ベーグルの穴から見えた日記

待ってましたのBAKERY

が、とうとうOPENしていた!!

それは今をさかのぼること1ヶ月、そう、こっちに来てすぐの頃。最寄駅とは別方向にもうひとつ駅があって、そっちのほうにぶらぶら散歩に行ったときに、軒に大きく「BAKERY」と書かれた建物を、私は目ざとく見つけたのである! 冬にいたときは、こんなところにベーカリーはなかった。すぐさま中をのぞき込むが、お店の中はがらんとしている。とりあえず軒だけ作ってみたらしい。しかし、私の胸をときめかすには、そのアルファベット6文字の情報だけで十分である。
私はそこを通るたびに店をのぞいた。しかし作業が進んでいる様子が一向に見られない。最初は「いつ開くの? いつ開くの!!」と勢いのよかった私も、そのうち逆にこのままずっと開かなくてもおもしろいなあなんて思い始めた、ある日のこと。いつものように何気なくのぞいて、私ははっとした。
た、た、たまごがある!!!
ショウウインドウの中に、卵のパックが積み重ねられていたのである。長い沈黙を破って、やっと今何かが始まろうとしている。なんだかありがたいものを見せられているような気分になって、胸が熱くなった。

しかし。
今度はいつ見ても、たまごがたまごのままなのである。一時は静まった私の心も、たまごを見てからというもの再び盛り上がってきた。それなのに! 一体、いつ?! いつあのたまごたちがパンやケーキに姿を変えるの?!
やつらはベーカリーなんて作る気はなくて、最初からヒヨコを育てて養鶏場にするつもりなんじゃないかと、殺意すら感じ始めた数日前。それは、とうとう姿を現した。

FI334077_2E.jpg
ここは、コロンビアのパンとケーキのお店だった。
たまごのあった場所には、おいしそうなケーキが。おしゃれなケーキはないけれど、どれもこれも1ドルだって! ココナツとカスタードのロールケーキと、イチゴジャムのロールケーキを買った。このお惣菜みたいなパックに詰めちゃうとこがまた憎いね。味も、ご近所で買うにふさわしい安心のおいしさ。
ご近所には、激安・激ウマのチーズケーキを武器に持つ、大好きなイタリアンベーカリーがある。でも実はここ、スポンジものがあんまり上手じゃないのだ。スポンジものが食べたいときは新規オープンのこっちの店だな。
コロンビアのパンというのは、最寄駅のほうにも一軒あるので少し試したことがあるが、なかなかおもしろい。そのうち、ここのパンも試してみよう!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する