ベーグルの穴から見えた日記

日米スポンジ対決。



アメリカ側の代表選手は、Twinkies!

デリでよく見かけるこのお菓子。アメリカ人のある先生は、子どもの頃これが大好きだったらしい。「他の国の人には甘すぎてとても食べられないだろうけど、でもそれがTwinkiesなんだよ!」とむしろ誇らしげに語るのを見て、これは極甘カップケーキに近い位置づけなんだろうなと思った。

そうよねえ、本当なら、日米スポンジ対決のアメリカサイドには、カップケーキを登場させるのが順当なところだ。でも・・・カップケーキは、ひとりではもう買いたくないのー!
アメリカ人が行列を作るカップケーキやさんでいちど買ったけど、何のひねりもない、スポンジと色つきクリームの味だった。水色もピンクも味はおんなじ。それでも、それを求めてみんな並ぶのね・・・。


さて、話をTwinkiesに戻しまして。Twinkiesを開けてみましょー!

中には、なまこ型のスポンジケーキがふたつ。そして、中にはクリーミーなクリーム。これが、甘い! 甘い! 甘いいいーーー・・・。これぞ、歯が溶ける甘さ。
でも、油ぎっとりスポンジにアメリカお得意の甘じょっぱさがあるおかげで、この真っ白なクリームの甘さが中和されて・・・、いや、中和はされないなさすがに、えーと、口内で戦うのだ。その刺激が、次のひと口を誘うのだ!

弱点も挙げておきましょう。
なんといっても弱点は、食べ終わる頃には手が油でぎっとりになるところ。クリームが多いからか見た目より結構やわくて、2本の指でつまんで食べることは難しい。手軽にかじれそうな見た目のくせに、実は大変手のかかるやつである。


さて、対しまして、日本のスポンジといったらこれ、カステラである!

カステラ。この飾り気がないただのスポンジながら、たまごの味わいとしっかりした生地が魅力である。黄色い真ん中と茶色の屋根の立ち姿も、勇ましく清々しい。さらに、牛乳やヨーグルトと合わせて食したときの底力は、計り知れないものがある!
そのとき口中で起こっている反応は、まさに調和。甘いものを乳製品で流し込むのではなくて、ちゃんとふたつでいっこの新しい作品を作っているのだ。口の中なので、写真がお見せできないのが残念ですが。
今回はミルク入りのコーヒーと口の中で混ぜてみたけど、それもかなりおいしかった。


そして! カステラのウリといったら、絶対に忘れてはならないのが、ここである!!

カステラのどこが楽しいって、この紙のとこである。ぺろんとはがして、指(もしくは歯)でこすげとって、余さず食べる。これをやらないと、カステラを食べた気がしない。カステラを食べたかいがない。

そして、弱点。
今回のカステラが、ざらめ付じゃなかったこと。私は、なんといってもざらめ付のカステラが好きなのだ! ざらめは、甘さの追加のためというよりは、食感の妙のためにあると思う。ああ、あの上品なじょりじょりが懐かしい。

以上、日米スポンジ対決でした。勝敗は・・・決められないわー、やっぱり。どっちもおいしいんだもん!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

UGさん、はじめましてー。
甘いもののニオイにつられて、ふらりと来てくれたのですね!
これからもよろしくお願いします。そちらにも遊びに行きますね。

ayakiちゃん、かすてら、貰い物なんだー、超ラッキーでしょ!
朝早くから、かすてらの茶色目当てによそ様の家に出かけるちびayakiを想像したら、
かなりおもしろかった。
そんなちっちゃい頃の話じゃないかも知れないけど、
なんか勝手に、ちびayakiになってしまったのだよ。
うち(実家)もかすてらが朝ごはんのとき、あるよ。うちって、何でもありだから!
でも遊びに来てくれても、茶色いとこは絶対にやらんよ!!

あすかまる | URL | 2005-05-14 (Sat) 08:54 [編集 ]


twnkiesさあ、甘いもんどんとこい!!!の私たちでもやばいですよねー笑。
ああーそしてかすていら!!食べたいいーー私も茶色いとこだーいすき!
あそこ嫌いな友達がいてね、しかもその子の家はかすてらが頻繁に朝ごはんとして
でるんですけど笑、朝早くから遊びに行っては茶色いとこもらってました。

ayaki | URL | 2005-05-12 (Thu) 13:56 [編集 ]


素敵な対決ですねぇ~。

UG | URL | 2005-05-12 (Thu) 12:34 [編集 ]