ベーグルの穴から見えた日記

野生のものたち

またしても日曜がやってまいりました。
楽しい週末が終わりつつあり、また新しい1週間が始まる、ちょっとおセンチな日曜の夜。すなわち、わたしの日記執筆の時間です。

今年のニューヨークの夏は、「これまでのところは、」涼しくて過ごしやすい日が続いています。

(かぎかっこでくくったのは、この後ニューヨークが暑くならないためのおまじない。調子に乗って、「今年の夏は涼しいなあ~」などと言いきってしまうと、すぐさま暑くなるというのが、人生というものです。)

あんまりこれといって報告することもないですが、猫も人間も、みんな元気です。
(と言いながら、何か面白いネタがないかしら・・・と、今週撮った写真をチェック・・・・・)

あ、いいのあった!!!

2014-07-17191215a.jpg

これこれ!!
見えますか?

言わないと分からないかも・・・。
野ウサギがいるんです! しかも、2匹!!

趣味の歌のリハーサルで、毎週ロングアイランドの真ん中へんまで通っています。
かの有名なマンハッタンは、ああ見えて(?)小さな小さな島なわけですが、そこから私の住むクイーンズに渡ると、実はクイーンズも、島の一部なのです。マンハッタン島よりはずっと大きいけど、全米の地図を見たら、大陸からサインペンで線をギュッと書いただけぐらいに見える、それがロングアイランド。ロングな島。
(ちなみにその時、マンハッタン島はその地図上で、見えてもいません!)

ロングアイランドや、それ以外のニューヨーク州、そしてニュージャージー州だってそうですが、マンハッタンやその周辺の大都市エリアから一歩奥に入ると、驚いちゃうくらい田舎の町ってかんじなのです。
そして、そっちの姿が、本当のアメリカというものなのだそうです。どうやら。ニューヨークは、ニューヨークであってアメリカではない、とはよく言われるセリフ。

それはいいんですが、野ウサギ! この写真は、リハーサル場所(教会)の駐車場わきの、ちょっとした芝生スペース。この金網の向こうは、これまたどでかい駐車場と、ショッピングモール。あとは民家。

そこにこんな、ウサギがぴょんぴょんと跳ねまわってるなんて!!
ちなみに、西日がきれいにさしていますが、時間は夜7時すぎ。

カメラを向けた私の存在に危険を感じてぴょこぴょこ遠ざかるウサギたちを、脅かしすぎないように追っかけているさまを、友達が見て笑ってた。ここに住む人にとっては、ちっともめずらしくないらしい。

いや私だって、野ウサギを見るのは初めてじゃないけど、自分の生活圏内に、野良猫みたいに野良ウサギがぴょこぴょこしている様子は、まだまだ見慣れていなくて、ついウキウキしちゃいます。

そういえばつい数週間前には、車でニューヨーク郊外のとあるハイウェイを乗っていたのです。(私は助手席です。)
それはロングアイランドではなく、アメリカ大陸とつながっているほうの、ニューヨーク州。マンハッタンから一歩抜けると、緑ばっかりになるのは、同じこと。

そしたら、道路と道路の間の、木など植えてある分離帯のところに、鹿がすっくと立ってたものだから、びっくり!

「鹿の横断に注意」の看板はよく見るし、「車で鹿をひいちゃった!」という話もよく聞くのですが、実際に鹿を見たのは、あれが多分初めて。何しろこちらが車だったので、びゅーんと写真撮る間もなく通り過ぎただけですが、真っ昼間だったので、かわいい鹿の姿はしっかり見ることができました。多分まだ若い鹿。

あちこち行く機会があると、また新しい体験ができておもしろいです。

まあ、野良の動物でいうなら、私の住むクイーンズだって、野良猫やラクーン(ラクーンについては、我が家の目の前で起こったラクーン事件もご参照ください)がいますがね! 後から友達に聞いたところでは、ブルックリンでは、ポッサムという、細長いキツネみたいな顔をした野生動物も出るんだとか。

やっぱりある程度は、自然が残ってるほうがいいな。この地球で暮らしてるのは、人間さまだけじゃないんだ、というのを知ることができる、よいチャンスです。

さて、なぜか動物の話で盛り上がった今回の日記ですが、来たる1週間は、楽しい用事で毎日忙しくなります。その田舎であるロングアイランドに5日間で3日通うという・・・!
今日はもう早く寝ようっと!(実は、夕方に疲れて1時間半ほどの昼寝あるいは夕寝をし、さっき目覚めて、夜ゴハンを食べ終えたとこなんですが・・・!)

おやすみなさーい!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

キャットタワー。的な何か。

ここ数週間、忙しすぎて週末皆無に等しい週があったかと思うと、連休だったりと、リズムがはちゃめちゃでしたが、久しぶりの、5日働いて2日休む、という、きっちりした1週間を過ごしました。
週末は、思い切りだらだら~。夜更かしして、二度寝して、猫とた~っぷり遊んで、家も少しはきれいにして、図書館で借りたDVDは見られなかったから延長して、おいしいものを楽しく食べて。

うん、よい週末でした。

今日は我が家の、

キャットタワー。的な何か。

をご紹介いたします。

前に何回か、我が家で「まるぴんの高層マンション」と呼ばれている、サイドテーブルの上に横向きに置かれた段ボールの中でくつろぐまるぴんをお見せしたかもしれませんが、今置いてある段ボールは、まるぴんの安らぎの場所であると同時に、運動の場所でもあるのです!

2014-07-13a1.jpg

ぴょこ。

これ。
この穴がポイントなのです。

2014-07-13a2.jpg

まるぴん、くねりんっと立ちあがって、

2014-07-13a3.jpg

前脚をかけたら、

2014-07-13a4.jpg

じたばたしながら、片方の後ろ脚をなんとか乗せて、

2014-07-13a5.jpg

えいっと上る。

で、下りるときは、

2014-07-12a6.jpg

頭から、

2014-07-12a7.jpg

ずべっと。

2014-07-12a8.jpg

そのまま、まどろむ。
かと思えば、

2014-07-12a9.jpg

穴の向こうに幻でも見たのか、びしっと手を出してみたり、

2014-07-12a10.jpg

緑の目を光らせて、無造作な感じで結びつけてあるヒモを、がじがじしてみたり。

まるぴんの、超お気に入りの場所です。えへん!
って、なんでいばってるかというと、もちろん私が作ってあげたからですっ!

中の仕切りは元々あったものですが、そこに丸い穴をあけて、まるぴんの身体が傷つかないように、テープで縁取りもして。

前にも既に、エンパナーダやアップルパイについて延々と書いた挙句に、最後のおまけでちょこっとこの箱とまるぴんの様子を載せたことがありました
その日記の日付が2013年11月だから、もう半年以上も、愛用されているのです、このキャットタワー。的な何か。は!

キャットタワーは買えないけれど、大事なことは、ひらめきさ!
わたし、クリエイティビティで、この人生を乗り切ってみせるわ!

まるぴんにしてみりゃ~いい迷惑といったところですが、まるぴんは気のいい猫ですし、これが案外しあわせみたいで、自分が変な飼い主と巡り合ってしまったことには、多分まだ気づいていないみたいです・・・!

かわいいまるぴんと一緒の時を過ごせることに感謝。

それでは皆様、また1週間がんばりましょー!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

大きなものと小さなもの

金曜のアメリカ、独立記念日の祝日でした。3連休! いえーい!
その前の週末にいろいろ予定がみっちり詰まっていて、前週から休みなしで今週に突入していたもので、この3連休は、ほんとにうれしい、待ちに待ったお休みなのでした!

独立記念日は、バーベキューなどして過ごす人も多いですが、我が家は、昼寝をして過ごしました。嗚呼! なんてゼイタク!
独立記念日の夜には花火があがるのですが、今年は雨が降るかもという予報も出ていたので、特に見に行ったりはせず、おとなしく家でだらだらごろごろ。

そして、天気が安定した土曜日の今日に、満を持してバーベキューに、行ってまいります!! 完璧、完璧だわ、この3連休の計画!

近頃のニューヨーク、かなりムシムシして寝苦しい夜もありつつ、そうかと思うと豪雨が来て、すーっと気温が下がって、ノースリーブ&布団なしで眠るのはキケンな状態になったりしています。
猫はさすが、よく分かっていていて、その都度その都度、快適空間を見つけては、落ち着いています。

我が家の猫まるぴんの、最新のおもちゃ。

2014-06-25221444a.jpg

扇風機が活躍する季節になってきたので、ふと思いついて、扇風機にリボンつけてあげたら、大喜び! まるぴんは、本当にお金のかからない良い子です。

数日前に、コーラスの練習のためにあるお友達の家に行ったのです。すごく若々しいけど、実は最近ひ孫も誕生したという方。
旦那さまと、おりこうな犬との2人+1匹暮らしなので、超巨大な家というわけではないんだけど、んまー、なんとまあ、いや、あれは巨大です十分に。都会のアパート暮らしの私には。

じろじろ家を見回して、「まるぴんがここに住んでたら、あんなところに飛び乗ったり、あっちを歩いたりして、さぞや楽しいだろうなー」とか、「お庭があったら、まるぴんを外に出してあげられるのにな!」とか、いろいろ考えをめぐらせていたわけです。
それにひきかえ、まるぴんの世界の狭いこと・・・。まるぴんの散歩風景といったら、こんなかんじです。

2014-06-28065450a.jpg

すっかり朝晩の日課となっている、踊り場の散歩。
もうずいぶん長らく続けているのに、未だに少々、おっかなびっくりです。

それに、急にエレベーターから人が出て来たり、他のおうちから犬が出てきたりと、案外アドベンチャーなのです。
(人や犬を見るやいなや、まるぴんはもちろん、弾丸のように自分ちめがけて飛んでいきます・・・)

2014-06-28065517a.jpg

私もあんなでっかい一軒家に住んでいて、まるぴんにもっともっといろんなものを見せてあげられたら、まるぴんもビビリを卒業できるのかもしれないけど・・・。

でも、そんな夢を見て嘆くよりも、今目の前にいるまるぴんを、今ここにある家の中で、思いっきり愛してあげることが大事なのだ!!! ・・・と信じて、日々そのようにしております。

まるぴんは、私の隣で、ぷーぷーと眠ってる。
まどろみながら、「ここに枕があるといいんだけどなあ・・・」という顔をしていたので、枕を作ってあげたらあっという間に眠りました。3年も一緒に暮らしていると、言葉が通じなくても、お互い言いたいことが分かってくる不思議。

ずっとずっと、こんなふうに平和だといいなあ。
家でもお金でも、大きければ大きいほど、あればあるほど、そりゃあいいけど、大きいものにフォーカスしすぎて目の前の小さなものが壊れてることに無頓着になれてしまうんだったら、いっそないほうがいいね。

集団的自衛権の問題で、えらいおじさんが無理やりに物事を好きなように動かそうとしているのを見るにつけても、そんなことを考えてしまうのです。

えらいおじさんが馬鹿だからこうなってるわけではなく、大きなことを見ながら小さなことを忘れないっていうのは、きっとすごくすごく困難なことなんだろうと思う。
・・・なーんちゃって、ほんと言うと「えらいおじさんは馬鹿だ」と心から思ってるんだけど、自分への戒めも含めこう書いてみた。「大きなこと」のレベルは違えど、人間って、そういうもんだとも思うのです。

あ、そうだ、あれをここにもはりつけておこう。
「集団的自衛権が吹っ飛ぶかもしれない!」と題された、日本国憲法第9条が2014年ノーベル平和賞受賞候補に受理されたことを紹介しているブログです。

ひとりの人が、ひらめきを行動に移して、ここまで来てることが、すごい! そして、戦いに戦いで応じない、その戦法自体がまたすばらしい!
えらいおじさんたちが裏でごちゃごちゃやるのが日本の政治だけど、これは、政治の問題じゃなくて、私たちの問題。行方を見守りたいです。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事