよ! 男の人が見ても、げらげら笑っちゃうこと間違いなし! 実際、客層もびっくりするぐらいいろいろ。この日は女の子の一群がきゃあきゃあ喜んでいたけど、あれは熱狂的ファンなのだろうか・・・。

芝居が終わって駅に向かう途中、雨がぱらりと落ちてきた、と思ったら、一瞬にして吹き飛ばされそうな暴風と、大粒の雨と、雷!! 「shower, thunder possible」・・・当たったわ、天気予報。
家に戻って、夜にもういちどジャズを聴きに出かける予定だったけど、外は雨だし、ふたりはもう動けないかんじ。そりゃそうだよね。ふたりをおいて、マンハッタンへひとり出かけてしまった冷たい私。(ごめんねー!)
帰る頃には空も気が済んだらしく、やっと雨もやんでいた。さーて、明日も忙しいぞ! ・・・って、夜中まで遊んでて大丈夫なの、私?
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

sumiちゃん、
ごうさんは大丈夫だろうと思っていたよ、私は!
私としては、バス停を寝すごしちゃうのだけが心配だったんだけど、
「緊張して、とても途中では寝られない」のひとことを聞いたしね。

みんな困ってる人に気軽に声かけて、助けてくれるよね。
そういうとこは、NYのほんとすてきなとこだと思う!

あすかまる | URL | 2005-06-01 (Wed) 02:00 [編集 ]


ほんと。まさか本当に1人で帰るとは思ってなかったよー。(笑)
まさか海外旅行初めてで、しかも英語は全くダメな私達。。
しかも、地下鉄の乗りかえだけでなく、その日は地下鉄工事の関係で途中下車して、臨時運行バスにも乗り継ぎしなきゃいけなかったじゃない??
「はじめてのおつかい!」状態だったよねー!
オブブロードウェイをみている時にも、ちゃんと家に戻って寝ているのか、心配でしょうがなかったよ。もしかしていないんじゃないかって!(笑)
でも、さすがごうちゃん!たくましい人だー家に帰ったらイビキをかいてねていたね。
バスも、明日香メモをじーっとみてたら近くの人が降りる場所を教えてくれたっていってたし。本当にNYの人はあったかいなぁ・・って感じました。困っていると近くの人が必ず声をかけてくれる。みんなが助け合ってる。そんなかんじをうけました。

sumi | URL | 2005-05-31 (Tue) 08:02 [編集 ]