ベーグルの穴から見えた日記

今、そのときの思い。

FI677361_0E.jpg
昨日、冷凍フライドポテトに関する日記を書いたあと、なんだか足りない気持ちがした。実はあの出来事は数週間前に起こったことだったのだけど、忙しくて書くヒマがなく、先延ばしになっていてやっと書き上げたのだった。でも、書いてはみたものの、なんだかすっとしない。

今の我が家のネット環境は、ダイヤルアップ。(驚くなかれ、アメリカでは、最近になってやっとダイヤルアップの接続者数が全体の半数を割ったぐらい、まだまだダイヤルアップ優勢なのだ。)
書きたいことがあるのにすぐに日記を書けないときは、Wordに書き留めておいたりする。冷凍ポテトも簡単な下書きが作ってあったけど、「大したことは書いてなかったはず」とそれは見ずに書き上げて、捨てる前になって一応ちらりとのぞいてみた。
そしたら、大変に重要なことを書きもらしていたのだった!!! 足りない気持ちがしたのは、そのせいだったんだ!!!

というわけで、今日になってその箇所(斜体の部分)を加筆しました。
・・・ごめんなさい。大したことじゃないんです。ていうか、ただの余談。でもきっと、そのときの私にとっては、ポテトそのもののことよりも、これが最も書きたかったことだったんだ。
忘れられない大きな出来事がある。・・・いや、ポテトのことは別にそんなんじゃないけど。ともかく、大きな、印象的な出来事のかげには、取るに足らない小さなことがたくさん隠れていて、そういうのは自分でもほんの数日後には流れていってしまうんだけど、それを書き留めておくと、自分で自分に驚いたり、共感したりしておもしろい。自給自足。経済的だ。
っていうこのこと自体も、大変にくだらないことなんだけど、あとで読んだら「私って、ばっかだなあ・・・」って他人事のように思うんだろなあ。

ポテトのことを書き足して、今の思いを書きつけて、あーすっきりした! 取るに足らない小さなつぶやきを重ねたお詫びとして、せめて画像のほうは、手作りスカリオンクリームチーズを挟んだポピーシードベーグルをお楽しみください。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する