ベーグルの穴から見えた日記

カスピくんは今。

FI392696_0E.jpg
皆様にご心配いただいていたカスピくんことカスピ海ヨーグルト、私と一緒に海を越えたものの一時は危機的状況にありましたが、無事に復活を遂げております!
ラベルに kim chee と書いてあるの、読めますか? 渡米にあたってカスピくんに外国名をつけたわけじゃなくて、これ実はもともとキムチの入っていたビン。ひとり分のカスピ海ヨーグルトを作るのに最適なこのサイズのビンふたつをローテーションして、食べたり料理に使ったりしてます。

でも、カスピ海ヨーグルトでどうしても言っておかなくてはいけないことがひとつ。
私はカスピ海ヨーグルトにはまって、会う人会う人に手当たり次第におすすめしまくってきたのだけれど、私のルームメイトはカスピ海ヨーグルト恐怖症。以前、日本から持ってきてた友だち作カスピ海ヨーグルトを食べて、ひどくおなかを壊したらしい。
でも私は自分のカスピくんを、自信を持ってすすめた。「私のは、においも一切無いし、おいしいし、今までにおなかを壊した人なんてひとりもいないんだから!」
長いこと渋った挙句、とうとうカスピくんを口にした彼女の反応は、悪くない。やったー、カスピくんのおいしさを分かち合う仲間がここにも誕生! ・・・と思ってから数分後。ルームメイトは腹痛を訴え、トイレへ。結局同じように、おなかを壊してしまったのだ。

悪いことをしたなと思うと同時に、私自身もショックをうけた。世の中には、カスピくんの菌が身体に合わない人もいるのだ。手当たり次第に食べなよ食べなよって言って、ひどい目に遭った人が他にもいるかも・・・。でも一応言っておくと、直接食べてもらう前に、本当に身体に合わないのかどうか確かめるために、何度か料理に入れてはいたのだ。相当な量入れても問題なかったので、私は安心していたのだけど。
ともかく、その一件は勉強になったのでした。

FI392696_1E_20090510142312.jpg
さて! 気分をがらりと変えて、こちらをご覧あれ。
これは、チャイナタウンにあるお気に入りベーカリーのケーキ。チャイナタウンに行くと、小ぶりで安くて、時に日本ぽいケーキもあるのが魅力。 このチーズケーキは確か75セント、その値段でチーズ感のしっかり楽しめるこの味は、かーなーりお得。緑のケーキは、この色ほどお茶の味はしないけど甘さ控えめな小豆がうれしい。チョコレートケーキは、アメリカのあまじょっぱさが堪能できる。
これは今週もお疲れさまの差し入れケーキ。いよいよ週末、今日は先週訪れたフラッシングに再び乗り込み、明日はハーレムのほうに行く予定。ああ、今週末は日記に書くことがありまくりそう!!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する