ベーグルの穴から見えた日記

日本のおいしいもの

まだ日本におります。
おかげさまで、ここ数か月の鬱蒼とした感じが嘘のように、やることなすこと、全てが順調です。
どうやら、私の大規模リセット作戦(前回の日記参照)は成功したようです。日本での堕落した生活のおかげです。

次の課題は、日常生活に戻れるのかどうかということなんですが、それはまたその時に考えます。この、私の運気の波が底を打ったという感覚が、とてもうれしいのです。

さて。日本にいる間にどーしても書いておきたいことがひとつ。

今回の滞在では、びったり計画を立てる心の余裕が一切なかったわりには、食べるものリストを着々とクリアすることができてまして。(ほらね、運がいい!!)
おいしいお刺身もお寿司も食べました。おいしいそばも。焼き肉も。パフェも食べました。お好み焼きも食べました。たこ焼も。つけ麺も。

しかしそんな中で、これらの素晴らしい食べ物たちを差し置いて、どうしても今ブログに書いておきたいものがある。
私が今回、感動の再会を果たした、あるもの・・・。

それは・・・


2015-02-10134944a.jpg

これ。
すごくないですか?! ランチ500円!! ステキすぎる!!

ここがどこだか、行ったことがある人ならすぐおわかりでしょう。
懐かしの、嗚呼懐かしの・・・・・

サ イ ゼ リ ヤ です!!! そう、あのサイゼリヤ!!

前回サイゼリヤに行ったのは、ニューヨークに移る前だったはずだから、10年以上ぶりということになる。
ミラノ風ドリア290円は、私にとっては不動の定番メニューだったなあ。

今回、出先でひとりランチという機会に、「サイゼリヤ再訪」という長年の野望を叶える時が来たことを知ったのです。

ランチメニューのラインナップに、変わらぬ挑戦の姿勢を感じて、ひとりニヤニヤする私。
注文はもう決まってるんだけど、面白くってついついメニューを読み進める。
うわー、ワインが99円って!(ニヤニヤ。)他のものも全部、こんなにおいしそうなのに、こんなに安いなんて、サイゼリヤすげー!!(ニヤニヤ。)

と、さんざんメニューを堪能した後で、注文したのはもちろん、懐かしのミラノ風ドリアのランチセット。
グリルした野菜が上にのって、10年前より進化してる・・・! (野菜なしの、本物のミラノ風ドリアも、単品メニューのほうにはありました。)

2015-02-10143847a.jpg

そして、ランチのドリンクバーは110円。110円って! 自動販売機より安いぐらいよ! このカップの柄が、すっごくすっごく懐かしいの! 変わってなーい!

2015-02-1015457a.jpg

スープとサラダも付いてくる。500円で!! サイゼリヤに限らず、日本のランチって、ほんとにすごい。

そして・・・・・、感動のご対面!!

2015-02-10140153a.jpg

いやーーん、ひーさーしーぶーりいーーー!! 変わってなーい!!
この薄く敷かれたゴハンも、ホワイトソースの上手な焦がし方も。食べてみても同じだった。そうそう、この味!
感動!! やっと会えたーーーー!!

・・・と。
ここで一生懸命こんなことを力説してるのは、なぜかというと。

私が言いたいことは、これなんです!
サイゼリヤで、メニュー見ながらニヤついて、写真をぱちぱち撮って、食べてる間もひとくちひとくち堪能して超シアワセそうな日本人がいたら、その人はきっと、海外在住で、久しぶりにサイゼリヤに来た人なのです。
どうかどうか、馬鹿にして、後ろ指をささないでくださいね!

同じように今回再会できたものとして、ガストのサラダうどんがあります。あれはガストが最初に誕生した頃のことですよきっと。ガスト、画期的だったよなあー。
すかいらーくのWikiによると、1992年にガスト1号店が開店、「当時としては珍しいセルフサービスのドリンクバーやワイヤレス型呼び出しベルの導入、キッチンではスーパーキッチンなどで実験中であったコンベアオーブンの導入」などなどにより、コストを抑えて低価格を実現したんだそう。

安さに加え、サラダうどんのあまりのおいしさに魅せられて、行けばあればっかり頼んでいた若かりし頃。あ、きのこ雑炊も好きだったな!

今回の一時帰国では、そのサラダうどんにも再会できました。ガストは、かつての低価格レストランからいろいろ変遷がありますね。しかしながら、サラダうどんの根底にあるおいしさは、変わってなかったです。具は進化してたけど!

ついでに言えば、今回再会できたもの・デザート編は、こちらでした。

2015-02-17174454a.jpg

アンジェリーナのモンブラン!! うわーーー、うわーーーー、何年ぶり? 9年半ぶり!!
というのも、今自分の日記を見てみたら、2014年6月に、このモンブランの記事書いてます。NYに行く前に食べとかなきゃと。ほんとよね、そのあと9年半も食べられなくなるんだから、食べといて正解だったわー、昔の私!

そして、その濃厚な味は少しも変わることなく、9年半前と同じように私を感動させてくれたのでした。

なんかね、おいしいものはこの世にたくさんあって、あれも食べてみたいし、これもおいしそうだし、夢は尽きないんだけれども、それと同時に、思い出の味ってものが増えてくるよね。
サイゼリヤのミラノ風ドリア食べてた頃の私が考えていたこと、ガストでサラダうどん一緒に食べてたあの人、両親と私でモンブラン食べ比べ大会をした時のこと。
そういう懐かしさのスパイスがかかっちゃうと、未知のおいしいもののおいしさとはまた違う、特別なものになっちゃうんだよねー。

そして、私が今日常的に食べているおいしいものたちは、今から5年後とか10年後の私が懐かしがる、思い出の味になるのかもしれない。
久しぶりにそこを訪れたら、ずっと変わらない味で、私を待っててくれるのかもしれない。

でも、もしかすると、サイゼリヤのミラノ風ドリアや、ガストのサラダうどんや、アンジェリーナのモンブランが変わらずにいてくれたのは、単に私が奇跡的なほどにラッキーだったからであって(ほらね、運がいい!!)、変わってしまったり、なくなってしまうものだって、たくさんあるよね。
全国展開のファミレスだからって、10年以上続いてて、そのメニューが残ってるってことは当たり前のことじゃない。

・・・おっと。
ミラノ風ドリアで感激してる安いオンナだと思われてはいけないと必死で理論武装してたら、そういう展開になるとは思ってなかったけど、そういうことになったわ。なるほど。

あと数日で、このぬるま湯の環境から、NYでの日常生活に戻っていきます。噂によると、超・極寒らしい。仕事もしばらく忙しい。
しかし、心は上向き。これなら大丈夫、いける!
変わらないものなんてないよね。変わってしまうと悲しいものもあるけど、こんなふうにうれしいものもある。変わらないものなんてない、と常に思っていることが大事だよね。

次の日記はまた、NYからになります!
関連記事

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

うちやまさん、ですね?
ふふふ、食べ物のこととなると、サイゼリヤでもなんでもここまでオオゴトにできちゃうのは、我ながら、すごい才能だと思います!!

・・・でもこの才能、一体何に活かしたらよいのでしょう???

あすかまる | URL | 2015-03-01 (Sun) 12:29 [編集 ]


すごい。サイゼリアの紹介なのに、なんて感動的なの!?(笑)
でも、こういう再会って、ほんと良いよね!

うちやま | URL | 2015-02-27 (Fri) 16:15 [編集 ]