ベーグルの穴から見えた日記

追いつけそう

FI2616425_1E.jpg
土曜日は、久々にのんびり散歩。
で、久々にロウアーイーストサイドを歩いて、こんなすてきなお店を開拓して、テラス席に腰かけて、ブランチ。いひひ!

そちらで食べたものをご覧いただきながら、私のつぶやきをお聞きくださいませ。食べ物の解説は後ほど・・・。

FI2616425_2E.jpg
◎日曜日、買い物に行く前に家の時計を見たら、1時30分だったのに、あっちこっち歩いて山ほど荷物を抱えて、もう1時間ぐらいたったかなと携帯電話で時間をチェックしたら、1時15分。あれっ、さっきの1時半はカンチガイか?と首をひねりながら家に戻ると、やっぱり2時半前・・・。

サマータイムが終了してたのでした。毎年やっちゃうこの混乱。
携帯やPCは、サマータイム終了に合わせて勝手に時計をリセットしてくれるけど、腕時計や家の時計は、手で1時間巻き戻さなくてはなりません。うっかり忘れたら、月曜の朝にまた、腕時計を見て「ぎゃあ1時間も寝過ごした?!」とか言っちゃいそう・・・。学習能力ゼロ・・・!

ここのところ日が暮れるのがどんどん早くなるなあと思っているのだけれど、サマータイムが終わると、さらに一気に1時間、日暮れが早くなるのだ。

FI2616425_3E.jpg
◎引っ越す前に住んでいた地域は、家が多くて緑が少なかったんだけど、今の家は木々が多くて、リスも多い。
それで今年初めて思ったことなんだけど、この季節のリスは、人間がいてもなりふり構わず走り回っている。人間の足先スレスレのところを横切って行ったりして。冬眠前の食糧集めの、最後の踏ん張りどころなのかな。
ある日も、超至近距離にいても全然逃げもしないで地面を掘り返してるので、思わずカメラを向けたんだけど、逃げるどころか、むしろこっちに近づいてきて、私をじっと見る。

「木の実、持ってんの? なんかくれんの?」

と、歯をちょっこり出した無表情で見据えられると、半ばすごまれてるような気持ちになり、少しひるむ。近くで見ると、リスって結構でっかいのだ。手にナッツでも持っていようものなら、飛びかかられるかもしれない。幸い私の手にはデジカメしかなかったので、リスは「なんもないの、あっそう」と言わんばかりに、ぷいとあちらを向き、掘り返し作業を再開。ほっ・・・。

ラーメン 025

◎出張前からたまってたあれこれを、今週末でやっとほぼ片付けられそう。買い物リストもほとんどなくなった。あとは、押入れから冬用の分厚いマフラーたちを出すのだ。

◎最後に、食べ物の説明。
すてきなお店に行った時の必需品は、「お金」もさることながら、「友だち」だ。半分このオファーを受け入れてくれる、すばらしい友がいるのはいいもんだ!

上のふたつの画像は、エッグ・ベネディクト。
イングリッシュマフィンに分厚いハムとポーチドエッグ、そしてオランデーズソース。ブランチといったらこれ、ってぐらい有名なメニュー。ナイフを入れると、とろりと黄身が出てきます~。
半分こだからひとり1個、流れる黄身とソースを必死で追いかけて、あっという間に食べきっちゃった・・・!!

そして、その次の画像は、パンケーキ!
なんとまあ無骨な、フライパンの形そのまんまみたいな、パンケーキ! ところがどっこい、これがおいしいんだわ。すごく。
周りはかりっとしてて、それからバナナやリンゴ、いちぢく(たぶん)といった果物を焼いてその上に生地を流して作っているので、焼かれてうまみがぎゅっと詰まった果物の味が、それに当たるたびに広がって・・・。

FI2616425_5E.jpg
(これは、お会計の小さなつぼ。かわいい!)
どちらもブランチの王道、お味も大満足だったのだけど、その後ウェイターがほかの席に持っていった1品に、私たちも、隣の席の人も、釘付け!
それは、うすーく焼かれたピザ。お皿じゃなくて、カッティングボードの上に乗せられるという、プレゼンテーションもすてき!

次行く時にはテラス席はもう寒すぎるかもしれないけど、ぜひ再訪して、次回はピザも試してみたい!
実はこの日、この近くにある、行列のできるブランチ処、Clinton St. Bakeryにふられて(そりゃそうだ、大行列で、気軽に行けるとこじゃないのだ・・・)、この店に流れてきたんだけど、価格もほかの店より手ごろで、雰囲気もおしゃれかつ気さくで、とってもよい。

何より、ブランチって、のんびり楽しむべき響きよね。それにぴったりの、いいとこ見つけて、うれしい!
あわただしいウィークデイとウィークデイの合間に、のんびりの週末。また月曜からがんばるぞー!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する