ベーグルの穴から見えた日記

月曜日に帰国してからというもの。

FI798811_0E.jpg
力をふりしぼって日本での出来事はしっかり書き上げた。おみやげ持って学校にも行ってみた。しかし、やっぱりいまひとつ調子は戻らないまま。これが世に言う「時差ぼけ」というやつなのね。
時差ぼけって実は、ほとんど初めての経験。どうしていいか分からず、ただただ眠りこける私。かと思うと、明け方の4時にぱっちり目が開いてしまったり。で、気がつけば金曜日。来週はもう、クリスマスじゃないかあああ!!

ちょうど2週間前に、街中が赤と緑のクリスマス一色のNYをわざわざ抜け出して日本に飛び立ち、師走を体現すべく走り回って親戚やら友だちやらにご挨拶。そして、帰国する日のランチでは、すてきなお友だちと「末永くよろしく」なんて言いながら、年越しそば(天ざる! そばももちろん、てんぷらの衣がさくっさくでおいしかったなあー!)まで食べてきた。きれいに2004年をまとめてきたわけである。
しかし。NYに帰ってみれば、街は相変わらず、きらめくクリスマス・イルミネーション。時差ぼけもそうだけど、なんだか「時期差ぼけ」とでも呼んだらいいのか、大きいレベルでも時間がゆがんだみたい。

しかし! 一刻も早く、大小のぼけを治さないといけません。クリスマスは待ってはくれないのだから!

というわけで、今日はロックフェラーセンター前のクリスマスツリーを見てきた。(デジカメでもすごくきれいに映ってたので、人が入ってない画像も撮ってくればよかったなあと後悔!)
そして、今も大好きなクリスマスアルバムを聴いている。
日本から今回持ってきたこれらのクリスマスグッズも、改めて眺めたりデジカメで撮影したりして、自分内クリスマスムードを盛り上げる。
ちなみにこのかわいいクッキー(スペキュロス)の形が12/11の画像と違うと気づいたあなた、さすがです! 渡米時に片足が折れていたため、バランスよくするために両足食べてあげたのだ。スパイシーでおいしいーー! クリスマスまでには、ずいぶん背丈が縮んでいるかもしれません・・・。

まだまだ生活のリズムはつかめてないけど、クリスマスまでの日数を数えてあせりだしたこと自体が、身体に余裕が出てきたってことなのね、きっと。ところで、サンタも時差ぼけするかね? 毎年のことだし、乗り慣らしたそりだから、しないかもなあ。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する