ベーグルの穴から見えた日記

いろいろなおいしかったものの報告

2週間ぶりの登場です~。

2014-09-19132309a.jpg

先週は、金・土・日とシラキュースで楽しみまくって、帰った次の日から5日間仕事だったものですから(いやまあ、当たり前なんですけど)、毎晩9時半や10時には就寝して、なんとかやり抜きました・・・!

はあー、週末! うれしいな!
あ、ちなみに上の写真は、シラキュースに向かう車窓から。この写真じゃ分かりませんが、紅葉もほんの少し始まってました。

シラキュースで食べた、おいしいもの。

宿泊したホテルの目の前が、たまたまゴハンがおいしいアイリッシュパブとして、テレビで紹介された場所だったのです。

Diners, Drive-Ins and Divesという、Guy Fieriというファンキーな兄ちゃん(とはいえ、オーディション番組で勝ち抜いてFood Networkのシェフに仲間入りした、ちゃんとしたシェフです)が軽妙な語り口と豪快な食べっぷりで、全米のおいしいダイナーやその他軽食処を紹介していくという番組。
この番組、好きー! 我が家のテレビがまだ生きてて、Food Networkを見られた時代は、よく見てました。(注:一時期、契約してないのにケーブルテレビが映ったことがあったのです。今はもう、我が家のテレビはDVD観賞用でーす。)

地元シラキュースの人に、高くなくてオススメの夕食処を聞いたらここを教えてくれたのです。
それはもう、行かねばなるまい!

同じニューヨーク州内といっても、カナダとの国境の湖近くまで北上してるものだから寒さを心配していたけど、幸いなことにお天気のよい週末。パブの中は飲んでる人でいっぱいだったので、外の席に通してもらう。
メニューには、テレビで紹介された品々に、しっかりマークがつけられている。そうなのよ、それが知りたいのよ!

そして、オーダーしたのがこれでした。

2014-09-19183015a.jpg

Food Networkマークがつけられていた奥の揚げものを、アペタイザーとしてふたりでシェア。
私が頼んだのは、右のケサディーヤ。ケサディーヤはメキシコの料理なんだけど、メニューに「確かにケサディーヤはアイリッシュフードじゃないけど、アイリッシュ風解釈を加えたうちのケサディーヤはきっとお気に召すはずです!」と自信たっぷりに書いてあったので、ついこれにした。手前は、お友達の選んだ、豪華なサラダ。

うん、どれもこれも、本当においしかった!
でもやっぱり、中でもいちばん、目玉が飛び出るほどにおいしかったのが、このアペタイザー!!!

これは、Reuven Fritters "Irish Cannonballs"という名前がついてる。
ルーベンサンドイッチって、コンビーフとザワークラウトとチーズなどが入ったホットサンドなんだけど、つまりそのコンビーフやその他もろもろを、丸めて揚げちまったったのがこの一品。

(お店のHPに行ったら、このお店が番組で紹介された時の8分の動画が載っていて、作り方やら何やら全部教えてくれてます~。興味ある方はぜひぜひ! おもしろいよ!)

で、こちらは、ひとくちかじった後の、断面拡大図ね。
ディップしたので、丸い頭がテカテカと、テカってます。

2014-09-19183150a.jpg

このハニーマスタードのディップがまた、おいしいのよ・・・!

このお店を教えてもらえて、本当によかった・・・!
シラキュースに行ってここに行かずに帰って来て、後からこの番組のことを知ったりしたら、壁に頭打ちつけて死にたくなるところだったよー!!

というわけで、ただでさえ充実しまくりだった週末に、この現地・激ウマごはんは、さらなる彩りとなったのでした~。

ところ変わって、別の日のニューヨーク市。ひさびさの牛角に行ってきました~!

牛角の話をするたびにしつこく説明しておりますが、アメリカの牛角は、安くてうまい焼き肉屋さんではありません。大戸屋だって、一風堂だって、こっちに来たら、みんな高級レストラン。そしてちゃんと人気があるのですから、貧乏な日本人をターゲットから外すという彼らの海外戦略は奏功しているのです・・・。けっ。

とはいえ牛角も、夕方早い時間ならいろいろ安く注文できるハッピーアワーをやってることを知った上、ひょんなことからクーポン券をゲットして、さらにちょーどお祝いごとがあったりしたものですから、これはもー、行くっきゃない!ということになったのです。

2014-09-17180118a.jpg

これがまた! どれもこれも、おいしかったの! やるじゃん牛角!!
日本の焼き肉、というか焼き肉自体も、ここのところずーっと食べる機会がなく、ずいぶん久しぶりだった気がする。
こんなにおいしいお肉を食べちゃって、安い焼き肉に戻れるかしら・・・(たぶん戻れるけど。)

幸せな気分で食べまくって、よいお祝いでした!

あ、それでいきなり最後のおいしいものは、猫のおいしいものの話なんですけど。

いろいろありまして、金曜の夜に、ドライフードが完全に底をついてしまったのです。
我が家の猫は、朝と夜の2回缶詰ゴハンをもらい、それ以外の時は、好きな時に食べられるよう、ドライフードを置いてある。ごはんとごはんの合間は、小腹がすいたら自分のペースで、かりっぽりっとドライフードをつまむわけです。

それがなくなっちゃった。
緊急ならばドラッグストアで違うブランドのものを買ってもよいが、まあ缶詰はあるから普通に食べさせてるわけだし、いきなり餓死するわけでもなく、土曜の朝にペット用品店が開いたら買いに行こうと思って、ひと晩やり過ごしたんだけど、いやーなんだか落ち着かなかった! 人間が!
猫のほうは、多分、「あれ、カリカリがない?」ぐらいは思ったにしても、あまり気にしてる様子はなかったんだけど、夜中にカリポリしたい時にドライフードがなくてかなしむかしらとか、夜食を食べない分朝ご飯を早めに欲しがるかしらとか、考えたらなんだかそわそわしちゃった。

結局、朝はいつもどおりの時間に猫と人間が起きて朝ご飯の缶詰をあげて、その後開店を待って猫のドライフードをゲット、ついでに人間のご褒美もいろいろゲットし、一件落着となりました。

のんきなまるぴんは、私よりもよっぽど、変化への柔軟性があるのかもしれません。それか、単に私がまるぴんを溺愛しすぎ?

まあともかくそんなわけで、ここ最近のおいしいもののご紹介でした!
また1週間の始まり・・・!
ここから冬にかけては、またいろいろ忙しくなります。しっかり前を見て、1週間ずつ、しっかりこなしていかないと!

それではまた来週~。よい1週間を!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

芸術の秋してみた

いやーー、ほんとこの1週間は、びっくりするほど寒かった!! 前回の日記に、暑いと書いてから1週間。夏はやっぱり終わっていました。

家の中に素足でいると寒さで足がしびれてくるし、昼間に外に出てもなんだかうすら寒い。

2014-09-13160629a.jpg

さすがに、冬が来たというにはあまりにも秋ですが、突然の変化に身体と心が追いついていないせいか、きゅっと寒い空気に触れた瞬間は、冬の始まりと似てるかんじ。

土曜日は、あいにくの小雨まじりの肌寒い1日でしたが、MoMAにトゥールーズ・ロートレック展を見に行って来ました~。
ロートレックのポスターや印刷物から、ロートレックと、ロートレックのいた当時のパリの姿を見るというもの。
MoMAのHPの説明によると、MoMAにおいて、ロートレックだけを集めた展示が行われるのは、過去30年で初めてのことだとか! 
MoMAに行ったのは、ずいぶん久しぶりだったけど、行ってよかった!

ロートレックもよかったし、常設の絵もよかったし、他の企画展もよかった!

2014-09-13152422a.jpg 2014-09-13152431a.jpg

・・・雑な感想ですみません。写真も大してないのに、ちんたら語ってもしょうがないのでね。

それでも、数少ない写真は、私の気分をしっかりと映したものになってるところがおもしろく。

いちばん上の写真は、ポール・ゴーギャン「Still Life with Three Puppies(三匹の子犬のいる静物)」。
ゴーギャンの作品で、こんな白いの、見たことあったかしら?! なんてかわいい!!

今日の日記の書き出しに偶然にもぴったりのイメージだったので、飾ってみたのです。

そしてブランコの模型と、その本物の写真は、「Conceptions of Space(スペースの概念)」という企画展より。
この企画展も、すごく面白かった! コンテンポラリーの建築家の人たちの作品を紹介するもの。

このブランコ、いいね。乗ったら、どんな気分がするんだろう? 空に飛んで行けそうで、気分がすっとするかなあ、下がスケスケでぞっとするかなあ・・・。ぜひいちど、乗ってみたいものです。

MoMAには、コンテンポラリー・アートの人の作品もたくさん展示されているんだけど、私の全体的な好みとしては、どーもピンとこないものが多いのです。
MoMAに飾られてるぐらいだから、多分すごい方たちなので、それにケチをつける気はないのだけど・・・。

でも、コンテンポラリー建築って、バカバカしいものも含めて、かなり好き。
それって、あくまでも実用的なものであるべき建築であるという限界の中で、バランスを取ってやってかないといけないという、そこに私は魅力を感じてる気がする。

自分が表現する側になる時も、自由すぎるとダメなんです私。制約があるがために解放できる、あの感じ。

そして、おいし~いパスタ3種盛りを食べて(暗いお店で写真がないので詳細割愛)、家に戻って、ロートレックが生きていた時代のパリに思いを馳せる。
ああー、なんかパリに行きたくなるなあー!

私がパリに行ったのは2回で、両方とも冬だった。
パリあるいはヨーロッパを知る人からは、「絶対夏に行ったほうがいいよー!」と必ず言われるけど、私の中では、すっかりパリは冬のイメージで定着していて、そしてすごくよかったのだ。
夏に行ったら、むしろステキすぎて、夢の国みたいで、ここまで惹かれなかったかもしれないよ? 冬のパリは、寒くて、暗くて、ひとりぼっちだったし、だからこそ、熱い瞬間とか、明るい瞬間とか、あといろんな人と接した時のこととかが、リアルに心に残ってるのかもしれない。

ただ単に、夏がキライだからそう思うだけかもしれないけどね。

「パリに、行かれるんですか・・・?」


muffin0a.jpg

ぎゃあああああーーーーーーーー!!

と思ったら、これはまるぴんです。
人間がWholeFoodsに出かけた時の定番のおみやげ(=紙袋)でひとしきり遊んであげたら、小さな穴から無理やり顔を出そうとして、若干、変顔になっております・・・。

おいしいものもいっぱい食べて、美術館で刺激を受けて、猫ともしっかり戯れて、今週もよい週末となりました。

ところで来週末は、ちょっとニューヨーク州のど真ん中らへんにある、シラキュースまで出かけてきます。
シラキュースって実は結構、五大湖のすぐ脇です。(オンタリオ湖。)そして、ナイアガラの滝へも、100マイル(160キロ)ですって。
こりゃあ、ニューヨーク市どころじゃなく、寒いね・・・。天気予報をしっかり見て、暖かくして出かけてきます。
そういうわけで、来週は多分日記書きませんのでね!(業務連絡~)

それでは皆様、また1週間か2週間、がんばりましょー!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

ニューヨーク夏終了宣言(非公式)

いやー、この1週間は、月曜から土曜まで、毎日ほんとに暑かった!!!
・・・って、30度をちょっと超えたぐらいなわけですが、夏の間じゅう、涼しくて涼しくてすっかり甘やかされて、そして夏が終わったと思った途端の連日30度超えだったので、暑さに弱い私は、本当しんどかったです。
会社(冷房きいてる)から家に帰ってきたら、もう暑さのあまり、身体も思考も停止して、何もできない日さえありました・・・。まあね、冷房つければいいんだけど、でも巷では夏が終わったって話なのに、今年初めての冷房をつけるって・・・と、その日はもう、ただ耐えて、そして起きてても何もできないので、無駄に早寝しました。

この調子だと、日本の夏は、ほんとにちょっと絶対無理です私。とろけてなくなっちゃうよー!

土曜日は、NYの空にじっとりと溜め込まれていた水気を、雨嵐でモーレツに吐き出して、そして日曜の今日は、涼しくて過ごしやすい気候に。ほっ。
この先1週間の週間天気予報を見ると、来週は最高気温25~26度で推移。
どうやらNYの2013年・夏は、この1週間で気が晴れて、成仏してくれたようですね・・・。

まあ、あまのじゃくなNY、10月とか11月になって、突然暑さがぶり返してきたりすることもあります。いつまで経っても気は抜けません・・・。
さらに、来たる冬は、どうやら昨冬を上回る威力の、大変な冬になりそうという長期予測が出ています・・・。
去年の、あの暴力的な冬を上回るとは・・・。今から恐ろしいです。

しかしながら、まだ来ない冬のことを思って震えていても仕方ないので、既に起こったことを書きます。

2013年の夏の最後の日となった土曜日。(あくまでも私の希望的予測によるものですが・・・)

雷も鳴って雨がバケツひっくり返したみたいに降りまくる嵐の時が午後と夜に2回あったのですが、その嵐と嵐の合間に、うまいことお散歩に出かけることに成功!
お散歩のハイライトは、ここでした~。

2014-09-06203732a.jpg

クレープ!!!
家のわりと近くに、Japanese Style Crapeのお店があって、それを初めて試してみたのです!
日本風ってことは、あの原宿のクレープみたいなかんじなのね?!

小さな小さなこのお店は、若い女の人が2人だけで切り盛りしてる様子。
それはいいんだけど、なんとなんと、注文してからクレープ食べるまでに、30分も待ったのでした・・・。席も空いてなかったから、30分立ちっぱなし!

クレープって、さささっと焼きあがるもんだと思ってたんだけど?! 焼いたり作ったりする様子は、仕切りの向こうで見えないので、一体何がどうなってるのか見えないところが、さらに気になる・・・!!
私たちの前に、5クレープの注文が入っていたので、まあ運も悪かったんだけど、それにしても、レジ打ちのお姉さんも裏に引っ込んで、ふたりでせっせと働いてるのに、クレープが一向に出てこない不思議・・・!

で、やっと出てきたのが、こちら。
私たちが頼んだのは、2種類。

これは、温かいクレープに、イチゴとバナナとヌテラ。

2014-09-06210550a.jpg

この写真では分からないけど、どの具も十分すぎるぐらいたくさん入ってる!

もうひとつは、冷たいクレープ(といっても冷え冷えなわけではなく、生クリームを中に入れますということらしい)の、あずき抹茶。甘さ控えめの抹茶生クリームと、あずき。

2014-09-06210542a.jpg

どちらも見た目はアレですが、なかなかどうして、おいしかった!!!
本場・原宿のクレープなんて20年ぐらい食べてないから、どんなかんじか忘れちゃったけど、わりとがんばってるように思いました! お値段も、原宿ぐらいです。たぶん。

待ってるお客さんが多そうな時は避けることにして、またぜひ来てみます!

で、クレープで小腹を満たしておうちに帰ったら、家のメインの壁時計が、7時過ぎで止まってしまっていた。
「あれー、今、7時半なのに、時計が7時で止まってる!」と思って、電池を変えるために時計を外して、それから数時間が経過して、ふとiPadの時計を見たら、夜9時ぐらいのはずが、11時になっていて、混乱!!!

総合するに、どうやら、
「あれー、今、7時半なのに、時計が7時で止まってる!」
と思った時、実は9時半だったらしい・・・。なんで7時半と思ったんだろう・・・。
しかも、7時半にしては外が真っ暗だったから、「ほんの数日前までは、7時半はまだぴかぴかに明るかったのに、最近はすっかり日が落ちるのが早くなったんだなあ・・・」と感慨にふけっていたのですが、あれもカンチガイね。ていうか、そんなに急速に、日が落ちるのが早くなるわけないね。なんで気付かなかったのか・・・。

なんだか突然、2時間かっさらわれたような気分になりました・・・。散歩と、クレープの待ち時間が長すぎたのね。
急いで夜ゴハン食べて、寝ました。日曜じゃなくて土曜だったからまだよかったわ。

さて最後に、今週のまるぴん。

2014-09-06230606a.jpg

扇風機にあたっている、タヌキのようなまるぴん。
風の直撃はあんまり好きじゃないけど、風の通り道からちょっと離れたところで涼むのは良いようです。

毛皮族には厳しい蒸し暑さで、まるぴんは1週間にわたり、概ね、伸びに伸びまくっていました。
猫は暑いと、手足を投げ出してぐったり伸びます。

でも、これは、暑さで伸びてるのとはまた違うかんじ。


2014-09-06224503a.jpg

白い腹毛を惜しげもなく出して・・・股をおっぴろげて・・・。んもう、女の子でしょ!
これは・・・なんなんでしょうね? 安心してるんでしょうかね? この開脚状態で、すやすやとお眠りになるところがまたすごい。

しかしながら、とにかくかわいいので、飼い主はああいう姿を見るたびに、パパラッチに変身してしまいます。

私とまるぴんの嫌いな夏も、無事に過ぎていきました。(繰り返しますが希望的観測です。)
これからは、食べ物の一層おいしい季節ですね!! わーい! またクレープ食べに行こうっと!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

夏が終わって夏が来る?

はやいもので、もう9月です。
今は月曜日の午後です。会社をクビになったわけではありません。

9月の最初の月曜日は、レイバーデイで祝日なのです! 3連休!!

アメリカでは基本的に、レイバーデイの後から学校がスタートします。(州によっていろいろで、もう少し早く始まってるところも多いようですが。)海水浴も、レイバーデイまででおしまい。
つまり、レイバーデイとは、夏の終わりを意味する日でもあるのです。

そんなレイバーデイ・ウイークエンドのニューヨーク。
なんと、30度超えの蒸し暑い日が続いております・・・。
この土曜日から、この夏初めての蝉の声も聞き始めました。

夏の終わりの日に、突然夏を始めてみるなんて、さすがニューヨーク、相変わらずクレイジーです・・・。
まあそもそも、30度を超えたぐらいで暑い暑いと騒いでいたら、それこそ日本の皆様にひっぱたかれそうですが!

あまりアテにならないアメリカの天気予報によりますと、この暑さは1週間ほど続くようです。今のところの予報では。
今はただ、ニューヨークの夏さまに、その1週間でご満足いただけて、速やかに去っていただけることを願うばかりです。

そんなわけで、我が家のお夜食もこんなかんじ~。

2014-08-31a.jpg

スイカです~。やっぱりスイカは、夏らしい日に食べるのがよいです!
あと、飲んだ後ね。

そして最後に、3連休中のまるぴん。

2014-09-01171704a.jpg

まるぴんも、こんなにだらだらとして、どうやら連休を満喫できたようですね。

・・・えっ、猫が寝てるのはいつものことだ、ですって?!
いいんです、猫は寝るのが仕事。いつもこうやって私を助けてくれているのです。
私の隣で寝てるもふもふに顔をうずめるたびに、どれだけリフレッシュできることか!
猫が寝てるからこそ、もふもふで酸素補給ができるのです!(まるぴんの場合は大部分の猫と異なり、起きてても、もふもふさせてくれるんだけど。)

なんてしあわせなの、私! そして、なんて働き者のまるぴん!

いろいろとばたばたしていた8月のことも、ひとまず片付いた格好ですが、秋は秋で、またやること満載でもあり。
今年も残すところ4か月。ここからは猛烈ダッシュで駆け抜けてしまいそうです!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事