ベーグルの穴から見えた日記

豪華ディナーと一風変わったクリスマス

FI2616437_1E.jpg
やっぱり、前回の日記で予想していたとおり、クリスマス後までみなさんとお会いしませんでした。前回きちんと挨拶を済ませておいてよかった・・・。

日本の一般的な企業が年末年始にどんなかんじで休みをとるんだったか、もうすっかり忘れてしまっていた私ですが、どうやら今年の場合は26日に仕事納めという方が多いみたいですね。そして、クリスマス関連は一切休日にならないのかー、と思いきや、23日が天皇誕生日でお休みなのですね。

一方の私の会社はといいますと、今年はルールどおりに休もうとすると、「休んで、1日出勤して、また土日」みたいな感じになってしまうので、お休みを調整して、今週、来週の木・金曜日をお休みとしてくれました!
つまり、2週連続で、4連休が来るってこと! うひゃあああー、考えただけであまりの幸福にめまいが・・・。

FI2616437_2E.jpg
しかもそのおかげで、通常は 米国企業の仕事始めは1月2日のところ、2009年の仕事始めは1月5日からとなります。うわーん、5日からなんて、なんか日本みたーい!

というわけで、木曜からすでにお休みに入っておるわけですが、上の画像は、会社の忘年会で行きました、Eleven Madison Parkの様子。アペタイザーの前に来る、アミューズです。(お通し、と言いかけてひっこめました・・・はっはっはー・・・。)

お店の内装もとっても美しく、プレートひとつひとつも、華やかなのです。そして、おいしい! これがなくって見た目だけ豪華でもあたしゃあ満足しませんよ。このお店は、アペタイザー、 メイン、デザートと、すべてにうっとりすることができた、数少ないレストランとなりました。
(私の数少ない経験上、アペタイザーはおいしくて感動、しかし、メインがはてな?となるパターンが、結構多い気がします。)

FI2616437_3E.jpg
これはデザート。すみません、一番大事なアペタイザーとメインは、撮ってませーん! 食べる方に集中しちゃいましたー。

言い損ねてましたが、実は最近、ずっと行きたいと夢見ていたGramacy Tavernにも行くことができたのです。どちらも、Danny Meyerさんという有名な方が手がけているレストラン。
どっちのレストランもすばらしかったけど、純粋な味の比較では(もちろん食べたものが全然違うからわかんないんだけど)、Eleven Madison Parkのほうに、より深く感動した!

今年は最後の3か月が殺人的な忙しさで、社長はみんなに申し訳ないと思ったらしく(ほんとは自分がいちばん殺人的に忙しいというのに!)、今回のレストランはいくら高くなっても構わないという姿勢を示していた。社長に感謝。がんばったみんなと自分に感謝。お仕事の機会を与えてくれた皆様に感謝。

で、25日、クリスマスのお休みの日には何をしたかというと・・・、


クイーンズのチャイナタウン、フラッシングに行ってまいりました。事前に何にも計画してなかったので、マンハッタンに出かけても、どこもここもお休みですからね。
さすがチャイナタウンは、クリスマスがなんぼのもんじゃい!と大勢の人でひしめきあってました。それでも、クリスマスやハヌカのイルミネーションはあちこちにあって目を楽しませてくれ、質と実を兼ねたすばらしいクリスマスとなりました!

味千ラーメンでラーメン食べてー、野菜やら料理酒やら買い物してー、なんとマッサージにも行っちゃったりして! ははは、全然クリスマスじゃなーい!

FI2616437_4E.jpg
あ、そうだ、前回全米指名手配をかけました、出前一丁なんですが、フラッシングのスーパーには、3種類だけあった。でも、ひとつを除いて見たこともない味のもので、もしかすると種類を一新しちゃったのかもしれない・・・。ううう、困るーーー。

で、とりあえずインスタントラーメンはこの3種類を1個ずつ買ってきた。
中華三昧はが掛け値なしにうまいが、1ドル30セントぐらいする。
日清出前一丁のみそ味。こんなの今までなかったんだよねー。だいじょぶかなあ・・・と半信半疑ながらも購入。50セントか60セントぐらい。
そして、同じく日清、御当地ラーメン・札幌味噌味。ほんとかようー、頼むよ日清、と祈るような気持ちで購入。こちらも確か50セントぐらい。

FI2616437_5E.jpg
えー最後になりますが、やっぱり何かやってくれるのがチャイナタウン。

宝石屋さん何かの店先にいた、ちっこいサンタ。
あーん怖いーーー、怖すぎます。

なぜ目を青くする? 「ガイジンさん」だからと思っての配慮か? しかし、西洋人の目の青いのは、黒目の部分である。白目ではなく。
そして、サンタ服の柄には、なぜか中国風の刺繍が。

他にも、意味もなく腰に下げている楽器、あまりにも腰が高いベルト、口ひげの毛並みの不可解と、突っ込みどころは数多い。子供がこのサンタに遭遇したら、泣きます絶対。
怖いサンタといえば、クリスマスの日は、「Nightmare Before Christmas」も観ましたー! クリスマスのプレゼントをあちこちに届けるシーン、爆笑しました。

こんなかんじで、2008年のクリスマスは、一風変わったものになりましたです!

(・・・さすがに年が明けるまで登場しないことはないと思うので、年末年始のごあいさつはまだしないでおきます。ちょっと不安だけど・・・。)
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する