ベーグルの穴から見えた日記

魅惑のフレンチトーストと感謝の月

我が家のご近所にある、魅惑のダイナーに初めて訪れたのは、2014年5月のこと。
ある土曜日に行ったらおいしくって、大好きになりすぎて、次の日も行っちゃったりして、あれから何度か行ったけど、ふと気づけば、ここ最近はしばらくご無沙汰だった。

変に早起きしてしまった土曜日、おなかはぺこぺこで、それで思い立って、久しぶりに行ったのです!

2015-11-14093503.jpg

フレンチトースト食べた~! わーいわーい!

ここのフレンチトーストは、見た目はほんとに、そっけない。
この写真はメープルシロップをかけた後ですが、テーブルに運ばれてきた時なんて、ほんとに、ただ黄色いトーストが2枚のってるだけみたいに見える。そして、脇に置かれたこのバターの無骨さと言ったら、あなた!!

しかし、食べるとびっくりのしゅわしゅわ感なのです。すごい。すごすぎる!!

この溶けるフレンチトーストの秘密は、まずひとつには、Challah(ハラー)というパンの種類にある。

その秘密(というほどの秘密でもない、公然の秘密なのだけれど・・・)を私が最初に知った時のことは、2010年の日記に書いてあって、私がハラーブレッドで作った、雑なフレンチトーストの写真まで載っています。(よりによって、丸いハラーを切った端っこのほうばかりを使って作ったらしく、ブログに掲載するには大胆すぎる、いかにも私らしい、フレンチトーストですが・・・・。)

しかしながら、パンのみならず、卵液の配合やら、焼き加減やら、熟年の技がいろいろあるに違いない。
だって、こういうフレンチトーストが、どこでも食べられるわけではないんだもの!!

2015-11-14093711.jpg

んんんんーーーーー、キラキラで、じゅわじゅわで、しゅるるで、これはほんと、おいしいわあー・・・。

しかし、前回の自分の日記を見てて気づいたのですが、前回はパンが3枚あったわ。むむむ。量が減ったのかしら? でも前回のは、よーく見ると、パンの端っこっぽいかんじがしなくもないような、気もしなくもない。となると、たまたま端っこだから、おまけの3枚だったのか?

うーむ・・・・・こうなってしまったら、また行ってフレンチトーストを食べて、謎を解明せねばなるまい!!!(鼻息)

しかしながら言っておかなくてはいけないのは、パン2枚の今回のフレンチトーストも、まったく量が少ないという感じはせず、それどころかおなかいっぱいになるのです。
この辺がまた、オシャレなマンハッタンと比べた地元クイーンズの良さを再認識しちゃうところよねー。安くてでかくて、そしてウマい!

店内満席で順番待ちなんてことも多い、地元の人気店ですが、土曜の朝9時に行ったら、まだお客さんも少なくてのんびりした雰囲気。
しかしながら私たちがお店を出る時には、順番待ちの列ができ始めてた・・・さすがです!

さて、今度早起きできるのは、いつかなあーー・・・!

店頭には、サンクスギビングデー特別メニューのお知らせがあって、これもまた魅力的・・・。
サンクスギビングデーは、11月の最後の木曜日で、そのまま金曜もお休みの4連休となるのですが、この連休には別の大イベントを控えているので(むふふ)、サンクスギビングデーについては今のところ、何も計画なし。
ふむ、このダイナーでディナー、っていうのも、一考ですな・・・・。

で、いきなり話は変わるんですが。

世界中で痛ましく悲しい事件が起こって、いろいろ考えさせられます。
とにかく何かを敵にして憎めるならそんなに楽なことはないんだけど、それは絶対に間違っていて。
バカみたいでもキレイごとでもなんでも、憎しみよりも感謝のほうにフォーカスして生きていくしかないんだと思うのです。思うんだけど、亡くなった方と、その家族や友達の苦しみを思うといたたまれず。
ああ、地球は広いんだから、意見の違う人たちは、それぞれ離れて生きていければいいんだけど・・・。世の中に、欲深くて他人を支配したい人たちがいるから、いろんなことが始まってしまうのだ。そして、インターネットは、広かったはずの世界をぐっと近づけてしまった。そのおかげで、よいこともたくさん起こっているのだけど。

11月は、サンクスギビングの月。収穫に感謝する時。
今年のサンクスギビングデーは、どこで何をしていても、今、自分がこうしていられることに感謝したいと思います。

しかし、まるぴん。わかっちゃいるけど、平和ってのは、なかなかやってこないよねえ。
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する