ベーグルの穴から見えた日記

Happy Halloween、でした

FI2616424_1E.jpg
ただ今、ハロウィンの日の夜です。今年は、ハロウィンに全く参加せず。まだ10月になったってことも把握できてないっていうのに、ハロウィンだなんて、ちょっとおませすぎます。
(てか、明日から11月なんですよね・・・こわい)

前にも思ったことがあるんだけど、ハロウィンの日、マンハッタンから家に帰る電車の中には、仮装してる人ってほとんどいない。仮装組は、反対側の電車に乗る人々。「大人のハロウィン」は、夜から始まるのだ。ばっちり仮装して、パレードや、パーティーなんかに繰り出すのだ。

だから、地元の駅で電車を降りて、家まで帰る途中では、たくさんの仮装軍団とすれ違う。ハロウィン気分が少しは味わえたぞ。

それから、「Trick or Treat!(お菓子くれないといたずらするぞ!)」という掛け声で、あちこちの家やお店を回ってお菓子をせしめる、「子供のハロウィン」も、夜の8時ぐらいまで繰り広げられている。

家まで歩いている途中に、私のすぐ前を歩いていたのは、仮装したお子たち5~6人とそのお母さん軍団。(ごくろうさまです・・・)
たぶんもう疲れちゃったんだろう、お母さんにだっこされてる白ネコの女の子は、持っていたカボチャ型のバケツを、うっかり手から落としてしまった。中に入っていたキャンディやラムネやチョコレートが、地面に散乱! お母さんは、白ネコをだっこしてるので手が出せない。
それで、白ネコより少しお姉さんな、白プードルの女の子と、たぶんそのお母さん、そして人間の私が、せっせと拾ってバケツに戻してあげた。
バケツをお母さんに手渡したら、Thank youと言われた。私はどういたしまして!と言ったけど、Happy Halloween!とも言ったらよかったな。

今年のハロウィンは、これにて終了~! 来週に迫ったアメリカの大統領選挙、共和党の副大統領候補のサラ・ペイリンの仮装が見られるのは今年だけだったかもしれないのに、見逃したのはちょっと残念ね。

来年こそは、ばりばり仮装したいぞーーー!!!

そして画像はハロウィンにちなんで、1か月ぐらい前の画像から引っ張り出した、カボチャのモンブラン風の何か。絞り出し方が独創的でしょ?

(読み返すまで、文章中のすべての「仮装」が「仮想」になってるのに気がつかなかった・・・! あーびっくりしたあ・・・、来年の仮装に向けて、まずは漢字の勉強か・・・??)
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する