ベーグルの穴から見えた日記

雪かきわけて、かぶりつく肉まん。

FI937832_0E.jpg
この日記を書く前に前回の日記を何気なく読み返した私は、シメのひとことにひどく驚いてしまった。だって、「おうちでおとなしくしていますか」だとー! だって、そのあと2時間後には、窓の外のお天気のよさに耐えられず、マンハッタンに繰り出したんだもの!

今日の目的は、これである。週刊のフリーペーパーの特集が、な、な、なんと、肉まん!! ベーグルを買ったら重さと高さと直径を計ってしまう尊敬すべきベーグルマニアのように(私はしなかったのだけどね・・・めんどくさがりなので!)、肉まんの断面図とともにサイズとコメントが。
ううー、肉まん食べたい! 冬はやっぱり、肉まんよね! というわけで、電車の中で目星をつけつつマンハッタンのチャイナタウンへと向かった。

FI937832_1E.jpg
一軒目のお店は「徳昌食品市場」、お肉やお魚を扱うスーパーマーケットに併設して、ちょっとした食堂がある。ずらりと並ぶ中華惣菜は、どれもこれもおいしそうな上に、値段もマンハッタンにしてはかなりお手頃。あれも食べたい、これも食べたい・・・。
しかしまずは、フリーペーパーに乗っていたローストポークまんを!

ところが。すごい事件が起こった。まんじゅうが2種類あったので、お店の人に「どっちがローストポーク?」って聞いたんだけど、すごい勢いで中国語で返してくる。それはチャイナタウンではごく当たり前のことだから、いいのだ。
仕方がないので、これ以上ないぐらいシンプルな英語で一生懸命あれこれ質問するが一向に無理。最後の手段とフリーペーパーを見せて、「これがこれ?」という顔をする。店員さんうなづく。ほっ・・・。あとは値段だけ確認して、と。
しかし、How much?も通じてない様子・・・。うそでしょ、チャイナタウンでもそんなことは今までなかった! 近くにいたおばちゃんをつかまえて、指差しHow much?を繰り返すと、「私が何でも教えてあげるから!」みたいに身を乗り出してくれていた彼女は、なぜか「ああ・・・」と残念そうにうめいて、肩をすくめて去っていった。
ど、どうして!? ここはもしや、中国なの? 私、中国に来てしまったの?

最後には店員さんが、How much?の分かる店員さんを引っぱってきてくれて、65セントと確認、無事に購入。なんか、いい体験をしたわあ。(と思わせてしまうチャイナタウンって、つくづくすごい。)

FI937832_2E.jpg
ローストポークまんをがっつく。腹ペコなのだ私!
全体のボリュームもものすごいけど、具がてんこ盛りなのが、本当にうれしい。甘くこってりした味つけも、かなり私好み。お肉の塊も大きく入っているので、食べ応えあり。生地自体もむちっと甘い。これはかなり好きである。しあわせ。

肉まんはあっという間に終わった。それにしてもこんなにいろいろな惣菜があるとは。
ううむ、他のお惣菜ももう少し試したい。

FI937832_3E.jpg
というわけで、おこわ! これは1.5ドル。
口に入れるごとに、チャーシューの味だったり、腸詰めの味だったり、代わりばんこに来るのがうれしい。そして脇を固めるは干しさくらえびの旨み。ううむ、これまたかなりのヒットである。
スカリオンパンケーキも、かーなーりおいしそうだったのだけど、次回に回すことにした。うむ、ここはきっとまた来るな。
(あ、もちろんおこわも全部は食べないで、家に持って帰りました!)

さて、空腹はとりあえずおさまった。しかし、あと一軒、行ってみたいところがあるのだ。「噂の肉まんや」と称され、数年前までは露天で肉まんを売ってたけど、注文が入りすぎて店を構えたのだという。ううむ、大変気になる!
お店の中にいたし、食べものが身体に入ったので、寒さもほんの少しはやわらいだ。小走りで次の店へ!

FI937832_4E.jpg
お店は、テイクアウト用のスペースと、イートインのきちんとした食堂になっていて、やさしげなおじちゃんがお持ち帰りカウンターの中に立っていた。おじちゃんはこっそりと新聞を読んでいる。・・・あ、あれは、私の持っているフリーペーパーの、自分の店が乗ってるページだ! こっそりしているところが、妙にかわいらしかった。
豚肉と野菜の入った菜肉飽をひとつ頼む。お持ち帰りにしたのだけど、あまりに外は寒いので、イートインのテーブルで食べさせてもらう。店内の若いおにいさんも、快く見逃してくれてやさしい。
お店の雰囲気そのままに、ふんわりやさしい味。これ、日本の肉まんの味だ! チャイナタウンでこういうシンプルながらもおいしい肉まんって、めずらしいと思う。生地も具も、すごくみずみずしい。
帰り際、さっきのおじさんが話しかけてきた。「なにで見てここを知ったの?」
日本の新聞だよ、というと、ちょっと恥ずかしいながらもうれしげに、「ああ、これね」みたいなふうである。なかなかすてきなおじちゃんだわと、おじちゃんに弱い私の目が光る。

まだまだ行きたいところがたくさん新聞に載っている。もう少し暖かくなったら、もっとたくさん歩いて回れるのになあ! ああ、でも、肉まんは冬がいちばん会うんだよなあ!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Tulさん、やっぱりそういう環境プラス努力が、言語能力を育てるのですよね。ううー、がんばらなくては。英語&フランス語!
マンハッタンよりもフラッシングのチャイナタウンのほうが台湾系らしいので、フラッシングに行ったらTulさんは、お店の人とばりばりしゃべれるに違いない。いいなあ、その能力、週末だけ貸して欲しいです! そしたらオススメ料理を聞いたり、おまけしてもらったり、作り方を教えてもらったり・・・

それにしても、最後の行のピンイン。我不・・・あとは分かんないー!

あすかまる | URL | 2005-01-29 (Sat) 14:52 [編集 ]


hahahaha,,,,
確かに、ちょっとでもしゃべったらおしまいだねー。
私は、第2はフランス語だったんだけど、
大学の時台湾人中心に、中国語ネイティブに囲まれてたので、
簡単な口語だけ自然に覚えました。

いつも小さいノート持ってて、気が付くと友達に書いてもらって、
(みんなは日本語覚えるのに同じことやってた)
はじめは漢字で書いてもらってたんだけど、
どんどん日本語読みになっちゃうので、
途中からピンインで書いてもらうようにしたの。
(台湾人の子には、漢字で書いてもらって、後で大陸の子にピンインに直してもらう)
それ以来、漢字が wo bu zhi dao.

Tul | URL | 2005-01-28 (Fri) 14:50 [編集 ]


Tulさん、そうなんです。多分きっとあの店では、サンキューだって通じないに違いない!
私そういえば大学時代、第二外国語で中国語をとっていたのです。なのに、今Tulさんに読み方を聞いても、どんなふうだったか思いだせない・・・。がっくり。でも下手に中国語で話しかけたりしたら、それこそものすごい勢いで中国語の応酬を受けそう・・・!
ベトナム料理やさん、行きましたかー! わあー! いろいろ開拓したいと思ってても、一軒目の印象がいいと、ついそこばっかり行っちゃいます。あそこ大好きですー!

バッタさん、そんなわけで上記のとおり大変にオススメなので、ぜひ行ってみてくださいー!
ジャピオンはなんだか最近チャイナタウンづいてる気がするので、要チェックです。
きっとチャイナタウンに通い詰めてかなり熟知している編集の人が入ったに違いない! もっとやってくれー!

あすかまる | URL | 2005-01-27 (Thu) 13:31 [編集 ]


ありがとうございます!
こんど行ってみます。
そっかー、ジャピオンでそんな特集をしてたのかぁぁぁ。
それは心がくすぐられるかも。


バッタ | URL | 2005-01-27 (Thu) 12:02 [編集 ]


How much?が通じないって? それはすごい。
Thank you. とともに、普通通じるよねー。
中国語ではDuo xiao jien? のはず。(漢字分からない、、、)
じえん、じゃなくて、ぢえんって感じで。

私は、中華系から見ると日本人に見えないらしいので、
中華系のお店に行くと、
中国語が話せないことが、すごくおかしく思われてるらしい。
(でも漢民族にも見えないんだって。)

あすかちゃんの行くベトナム料理店、たぶん私も行ったよー。

Tul | URL | 2005-01-27 (Thu) 11:30 [編集 ]


スナイダースさん、
チャイナタウンだと私たちを見てすごい勢いで中国語で話しかけてくるのは、よくあることです。質問なんかをすると、分かってもらえないことも多いです。
でも! ハウマッチは! わかるだろふつう! ハウマッチを分かってもらえないことは、さすがのチャイナタウンでも今までありませんでした・・・。すっごいびっくりしたあ。

まんじゅうは肉まん、肉と野菜まん、ローストポーク、チキン、ソーセージぐらい。ちまきの入ったのも食べたことあります。エビチリとかは、あってもよさそうだなあ。探したら、どこかにあるかもしれない!
でも、あんまんは、あるのです! いや、ニューヨーカーが食べるかどうかは謎だけど、チャイナタウンには菓子パンコーナーにもちゃんとあるし、まんじゅうもちゃんとある。日本人にはうれしい限りです。

あすかまる | URL | 2005-01-27 (Thu) 02:34 [編集 ]


あすかまるさんっ、外出なさったんですねえ。食べ物のためならっ。笑。
ここにいても、なかなか外出出来ずにいます。宅配サービス何でもしてよう。スーパーもコンビニも・・・・ 中華街は英語通じないんですねえ。びっくりでした。
やっぱり中華まんは肉まんが主流なのかな?まさか、日本のようなエビチリまんだのカレーまんだのピザまんだのチョコまんだのプリンまんなんて。あるわけないですね。
ニューヨーカーはあんまんなんて食べるの?あんこってどうなんでしょうか?あんぱんってあるのですか?

スナイダース | URL | 2005-01-27 (Thu) 01:44 [編集 ]


バッタさん、こんにちはー!
ジャピオンがこんなすてきな特集するから、出かけましたよ雪の中! 今ならまだその辺の日系スーパーとかにあるかもしれないので、見つけたらぜひ読んでください、興奮ですよ!
徳昌食品市場 79 Elizabeth St.(bet. Grand & Hester St) JラインのBowery駅から歩きました。もっとCanal寄りだと、行きやすいんだけどなあー!
ベトナム料理のお店は、えーと、Canal駅からCanal St.をチャイナタウンの中心部方向へ進んで、龍島餅店とお肉屋さんの間、最近けったいな観光案内所ができたあの場所で右に入るんだけど・・・ううむ、通りの名前がわかんない。その辺り一帯が、小さくベトナムレストラン地域です。
行ったらぜひご報告ください! 私も他の肉まんを追究するぞ! しかし確かに、くさったものも中国パワーでおいしく調理されてそう・・・。

あすかまる | URL | 2005-01-26 (Wed) 14:23 [編集 ]


こんにちはっ!

今日は、寒さもちょっとましですねっ。でも、道端の、ぐしゃぐしゃの雪がいただけない・・・・。

肉マン、おいしそうですね。
徳昌食品市場ってどこにあるんですか??教えてください。
いきたいですっ☆
おこわが食べたいっ!!!

チャイナタウンって、すごいですよね。
たまに、くさったものも出してるんじゃないかって疑っちゃうこともあります・・・。

まえに書いてた、ベトナム料理のお店も場所教えてもらえませんか~~??
いってみたいですっ!

バッタ | URL | 2005-01-26 (Wed) 12:53 [編集 ]