ベーグルの穴から見えた日記

3連休終了~

アメリカは月曜がメモリアルデイで3連休だったのですが、楽しいこと満載すぎて、日記書く時間がとれずに時間切れです!
また来週末にでもゆっくり、今日のできごとを書きまーす。

今日は予告だけ・・・

2013-05-27201558a.jpg

それではみなさん、ごきげんよう!

・・・おまけ。
高層マンションの最上階で優雅にたたずんでいるけど、後ろ足が飛び出ちゃってるまるぴん。

2013-05-24233856a.jpg

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

The Voiceにハマる

皆様こんにちは~。
先週末は、日記を華麗にスルーしてしまいましたが、皆様お元気でしょうか。

日本はもう既に結構暑いという噂を聞きました。
私のほうは、元気で、毎日楽しくやっておりますが、日記に書くような目新しいことはあまりなく・・・。

そこで今日は、私がほんの数週間前から突然ハマりだしたものの話。

それは何かというと、テレビ番組なのです!

「The Voice」という、歌のうまさを競うオーディション番組。
最近では、日本にいてもスカパーとかでいろんなアメリカの番組が観られるようですので、「観てる! 私も好き!」という方がいるかもしれませんねー。

「ヒマにまかせてテレビを観る」ということのない私の生活ですが、私はもともと、オーディション番組って好きでして、ハマりやすい体質なのです。
そうは言っても、これまでは、私の友達(同じコーラスのおばさま&おばあさまたち)が、現在放送中のいろんな種類のオーディション番組について、ああだこうだと話してるのを、「みんなよくまあ見てるなあー・・・・」と思いながら聞いてただけでした。

「American Idol」という有名なオーディション番組(アメリカンアイドルのWikiによると2002年から放送)アメリカで根強い人気なんだけど、これは先月あたりにいちど観てみたけど、そんなにおもしろいと思わなかった。
私が観た回は、既にかなり佳境に入っていて4人にまで減っていたのに、歌のレベルがそんなに高くないように感じたのです。

しかし、また別の日に、たまたま「The Voice」を観て、出ている人たちの歌のうまさに驚愕!!
私が初めて観たのは、出場者を16人に減らす回だったのですが、みんな個性のあるすばらしいパフォーマンスで、「これは次回も観なくては!!」と、すっかり魅せられてしまったのです。

The Voiceの公式サイトはこちら

しかも、The Voiceは、勝ち抜いていくシステムがまた面白い。
私はまだThe Voice初心者ですから、実際には観てないんですけどね~。

番組はまず、出場者が、「ブラインドオーディション」なるものを受けるステップから始まる。らしい。
(もちろん既に予選オーディションを勝ち抜いた上手な人たちなのだけれど!)

番組には審査員が4人いるのだけど、彼らには歌っている人の姿は見せないのだ。

審査員は、自分が気に入った「声」を選んで、自分のチームに入れる。
審査員の人たち、みんなジャンルはいろいろだけど超豪華な人たちが勢ぞろい、らしいよ。

一応書いておくと、Shakira、Usher、Adam Levine、Blake Sheltonの4人。
えーと・・・私はホントに流行りものに疎いので、誰も知りません。すみません。

そして、そんなすごい皆さんのことを、審査員と書いてみましたが、実はこの人たち、コーチでもある。
自分のチームに入れたメンバー(公式サイトのアーティストのページで見ると、チームは11~13人程度でスタートするみたいね)それぞれに、歌を指導するのです。
ここがまた面白い。的を得たアドバイスで、メンバーの良さを引き出してあげる。

ところが、次の「バトルラウンド」では、審査員でありコーチでもあるその有名な人々は、指導してあげたその挙句に、同じチームの中で2人を戦わせて、どちらか1人だけを、勝者として選ばないといけないのですっ!!


あーーーーーーん!!! なんて残酷なの!?!?

面白い、おもしろすぎるーーーーーー!!!!


最初の部分を観ていないので、何人からスタートするのかよく知らないんですが、ある程度まで減ったら、今度はライブ会場で歌を披露して、視聴者からの人気投票で勝ち抜くことになる。

しかしそこでも、コーチの人が、人気投票で勝ち抜けなかった自分のチームメンバーふたりの中から、最後のひとりを選ぶフェーズがあったりして・・・。ついつい感情移入してしまう!!

コーチは、元々からして自分が好きで選んだ声を持つ人なわけだし、指導するうちにメンバーのひとりひとりとさらに気持ちが近くなると思うんです。それなのに、その中から誰かを自分で決めて落とさないといけないのです。あーん!

先週の放送では、いよいよ最後になってきて、視聴者からの人気投票の結果、12人が10人に減った。(この回は、コーチによる救い上げはなかった。)

私のイチオシは、チームAdamのJudith Hill(この人、日本人のハーフらしい!! わーお、よけいに応援したくなっちゃう!!!!)、チームShakiraのSasha Allenのふたりだったけど、チームBlakeのDanielle Bradberyという今回最年少の女の子も好きになってきた。みんなうますぎて、観るたびに、イチオシの人が減るどころか増えてしまうのです。

何しろ初心者なので、この10人からあと何回でこのシーズンが終了するのか、よく知らないんですが、最後まで見届けるのが楽しみです!

そして次のシーズンは最初から観て、そして友達と「私のイチオシはあの人」とか話すんだ!! やだー、なんか急に、「テレビ観てる人」になったみたい! わくわく!!!

そんなわけで、めずらしくテレビがついている我が家の風景。

2013-05-14201452a_20130519112728.jpg

あっ。
テレビの隣にあるステレオの上に、立派な猫の置物が・・・?

いえいえ置物ではありません。最近なぜか急に、ここがお気に入りになった、ホンモノのまるぴんでした~。


えー、今回はちょっといつもと違った感じでしたが、最後はまるぴんも登場して、いつもどおりでしたね。
それではみなさん、私はこれから、晩御飯のタイ料理(近所のレストランから出前した~!)を食べますので、ごきげんよう!

春の目標

お久しぶりです~。もう5月ですね!
ゴールデンウィークのないアメリカ。カレンダー通りの土曜と日曜の週末を、慈しんで過ごしております。

4月はろくにブログを更新しなかったので、最近の我が家の様子を、適当にダイジェストで。

2013-05-04185533a.jpg
(これは、我が家ではありません。ご近所のマンションの入り口で咲いていた花。かわいい!)

春は、お散歩が楽しい季節。今の場所に引っ越してきて、まる5年が経過。この春は、改めて地元探検に目覚めています。

巷では、ブルックリンがおしゃれエリアとして人気を高めています。
この4月には、日本から流行に敏感な友達がニューヨークを訪れていて、楽しく観光してました。そんな中で、久しぶりにブルックリンにも何度か行ったけど、ほんと、また一段とおっしゃれ~になってる!!

でも。
でもでも。

私はやっぱり、自分の住むクイーンズが好きだわあ!!
マンハッタンから川を越えた向こう、という条件はブルックリンと同じなのに、おしゃれスポットとして紹介されることは皆無のクイーンズ。実際、おしゃれとは程遠い、というか、正反対の、雑多なエリアです・・・。

でも、それこそが、クイーンズの魅力なのよね。旅行でニューヨークに来た人が、わざわざ見に来るエリアではないけれど、いろんな事情を抱えていろんなところからニューヨークに来た人たちが、他の民族の人たちやそこに昔から住むアメリカ人とも共存しつつ、自分たちの暮らしやすさを追求していて。

特に私の住むエリアは、本当にいろんな民族がごちゃまぜに集まっていて、通りを1本ずらすだけで全然違う国に来たみたいになったりして!

昨日は、インド人街でカレーのスパイスについて研究した後、アルゼンチンのステーキハウスや、アメリカのダイナーなど、気になるお店をいくつかチェックして帰って来ました。

今日、インドのスーパーマーケットで不思議に思ったこと・・・。

2013-05-04161141a.jpg

ラズベリーやチェリーのゼリーは、赤。ライチは、黄色みがかった白。

2013-05-04161136a.jpg

レモンは黄色。マンゴーも。

2013-05-04161147ab.jpg

パイナップルも、黄色。オレンジは、オレンジ!

ではここで問題です。その隣にある、「緑」は何のゼリーでしょう?


・・・あ、先に言っておくと、青りんごではありません。青りんごの味は、撮り忘れたけど、確かに薄い緑色でした。

メロン、だったらわざわざクイズにしません。まさか、キュウリ・・・なわけもなく。れっきとした、フルーツです!



正解はこちらです。

2013-05-04161147a.jpg

なんと、まさかの「バナナ」なのでした!!

これだけ他の味で黄色がかぶってる事実から考えて、「ちょっと黄色が多すぎるから違う色にしないと・・・」などという考慮の結果ではないことは明らかです。

2013-05-04161154a.jpg

他の会社のバナナのパッケージを見ても、やっぱり緑なので、インドではバナナは緑ということになっているみたい。
それにしても、アメリカの誇るぶるんぶるんのゼリー、Jelloが大好きな私ですが、インドのこのゼリーを試す度胸はちょっとありませんでした・・・・。

このストリートは、サリーのお店と、宝石のお店と、インド料理のお店と、あとは、インドの神様たちのブロマイドやフィギュア、濃い~インド人のおっちゃんのCDやDVD、お香や女の人がおでこにつけるシールなどのインド雑貨の店(?!)でほぼ占められています。
そういえば私、大学の卒業式の時にお友達に借りたサリーを着ましたが、サリーって、カラフルで、ひらひらしてて、綺麗です。色とりどりのサリーに身を包んだ女性が3~4人で立ち話してるのを見ると、いろんな花が一気に咲いたよう!

このインドエリアの開拓と、地元の人に愛されるインド料理レストランの発見は、私のこの春の目標のひとつです。インド料理と関連して、チべット料理のお店も、このあたりには結構あります。ん~、未知の領域! 開拓せねば!

既に東南アジア諸国のお気に入りレストランはある程度定まっているけど、南アジア、そして南米と、もっともっとお気に入りを増やしたいな!


さてそれから、最近のまるぴん。

2013-04-30213623a.jpg

深刻な顔で段ボールに入っていますが、特にこれといった悩みがあるわけではないそうです。

猫の餌やトイレの砂が、この大きな段ボール箱に入って届きました。
自作の爪とぎを作るのを最近怠っていて、古い爪とぎはほとんど使い物にならなくなっていたので、この機会に、久しぶりに気合いいれて、爪とぎ作り。この段ボール箱全部使って、New爪とぎを4つ作ってあげました。

まるぴん、大喜びですぐさま、ばりんばりんと掻いてました~。

最近のまるぴんといえば、日課のお散歩(マンションの踊り場)は、毎日朝晩、続けております。
でもこの前、ちょっとした事件がありまして・・・。
いえ、脱走ではないんです。

ある日のまるぴん、勇気を出して、上の階に続く階段を上ってみたのです。
まるぴんはきっと、この道を進んだら、想像もつかないほどの、何かすごく新しいものを見ることができると、期待に胸膨らませていたに違いありません。

ところが、階段を上り切った先に飛び込んできた景色は、さっきまでいた場所と、まるっきり同じ場所だったのです。

人間にとっては、「いやマンションだから当たり前だし」な事実も、マンションの全体像も知らないし、数字も読めないまるぴんにとっては、すごくショックな事実で。
まるぴん、すっかり混乱し、こわがってしまいました。

そして、「もうおうちに帰る!!!!!」とばかり、姿勢を低くして、家に入る気まんまん。
・・・しかしそこが、まるぴんの家ではなく、「まるぴんちの上の家」であることには、全く気付いてないのです。

私が、抱きかかえて自分の家(←ホンモノ)に帰ろうとしたら、自分の家から引き離される恐怖(←カンチガイ)で、もう大暴れ!

なんとか家に持って帰ったら、まるぴんはきょとーんとしていて、また次の日も元気よく散歩に行きたがったので、トラウマには全然ならなかったようです。
多分、猫なりに、「あれは悪い夢だった」ということで消化したのでしょう。

それから、最近のまるぴんは、よく喋ります。
あと、なんだか少し活発になりました。これも春のせいかしら? 相変わらず、動作はどんくさいですが、今まで跳ぶのをめんどくさがってあまり行かなかった高いところに行ったりしてます。

最近のまるぴんの、新たな挑戦。

2013-04-30222004a.jpg

これ、ベッドの頭の上についてる板なんですが。

猫「んしょ、んしょ」

2013-04-30222032a.jpg

まるぴんは、何とかして、ここに立ってみたいのです。

しかしながら、板のすぐ向こうは壁ですから、バランス的に考えて、足3本までは乗ったとしても、4本目を乗せるのは、どうやっても不可能・・・。

でも、そんなこと言ってまるぴんの夢を壊すのは、野暮というもの。
人生に目標があるのはいいことです。優しく見守りたいと思います。


4月の我が家をダイジェストにするはずが、うっかり春の目標の話でまとまりました。

人間:南アジアおよび南米開拓
猫:ベッド登頂

こう書くと、なんて壮大な目標! がんばって目標を達成したいと思います!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事