ベーグルの穴から見えた日記

冬の我が家の事件簿

日本への一時帰国を決定し、どたばたしている今日この頃です。
日本の免許の更新の年だったのです、今年。そういえば。
しかも、気づいたら、もう2年近くも、里帰りしていなかったのですって。自分では、ついこの前帰ったと思ってたのに・・・!

というわけで、覚悟を決めて、帰ることにしたわけです。

先週末は日記を書かずじまいだったのですが、とうとう家の暖房がつくという「事件」がありました。

いや、もちろん暖房がつくのはいいことなんですが、暖房がつけば、こういう不運なことが起こるわけなのです。

2016-10-24224239.jpg

ほわわあああああん・・・・

となっている猫の後ろにある、白い壁が、暖房部分です。猫の顔見たら、一目瞭然ですな。
猫がもー、暖房の前に居ついちゃって、離れない!

暖房がつくまでは、このわたしが、この家でいちばん暖かい物体だったというのに、わたしの、わたしの、暖かい物体としての地位が・・・・・!!

と、白雪姫の継母と見まがうほどに、嫉妬に狂っていたわけです。

2016-10-27231247.jpg

まるぴん「なんか用ですかあ」

こちらも、暖房の前。目がとろけてます。くそう暖房めー! うちの大事な猫を、たぶらかして、ゆるせんっ!!

とはいえ、積年の訓練の賜物で、夜に電気が消えて暗くなると、私の布団にのそのそと入ってくる習慣は、暖房がついた後も、維持されています。そうよねー、やっぱり人肌よね! かわいいやつめ!

そして、今週には、というか今日だったのですが、サマータイムが終わりました。つまり、この日曜は、1日が25時間! いえーい!
1時間多く寝られて、疲れがしっかり取れましたー。得した得したー!

しかし、この事件で不運だったのは、まるぴん。
まるぴんは、特に睡眠不足ということはないので、いつもどおり呑気に過ごしていたのですが、まるぴんの体内時計が、「そろそろゴハンかなー」と思っても、ゴハンの時間が一向にやって来ない・・・・。

とうとう最後には半狂乱でお願いされたので、いつもよりは少し早めに、ゴハンをあげましたが。
サマータイムなどという人間の理屈は、猫ちゃんには知る由もありません・・・。

2016-11-06145056.jpg
(「暖房もいいけど、やっぱ毛布もいいわあ・・・・」のまるぴん)

こんな甘えん坊で食いしん坊で気ままに生きてるまるぴんも、私の今回の一時帰国中には、1週間ちょっとのお留守番期間があります。大事件です。試練です。

前にもいちど、1週間の留守番はやったことがあるんですが、やっぱり心配です。
暖房もあるし、お手伝いの人も来てくれるし、まあしっかりやってくれるだろうとは思うんですが。

ああもう、事件が多くて、本当に困ります!!!
(日ごろの我が家がいかに平和か、ということですね・・・・。)

次の日記は、日本帰国後かもしれません。もしかすると。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事