ベーグルの穴から見えた日記

それは突然にやってきた。

FI808339_0E.jpg
相変わらずだらだらしている私。
今日もお昼前にやっとのそのそ起き上がり、キッチンへ。何はなくともコーヒーである。と同時に、今日はおなかも空いているし、このあと出かけなくてはならないので、朝ごはんのしたく(というか、昨日の夜ご飯のあたため)を開始。ひと息ついて、キッチンの窓から外を見ると、・・・あああああっ!!!

ゆ、ゆきだあーーーー!!!

きっと夜中か明け方に降ったんだろう。そういえば昨日の夜は、がたんばたんと風の音がすごくて、いかにも寒そうなかんじだった。でもまさか、雪が降ってたなんて!
今はお日さまがさんさんと輝いて、すごくいいお天気。雪もどんどん溶けてしまったのだろう。屋根に残ってる最後の雪のかけらも、氷の粒になってきらきらと風に舞っていく。冬だなあー! 冬はきれいだなあー!
突然にやってきた初雪とのご対面で、はしゃいでいる私。

クリスマスまではあと5日。
I'm dreaming of a white Christmas・・・の歌のとおりに、今年は本当にホワイトクリスマスになったりして。わあー、楽しみだあー!!


同日夜・追記せずにはいられない!!
さっき帰ってきて、お風呂に入って出てきたとこなんですが。
さ、さ、さ、さ、さぶかったあああーーーーー!!!
聞いたとこによると、今日の昼間の気温、-9度。マイナス、マイナス、きゅうど???
そりゃあ雪も降りますわ。夜にいたっては、どうか気温を私に知らせないで、ってぐらいにさぶかった・・・。
今日は電車もバスも案外早く来たから、なんとか凍死せずにすみました。しかし。NYの交通はそんなに甘くないことは、みじかいNY生活ではあるが、十分承知している。
うう。雪って、雪って、白くてきれいなだけじゃないのね。と、ちぎれて落ちそうな耳をおさえながら、そんなことを考えていたのでした・・・。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する