ベーグルの穴から見えた日記

もうすっかり冬!

3連休の次の、普通の週末は、ことさら短く感じられて。
まあそれでも、いろいろ物事は済ませて、充実した土日でしたー。

日曜の昼間に外に出てみたら、驚いたことに、ニューヨークはすっかり冬! 最高気温が10度を切ってました・・・。お天気はよいのですが、風は冷たい! 道行く人は、ダウンジャケットを着込んでたり、寒そうにポケットに手を入れてたり。

2015-10-17t (234x400)(本日は、何ということもないつまらない日記なので、お詫びといってはなんですが、わりとめずらしい、立ちまるぴんの画像と共にお楽しみくださいー。)
外の気温が下がると、室内では暖房ががんがんとつき始め、それはつまり、猫が私から去って暖房の真ん前で眠るようになることを意味するのです・・・。あーあ!

とはいえ、また数日すると20度ぐらいまで気温が上がったりと、冬一直線というわけでもなさそうですので、まだ期待はしてますよ・・・。

抱っこしても、「もう湯たんぽは不要よ」とばかりに、しばらくするとスタスタと暖房の前に戻っていく冷たいまるぴんですが、朝ゴハンの時間には、まだ私が必要とみえて、「ねーえ、起きないのー?」と、寝ている私のところにちょっかい出しにやってきます。同様に、夜ゴハンの前も、やけにかわいく甘えてきます。

缶詰の開け方だけは、絶対覚えさせないようにしなくては!!

画像の長さにも負けない記事の長さになりましたので、今日はこの辺で。また1週間がんばろー! 目標は、打倒・暖房! まるぴん奪還! 

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

たまには私だって!

日本は体育の日で月曜が祝日だったとお見受けしますが、なんとここアメリカも、祝日だったのです! 体育の日ではありませんよ、もちろん! コロンバスデーという日です。いえい、3! 連! 休! 3連休!!

いつも週末は室内にこもって終わりがちな私も、3日も休みがあるなら、1日ぐらいは出かけたっていいかも、と思うわけです。
しかも、せっかくなら、久しぶりにマンハッタンに出かけておしゃれなブランチかなんか食べちゃったりして・・・・きゃー!

というわけで、土日でいろんなことを済ませて、いざ月曜のプランを立てようとしたのです、が・・・

ブランチって、普通、週末の昼間のみの営業なのです!
私の中では、3連休=週末が3日間、という気分だったのだけど、実のところアメリカの祝日って、よっぽど大きなもの以外は、祝日ごとに、休むか休まないか会社や団体によりルールがいろいろ異なります。コロンバスデーはそこまで大きな祝日ではないので、レストランは平日とみなしている可能性も高い・・・・

そこで、毎日ブランチメニューを出していることが確実なレストランに狙いを絞ったのだけど、これが案外少ない!
いくつかのお店は、平日はランチ営業の前にブランチの時間を設定してくれているのだけど、そうなると11時半とかに、マンハッタンにいないといけないわけで・・・。3連休の3日目に早起きは不可能なので、これは即却下。

このような難関をくぐり抜けて、やっとこさ、これは!というお店を見つけたのですー!

2015-10-12135802.jpg

この写真は、一口かじった後のフレンチトーストなんですが、普通とちょっと違うのは、揚げてあるのか、周りがさくっとしてるのです!!! それでいて、中はふわふわに仕上がってて・・・。

小さなお店だけど、雰囲気もなかなかよくって、とーーーっても気に入りました!
週末じゃなくても、朝早くなくても、私たちにブランチを提供してくれるこのお店、何度も通って、いろいろなメニューを試さないといけません!

さて、つかみは完璧、今日はとことん、おしゃれに行っちゃいますわよー! 空中公園、ハイラインへ移動!

2015-10-12161711.jpg

前々回の日記で、「たまにはハイラインみたいなおしゃれな場所もレポートしたいわあ」とぼやいたら、夢が叶いました・・・!

2015-10-12154424.jpg

使われていなかった鉄道高架をハイソな公園に仕立て上げ、いまやニューヨークの超人気観光スポットとなったハイライン。

2015-10-12154703.jpg

基本的には、上から下まで、あるいは下から上まで、長ーい長い一本道を、ぞろぞろ歩くだけなんですが、広いところあれば狭いところあり、そして、あちこちにステキな休憩所があったり、季節の花が咲き乱れていたり、芸術作品が飾ってあったり、アクティビティがあったりと、歩いてて全然飽きません。

2015-10-12161429.jpg

道の脇に、お水が流れてるのはいいんだけど、ベンチがその中にあるって?! こういう遊び心をくすぐる仕掛けが、あちこちにあるのです。

ハイラインは南側から数段階に分けて開通していったので、前回私が歩いた時にはまだ開通前で、ずーっと歩いてみたかった未知の最北エリアにも、初めて行くことができました!

2015-10-12152428.jpg

ジャビッツセンターの脇へと抜ける最北エリアは、マンハッタンの玄関口・ペンステーション駅の車庫に長距離電車が連なって休んでいるのを上から見たり、工事中のビルのすぐ横を歩く、おしゃれな南側とはまた違った硬派な面白さ。
このあたりも、すごい勢いで再開発が進んで、既に超高級マンションが立ちまくっています・・・。歩くたびに、マンハッタンの外れのこのエリアが急変していく様子が、手に取るようにわかるんじゃないかなあ?

ハイラインでは、こんな面白いこともやってましたー。

2015-10-12152113.jpg

白いレゴブロックを使ってアーティストが作った立派な作品群があるんですが、その下には、ちびっ子たちがわらわらと・・・。ちびっ子たちは、レゴを自分たちで組み立てて作品群に加えたり、変えていったりできるのです!
楽しい! なんてすばらしい! 私もやりたかった!(ちびっ子じゃなくても参加してOKなのかもしれませんが、大人はみんな周りを囲んでるだけで、参加してなかったので・・・)

結局、全エリアを歩いて、かなりよい運動になりました。20ブロック以上に渡っている上、斜めに蛇行してるので距離はさらにそれ以上ありますからね!

楽しくっておいしくって(ここまではいつもどおり)、そして、おっしゃれー(←ここ、大きく読んでくださいっ!)な、マンハッタンでの1日!! あー、次の3連休はいつかしら・・・? またマンハッタンに行くのが、あたし待ちきれないわ!!
(って、明日からまた、マンハッタンにある会社に毎日通うわけなんですけどねー・・・)

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

教訓:浮気は厳禁!

ある日、スーパーマーケットで見つけて、衝動買いしたポテトチップス。

いや、スーパーマーケットでポテチを買うのは、極めて日常的な風景なんですが、めずらしかったのは、フレーバー!

2015-10-04152721.jpg

「南部のビスケット&グレービー」味!!!
んんんーーー、ニューオーリンズに旅してビスケットを食べまくったあの日(あれはもう2007年のことかあ・・・!)を思い起こさせる、なんともそそる、この名前!

で、それを今日、家事を済ませた日曜の昼下がりのささやかなご褒美として、とうとう開けてみたのです!!

が・・・

なんだかどうも、ぼんやりしてる。
まあ確かに、冷静になってビスケットとグレイビーの組み合わせの「味」について考えてみるならば、取り立てて目立ったものはないのであった・・・。そういえば、ビスケットのもこもこ感が、ポテチのお味に出ているような気はする・・・。

どうもぱっとしない気分を残して、ポテチの袋は空になったのでした。

いや、普通には、おいしかったんだけどね。
しかし、私の中で王道のフレーバーである、ハニーBBQや、実はそれと甲乙つけがたいぐらい大好きな、ソルト&ビネガー、サワークリーム&オニオンを食すことによって私の体の中で湧き上がるあの興奮には、遠く遠く及ばないのでした。

この「南部のビスケット&グレービー」味は、Lay'sというポテトチップスの大手メーカーが、今、一般の皆さまが考案したフレーバーの人気投票企画「Do Us A Flavor」を実施中で、その最終選考に残った4つのうちの1つらしい。

会社のランチ休みに、ポテチのフレーバーをクリエイトするなら何にするかという話をしている時、日本人チームが「韓国焼肉味、とかキムチビーフっていうのはいけるかもね!」と言っていたら、アメリカ人はなんじゃそりゃという顔。
彼の弁によると、アメリカ人にとっては、ポテチのフレーバー名にお肉をつけるのは、相当異様に感じられるんだそう。

ええーそんなわけない! と思ったけど、考えてみれば確かに、ポテチの味としてのBBQはつまりBBQソースのことだし、ほかにも調味料(お酢や塩)、ディップ(サワークリーム)みたいなものしか、アメリカにはないかもしれない・・・。
つまり、アメリカで焼肉味ポテチを売り出したかったら、「キムチと焼肉のタレ」味とかなんとか、しないといけないのね・・・。

彼の感覚では、お肉がサンドイッチになったものの名前にしてくれれば、まだ納得がいくとのこと。うむ、しかし焼肉をサンドイッチにするわけにはいかないから、ならば、「焼肉をたっぷりくるんだサンチュ」味とか・・・・?

ま、私の焼き肉味ポテチ米国発売の妄想はともかくとして。
今回Lay'sの企画でも、4つ中2つのフレーバーが、肉をがっつり挟んだサンドイッチをテーマにしていますが、これは相当、新しい挑戦だということになりますね。

お芋とお肉ってすっごく合うのはアメリカの人も良く分かってるはずなのに、なぜ肉の味ではダメなのか、解せないわ…、と思っていたんですが、ふと気が付いた。

これはきっと、あれだわ。
アメリカのスーパーマーケットで、インスタントラーメン売り場で、馴染みのある「Maruchan」ブランドのラーメンを見た時に、その主なフレーバーが、ビーフ、チキン、シーフードとかいう、冗談としか思えないフレーバーを見た時の日本人の戸惑い。

「ラーメンの味っつったら、醤油とか味噌とか塩とか豚骨とか、そーいうんでしょーーーーーがあああーーーーーーー!!!」

っていう気分と、全く構図が同じなのね、きっと!

マッシュルーム味とかー、シュリンプ味とかー、それはあなた、自分で具を入れるからその味がするんであってー、うだうだうだ・・・・。(Maruchanのインスタントラーメンのすべてのフレーバーはこちらで御覧下さい。)

しかし、アメリカ人に、「なんで悪いの?」と聞かれたら、「えっ、でも、そーいうもんだし!」としか言えないもんね。

それに最近のニューヨーク市内では、すっかり日本のラーメンが流行っているので、ちょっとグルメな人なら、「ラーメンはやっぱりTonkotsuだよね!」とか言うかもしれませんがね!

はあー、久しぶりに食べ物について熱く語った気がしますが、日記のカテゴリ分けに、「ポテトチップス」というカテゴリがないことに気づいて驚いた。今まで何度となく、ポテトの話を書いたはずなのに、どうしてたのかしら、私・・・。

この無意味なカテゴリ分けも、その無意味さが面白くもあり、ついそのままでやってしまっています。
今回の記事はひとまず、「その他おいしいごはん」に入れてみましたが、別にポテチをごはんにしてるわけじゃないですからね!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事