ベーグルの穴から見えた日記

NY着

ここんところ、生存報告のみの極めて読み応えのない日記が続きましたね。すみません。今回は少し落ち着いて日記を書けます。ま、大したことは書きませんが!

ただ今NYの土曜の夜。天気は嵐? 時折すごい風が吹いてる音がします。
今日は会社にも行かなくてよいので、泥のように眠り、目覚め、ぼんやりしながらパソコンを開いて。
そりゃあ疲れてるっていったら疲れてるけど、もっと疲れてる人は世の中に、あるいは近場に、いくらでもいるわけで。これぐらいで疲れているとは言いにくいわ。

私気付いたんですが、前回の日記で、「証拠写真→→」とか書いておきながら、肝心の画像がアップされてないじゃないですかー! 失態!

FI2616423_2E.jpg
というわけで、こちらが、前回あげようとした画像なんです。すごいでしょ、富士山!
でも今回は、日本の画像はほとんどないんですー。

2年ぶりの日本で私が感じた印象。

◎人が多い!!
まーマンハッタンだって人は多いんだけど、なんか、歩き方・よけ方のルールがよくつかめなくて、しょっちゅう人にぶつかった。それから、外国人の割合も増えた気がする。観光の人や住んでると思しき人。日本人じゃない人が、割と普通に日本に溶け込んでる感じがして、いいことなんじゃないかなーと思いました。

◎レストランでたばこの煙をかぐことが多い。
NYはバーとかも含めて店内は完全禁煙というルールになってるので、最初はあまりの違和感に立ち上がって周りを見回しそうになりました。完全禁煙ルールは吸う人にとっては厄介な話(真冬でもみんな建物の外に行って吸うのですよ)なので、自分が吸わないからって「完全禁煙がいい!」と声高には言えないけど・・・。でも、分煙って、何も意味を成してないよね・・・。

◎みんな携帯見てる!!
2年前だって同じだったと思うんだけど、久々に見て、改めて。だって携帯でなんでもできるんだもんねー。しかも、電車の中なんかだと、通話はできないしね。しかし、見慣れない私にとってはすごい光景だった・・・。

他にも、店員さんが丁寧とか、終電があるとか、月並な反応はいろいろあったんだけど、私の周囲のいろんな人や、実家の近所の様子や、たいていのことは特に変わった様子もなく。
そりゃそうかもね。ずいぶん長く帰ってなかった気がするけど、20年帰らなかったわけじゃない。たった2年。

NYに戻ってきた時も、ずいぶん長く日本に帰ってた気がして変だった。たった10日なのに!

でも、今日と明日ですべてが変わってしまうことだってあるけれど。

さあ、この土日はひたすらのんびりして過ごすのです。のんびりしながらも、10日分の日本の生活のまとめをして、10日分のNYでの失われた生活の分を取り戻して、NYの月曜の朝には、ぴったり追いつくのです!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する