ベーグルの穴から見えた日記

人にやさしく。

FI722008_0E.jpg
今日はサンクスギビングデーで祝日。

サンクスギビングデーは、イギリスからアメリカ大陸に移り住んで最初の冬に、食糧を分け与えて生きるノウハウを教えてくれたネイティブアメリカンに感謝するもの。「その後ちゃっかりネイティブアメリカンを追い払って勝手に国を作ったくせに、よくもまあ平気な顔して感謝できるねえ!」と、この祝日を嫌がる人もいるらしいけど、とりあえず私たちは、収穫感謝祭としてお祝いしましょう!

FI722008_1E.jpg
というわけで向かったのは、恒例行事・サンクスギビングパレード。去年のこの時期もNYにいたのだけど、パレードは見損ねた。今年こそは見なくてはー!
Macy's主催のこのパレード、たくさんのどでかいバルーンが、セントラルパークからブロードウエイを下って、34丁目にあるMacy'sまで行進するのだ。ものすごい人だけど、バルーンの迫力は想像してた以上にすごい! バルーンだけじゃなくてセサミストリートのキャラクターを乗せたセサミバスとか、ハーシーズバスとかもある。鼓笛隊だの、ピエロだの、チアリーディングだのと盛りだくさん。

人気のキャラクターのバルーンがやってくると、みんなわあわあぴゅーぴゅーと大はしゃぎで手をふる。いちばん歓声が上がったのは、大人気アニメ主人公、スポンジボブ。(画像1の奥にいる黄色い物体。)ある筋からの情報だと、「クレヨンしんちゃん系くだらなくておもしろいマンガ」らしいが、まだ私は見たことはない。

チャーリー・ブラウンも来た!(画像2)通りの向こうからやってくるその坊主あたまを見て、私は大好きなアニメのキャラクター・Caillouが来たのかと思って興奮していたけど、近づいてみたら彼でした。でも、結構な歓声が上がっていて根強い人気。

FI722008_2E.jpg
そしてこちらも子供向けアニメのキャラクター、グリフォード。(画像3)
家ぐらい大きい犬の話なので、まさに実物大! 近くにいた女の子が、「He sure is so big!」ってはしゃいでいた。

パレードが終わった後は、教会へ。なんと教会で、サンクスギビングディナーが食べられるイベントがあるんだって!
礼拝堂にはたくさんの人がいた。クリスチャンの人ももちろんたくさんいるし、私たちみたいにディナーにつられて来ている人もいるのだろう。賛美歌を歌い、サンクスギビングの由来のお話を見たり。(賛美歌の歌詞も、お話の映像も、パワーポイントです。教会も、ちゃんとハイテクだわ!)そしていよいよ、ディナーの時間!

FI722008_3E.jpg
いったいどの程度のものが出るんだろう、無料でふるまってくれるんだからほんの試食程度でも文句は言えないよね、などと思っていた私たちの想像をはるかに超えて、階下にはあらゆる種類のサンクスギビングディナーが用意されていた。
ターキーとそのスタッフィング、ヤム芋の甘露煮、ハム、温野菜、生野菜サラダ、ビスケット、ターキーにかけるグレービーソース、きのこクリームソース、クランベリーソース。絵に描いたような、伝統的サンクスギビングディナー!
牧師さんの話によると、何人もの方が、何日も前から用意してくれていたものだという。それはそうだ。まるまる4羽焼いたというターキー、すべてのソースはもちろんハムまであらゆるものが手作り、定番のグレービーソースの味は毎年改良を重ねている自慢の味だし、きのこクリームソースはオリジナル。大変な手間と、愛情が詰まってる。アメリカの家庭で、お母さんとかおばあちゃんが作るサンクスギビングディナーと、同じぐらいかもしれない。
どれもこれも本当においしかったけど、いちばん好きだったのがハム。一緒に焼かれたパイナップルと、クランベリーソースで、分厚く切られたハムを食べる。クランベリーソースはターキーにもかけていいらしいけど、私はハムと合わせるのが断然気に入った!

FI722008_4E.jpg
「たくさんあるから、どんどん食べてね」と言われるままに存分に料理を満喫していると、さらに「デザートもありますよー」の声!! す、すごい!!
これがまた、パンプキンパイに始まって、ピーカンナッツパイ、アップルパイ、チーズケーキ、パンプキンケーキ、シンプルなスパイスケーキ、ゼリー3種。もうおなかはパンパンだけど、デザートの味を全部試さずにはいられない、欲張りな私。(今日は食べ放題じゃないんだから!)小さいかけらで、全部もらってきた。どれもこれも、ちゃんとていねいに作ってくれているのが分かる。おいしいー!

でも、どうしてなんだろう? キリスト教なわけでもない私たちにまで、こんなにすてきな料理を惜しげもなくふるまってくれるなんて? 自分も人にやさしくしなきゃなあ、というより、やさしくしたいなあ、と考えていた。
私には私の勝手な神様がいる。だからたぶん、キリスト教には入らないんじゃないかと思う。でも、今日こんなに私たちによくしてくれた人たちにひとこと言わねばと、調理場のほうに行ってお礼を言った。そしたら、「おみやげは持っていった?」なんて言われて、余ってた最後のケーキだの、クッキーだの、全部持たせてくれちゃった。お礼を言ったら、逆におみやげが増えちゃうなんて、本当に、ありがたい。

宗教は、内部の結束を強めるけど、外部とのいろんなことが難しくなる気もする。
やさしくしてあげた人が「私も人にやさしくしよう」と思ってくれただけでいい、と思ってくれたのならいいなあ。

あと、新約聖書の日本語版もいただいた。ちょうど聖書に興味があったので、これはうれしいプレゼントだった。
無宗教の人が多い日本の宗教観って、きっと他の国から見たら異常なんだろう。普通に信仰を持っている人が、NYにはたくさんいる。私ももう少し、いろんなことを知らなくてはね、と思う。
人にやさしくする。人のことをもっと理解しようとする。きっと同じことかもなあ。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Lycheeさん、こんにちは! もちろん覚えてます。
Thanksgivingと年越しの雰囲気が似てる説も、すごくよく分かります。
イベントの前の日は、夕方には人がひけちゃって、街がしーんと静まって、おうちからもれる明かりがなんとなく楽しげで。
でも、日本は年越しの1回だけなのに、こちらでは、Thanksgivingと、Christmasと、立て続けに2回もあって、ずるいー!
でも、私たちは日本じゃなくてこっちにいるから、いいか!

・・・ところで、あのThanksgivingのパレードは、お正月に当てはめると、箱根駅伝みたいなもんだろうか。(年越しじゃなくて、年明けだけど)

あすかまる | URL | 2004-11-30 (Tue) 08:42 [編集 ]


あすかさん、お久しぶりです~。CAのLycheeです。覚えててくださいますか~?
こちらは特に何もイベントのない、静かな1日でした。
でも人の流れとか行動とか、Thanksgivingの情景って、ことごとく日本の年越しを思い出させます。って私だけか(笑)?よい区切りの一日ですね~^^。

Lychee | URL | 2004-11-30 (Tue) 03:31 [編集 ]


fukumikekironiさん、こんにちはー。
UAE行きの話、あちらで読んでかなりびっくりして、どきどきしながら見守っております。
NYのがいいよー・・・などと、軽々しくいえないので(お前誰だってかんじ!)、生唾のんで、見守っています。

今読んでいる大好きな人の本でも、1月1日だけは人がやさしく見えるなあ、って言ってました。ちゃんとその国に根付いているイベントには、不思議な空気がありますよね。
お庭のデコレーションもどんどん増えて、クリスマスが来るんだなあーと毎日わくわくがつのります。

・・・NY、いいですよー?

あすかまる | URL | 2004-11-30 (Tue) 00:55 [編集 ]


こんばんは。 
まだ分からないのだけどUAEに行かなければNYにしばらく戻るかも...
でも、今度住む時は嫁さんと、と思ってたので行けないような...
サンクスギビングも終わるといよいよクリスマス一色ですね。 
エンパイアが赤と緑のライトに彩られている時、普段は徹底した個人主義者の
多いニューヨーカーも心無しか優しくなるような気がします。

NY、いいなぁ...


fukumikekironi | URL | 2004-11-29 (Mon) 05:15 [編集 ]


ガレットさん、こんにちは!
お寺、すてきですね。大きくても小さくても、お寺の中って気持ちがしんとします。
今の日本は、本当は宗教が必要なのかもしれないですしね。
日本以外の国にも行き場を失って迷っている人はたくさんいるだろうけど、
日本には、宗教という避難場所はマイナーで、
でも逃げ込める場所は、ひとつでも多いほうがいいから。

あーこれはまさに、ガレットさんの、あったかい場所と同じなわけです。
そういう気持ちの方が、お寺にいるって分かるだけでも、いっこ敷居が下がります!

NY来られるんですかー! ガレットさんを尾行したら、おいしいものを発掘できるー! むふむふ!
お仕事、うまいこと休めるといいですね。

あすかまる | URL | 2004-11-29 (Mon) 02:34 [編集 ]


私も気持ちがほっこりしました
宗教って特別ではないのねと改めて思いました^^
実は私は寺の嫁なんです
小さく格式は決して高くないお寺(言っちゃた)なのでごく普通に生活しています
あたたかでやさしい気持ちを育むことのできる場所っていいですよね♪
家庭はもちろんだけど、そんな場所は多ければ多い程素敵ですもの
うちの寺もそんな場所にしなくちゃね^^

2月の上旬にNYに行く予定にしています
が、私つい最近超厳しい職場に就職してしまいました。。
危うしNY.。。。
でも、あすかさんのNYのお話を見逃さないようにいろいろプランニングしていきたいと思っています
行けたらいいな NY♪

ガレット | URL | 2004-11-28 (Sun) 18:09 [編集 ]