ベーグルの穴から見えた日記

パープルの魔力。

FI566413_0E.jpg
ルームメイトとフラッシングへ食料調達。私は今日は、何が何でもタロイモあんぱんの気分だったので、ベーカリーへおつきあいしてもらう。
甘いものがそんなに好きじゃないという彼女は、それでも私がもぐもぐ噛み締めてはぽおうっ・・・となってるのと黄色いパンの中に入った紫の物体を見てちょっと興味を示したらしく、ほんのひとつまみ、ちぎって口に放り込んだ。
すると彼女、突然に、両手をぶんぶん激しく振って踊りだしたのだ!!(実話)

私はこれほど興奮するとは思わなかったので、かなりうれしくなって、「どんどん食べて! どうぞどうぞ!」と、惜しげもなく食べさせてあげた。パンもそんなに好きじゃない、甘いものもそんなに好きじゃない、それどころかあんこは食べられない、そんな彼女が、タロイモあんぱんにむしゃぶりついては踊っているのだ! これは、奇跡の瞬間に居合わせた気分だった。私は、なんだかとっても、心底うれしかったのだ!

「これ、大きくがぶりと行きたくなるうー!!」 そう! そうなのです! なんか、頭はもったいないからちょっとずつ食べたいって思っているのに、身体が口いっぱいのねろねろ感を欲して、次々とかぶりつかずにはいられないのです!
タロイモのあんは甘すぎない。味も、これといって強い主張があるわけじゃない。でもパンとクッキー部分を丸め込んでぬちゃっと広がる「何か」はとても新しくて、でもあまりのおいしさに、それが何かを追及できないうちに終わっちゃうのだ。
最後のひと口は、均等に半分個して、ふたりでとろーん。食べ終わった瞬間、彼女は叫んだ。「これ、買って帰る!」 ・・・ああ、またひとりの女がタロイモによって身を滅ぼすことに。罪深きタロイモ。

FI566413_1E.jpg
この勢いで家の中にタロイモ旋風を巻き起こそうと、スーパーマーケットで前々から試してみたかったタロイモまんじゅうをとうとう買ってみる。それから帰り道もいまだ興奮冷めやらぬ彼女に、タロイモ餅とか、タロイモアイスとか、いろいろあるよと熱心にさらなる情報を入れておいた。
「こんなすごいもんを教えてくれて、ありがとう!」 だなんて言われちゃったらあなた、タロイモ狂冥利につきますわよ! か、感涙!!

ところで、今日はもういっこ、ちょっと他と変わった品揃えのベーカリーを発見。レッドビーンズバン(つまりあんぱん)じゃなくてブラックビーンズバン、そしてカスタードバンのほかに、えっ、エッグ? エッグという言葉にすこぶる弱い私は、思わず店員に質問。「中身は何?」 なんと、エッグタルトの中身みたいなのが入ってるんだって! 満腹にもかかわらず、衝動買い。
さてお味はというと、うーん、なかなかおいしいけどタロイモやココナツほどの魔力はない。このぷるんとした感じは、やっぱりタルトかパイのほうが合うよなあってかんじ。でもこのお店、パン生地とクッキーだけのひと口めが、お!と思わせるものがあったので、他の変わり種も試す予定。ああ、楽しみがどんどん増えてしまって、幸せー!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おおっ、ナオちゃんに二次災害を呼び起こせてうれしいなあ!
タロイモは本当にすごいよね。食べるたびに想像以上の衝撃を受けるもん、いまだに。
あとね、友だちとふたりぎゃあぎゃあタロイモって騒ぎながら、ナオちゃんとあやきちゃんもアメリカの反対側でこんなかんじではしゃいでたかなあって思ってたよ。
ふたりで食べるのって、おいしいよねー!

あすかまる | URL | 2004-10-05 (Tue) 13:43 [編集 ]


あぁ~タロイモ~ もうなくなっちゃったよ・・・
画像アップはつらいわ・・・食べたい食べたい!!

ナオ | URL | 2004-10-04 (Mon) 07:04 [編集 ]