ベーグルの穴から見えた日記

昨日見た夢の話

今朝見た夢の話なんですが。

まるぴんとふたり、おばあちゃんちに出かけるのです。
イメージとしては、オズの魔法使いのドロシーが、犬のトトを連れて歩いてるかんじ?

途中でまるぴんが、工事中の大きな穴に落ちちゃったりして。

(下はイメージ動画。犬がまるぴんで、猫があすかまるです。ややこしいですが!)


私はおろおろと心配していましたが、この動画の中の猫ちゃんのように勇ましく助けに行ったりはできず、まるぴんは、気づいたら元気よく戻ってきてたので、きっと一人で頑張って登ったのでしょう。(シーンが変わった、ともいいますが・・・)

今回の夢は、私の夢にしてはめずらしく、終始穏やかで明るい雰囲気。
私の夢って、深刻だったり、困ってたり、もがいてたり逃げてたり、何かと暗めです。がんばって調教して、昔よりはずいぶんよくなりましたが、昔は、夢といえば悪夢、のほうが多かったなあー。

で、そうそう、私とまるぴんは、おばあちゃんちに着くのです。
本当のおばあちゃんちとは、家までの道のりも間取りも全然違うけど、そこにはおばあちゃんと、おじいちゃんがいて、それからうちのお父さんとお母さんも来ていて、おばあちゃんちなのです。

ただ問題がひとつだけあって、おばあちゃんちには、将という名前の犬がいるのです。本物のしょうくんは、ヨークシャーテリアか何かの小型犬ですが、夢の中ではなぜか、もう少し大きくて、ミニチュアシュナウザーみたいになってました。
(ドラマ「マルモのおきて」に出てきた、犬のムックですねー。なつかしいっ!)

それをいうならまるぴんも、夢の中では、今の大人のまるぴんのサイズではなく、子猫というほどではないけど一回り小さくて、ちょうどまるぴんが6年前に我が家に来たころのサイズになってました。
そりゃあね、主人公(あすかまる)だって、いいお歳のはずなのに、「イメージはドロシーです」、ですからね・・・。そのあたりはね、作者の自由ですわ。

しょうくんとまるぴん、うまくお友達になれるのかしらと、ちょっと心配してたんですが、しょうくんは全然吠えたりせず、まるぴんを受け入れてくれました。まるぴんも、マイペースでリラックス。ああよかった!

で、その後しばらくして夢はおもむろに終わり、ベッドの上で目覚めて、ぼんやりと、「しょうくんだなんて懐かしいなあ・・・」と思いにふける。
おばあちゃんは、しょうくんを溺愛していて、おじいちゃんを差し置いて、相思相愛・一心同体って感じだったんだけど、しょうくんはもう何年も前に亡くなったんです。
そしておばあちゃんも、2014年の終わりに、亡くなりました。

それなのに、なんだかすごく、当たり前みたいな夢だったなあ!

もうすぐお盆ですからね。もちろん、亡くなった人の心は、生まれ育った場所や最後を暮らした家に里帰りするのだろうけど、おばあちゃんは私のことも、ほんの少しは考えてくれたに違いない。
だから来たのに違いない。死んでしまったら、肉体からは解放されて、その意味においては、本当に自由なのだろう。

おばあちゃんとは、特に何もこれという会話もしないまま夢は終わったけど、起きてから考えてるうち、

「うわ、いま、おばあちゃんと、しょうくんと、まるぴんと私が、みんなで会うことができたんだ・・・・」

ということに思い当たり、それ、すごいなあと。すごく、特別なことが起こったんだなあと、思いました。

私、このおばあちゃんからは、かなり多めに遺伝子を引き継いでいるという自覚があります。

そういえばおばあちゃん、昔っから、朝に実家に突然電話がかかってきては、「おい、あすか! おめえ気を付けろよ! おれの夢見が悪かったんだから!」(はい、おばあちゃんは、少々べらんめえ調です)と、まくしたてたものです。
そういう日に何か悪いことが起こったという試しはないので、いつも、「はーい気を付けるよー」と、笑って済ませてたけど。

夢とか気にするほうなのです、おばあちゃんも。夢占い、みたいなことには、そんなに興味はないんだけどね。
脳の中で睡眠中にプロセスされている、起きている間に起こったいろんなことと共に、これまでに亡くなった人たちの想いが混ざり合って私に何かを見せているんだろう、ということは、あり得ると思ってます。特に、お盆みたいな時期には。

muffinandme144958.jpg

こっちがなかなか一時帰国もせずに無精をしているものだから、しびれを切らして、はるばるニューヨークまで来てくれたのでしょう。
それとも、私が飼っている猫がどんなもんか、しょうくんと二人で、確認に来たのかなあ
ニューヨークで猫飼ってるんだよー、って言ったときも、いろいろあって心配してたもんね。「おめえばか、猫なんか飼って!」って。

もしそうだったら、まるで自分たちみたいな私とまるぴんの様子を見て、きっと安心してくれたことでしょう!
おばあちゃん、ありがとね!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事