ベーグルの穴から見えた日記

サンクスギビングに食べたもの

さてアメリカは、11月の第4木曜日がサンクスギビングデイのため、木・金・土・日の大連休となっております!!
4連休って、いいよね。うん、すごくいい。
老化なんだか怠け心なんだか知りませんが、最近は、3連休でもあっという間に終わってしまって! その点、4日もあると、なんだかずいぶん満喫できてます。

サンクスギビングといえば、アメリカでは主に家族や親族で集まって、でっかいターキーを丸ごと焼いて、それをグレイビーソースやクランベリーソースをかけて食べて、その他いろいろこの日ならではの伝統的な料理があって、去年は初めてターキーを焼いて、結構それっぽくしてみたのです。(といって、去年のサンクスギビング・ディナーの写真が載っている拙ブログ記事のリンクを貼ってはみましたが、よくよく読んだら、「でも今日は違う話していい?」とか言って、本題はEatalyの話になってる・・・。私のブログってつくづく・・・!)

しかしターキーってやっぱり、下ごしらえも大変だし、サイズも2~3人用って感じじゃないのよね・・・。皮はおいしいけど、日が経つにつれ残ってくる身の部分は、かなり淡白で、それでいて、スープや何やら、形を変えてみても、やっぱり「ターキー」で・・・。
やっぱり私、食べ慣れたチキンの方が好きなのよね。ターキーは・・・また2、3年ぐらいしたら、食べたくなる、かもしれない。

というわけで、今年の結論・・・ターキーは、今回はパス!

今年はいろいろあってバタバタしているので、とにかく連休にのんびりして充電するのが主な目的!
というわけで、何の準備もせずに迎えたサンクスギビング当日。

アメリカでは普通、サンクスギビングデイやクリスマスは、すごく大きなイベントなので、お店が軒並み閉まってたりして、うっかり食いっぱぐれることにもなりかねません。
まあその点、我が家の近所は、時にアメリカにいることを忘れさせるほどの異国情緒ですから、サンクスギビングの当日でも多くのお店が平常営業してるに違いないとは思ってました。
とはいえ、せっかくのサンクスギビング、お祭り気分は出したいので、おいしいものが揃う食料品スーパーマーケット、Whole Foodsの営業時間をしっかりチェック。サンクスギビング当日も、午後4時まで開いててくれました。感謝!

午前中は、サンクスギビングの恒例行事、超巨大バルーンたちがビル立ち並ぶ大通りをぷかぷかと闊歩する、Macy's主催パレードをテレビで観覧してから、Whole Foodsへ買い出しに出発!

と、その前に小腹がすいちまった・・・。

はらぺこで食料の買い出しというのは、この世で最も危険な行為です。
というわけで、素敵なカフェ、Le Pain Quotidienで、いきなり休憩~!

020a_20121125132919.jpg

ターキーとアボカドのオープンサンドをメニューに見つけて、迷わず決断! ここでターキーを食べれば、サンクスギビングらしいゴハンを食べたことになるわ! ほほほ!
あとは、甘いものの中から、ワッフルを。これをふたりで半分こ。

021a_20121125132920.jpg

薄切りのターキーのほかには、アボカド、キュウリ、トマトなどの野菜がたくさんで、ヘルシーなオープンサンド。今日のさわやかなランチにぴったり!

ワッフルって、いつも頼む瞬間にはなぜか、「ワッフルでいっかあ~」みたいに少し軽んじてるんだけど、食べるとあまりのおいしさに目玉が飛び出しそうになる。Le Pain Quotidienのワッフルは、ふわふわのじゃなくて、固いやつ。これ、おいしい~~~!

そういえば、2011年の元旦にも、Le Pain Quotidienに行って、ワッフル食べた
あの時、ここのワッフルがおいしいって思ったはずなのに、忘れてたのね。私ったら! ああー、次の時まで覚えておけるかしらこの感動!

私、大きなイベントの日に、ちゃんとした気分でお茶やゴハンが食べたいと、Le Pain Quotidienに行くクセがある。すごくお世話になっている、大好きなお店なのです。

・・・おっとっと。
今回の日記の本題にまだ全然入っていないのに、長々とやってしまったぞ。

えーとなんだっけ、そうそう、そんなわけで、すてきランチでおなかが満たされ、買い出しに向かう。

027a_20121125132921.jpg

これは、59th Streetの様子。
右側に見えてるのが、セントラルパークの南の端で、左側ののっぽの双子ビルの地下に、目指すWhole Foodsがあります。

この通りは、この日は歩行者天国に。というのも、この道は、サンクスギビングのパレードの、大きなバルーンたちの通り道。巨大なスパイダーマンやチャーリー・ブラウン、トイ・ストーリーのバズ、スポンジボブや、日本出身ではキティちゃんやピカチュウなどが、数日前にセントラルパークの中で膨らまされて、それが順番に、セントラルパークを出発してここを通って、6th AvenueをMacy'sのある34th Streetまで南下していくのです。
さっきテレビで見たばかりのバルーンたちは、ここを通ったのねー、と少しうれしくなる。

041a_20121125132923.jpg

道には、紙吹雪がたくさん落ちてた!

Whole Foodsでは、閉店30分前から、お店に残しておいてもしょうがないからか、ターキーの試食が始まった。
試食用の紙コップに入ってるとはいえ、ずいぶん大きく切ってくれたターキーは、私が大口で食べすぎたからか、水なしで飲みこむのが大変なぐらいぱさっとしてた・・・。というか、これがターキーよねえ、やっぱり・・・。今年のターキー体験は、これにて終了!

で、戦利品で作ったディナーは、こちら!

058a.jpg

わあーい! 豪華豪華!!

069a.jpg

サラダにはスモークサーモンをたっぷり載せて、ほうれん草の入ったディップは買ったものをそのまま出して。それから、生ハムとチーズは、私としてはWhole Foodsにパーティー食材を買いに行ったら、絶対はずせない!
伝統的なマッシュポテトとスタッフィングに代わるものとして(?)日本コロッケ風ポテト、じゃがいもアンチョビ&ローズマリー、エビとブロッコリーのマヨネーズ和え、これらは手作りで。

Whole Foodsではメイン食材も買ったのだけど、ビールをぐびぐびやりながらのんびりお代わりしまくっていたら、これだけでおなかがいっぱいになっちゃった~。嬉しい誤算!

そして、Whole Foodsで買い物をすると、猫のまるぴんにも、おみやげがあるんです・・・。

それは・・・

115a_20121125133110.jpg

紙袋!!!

大喜びで紙袋にアタックしたり、中でたたずんでみたり・・・。よかったね~まるぴん! Happy Thanksgiving!

食後には、こんなものも。(あ、これは人間用!)

116a_20121125133111.jpg

Whole Foodsのティラミス、初めて食べたけど、すごく王道で、おいしい!!! 感動~! もっと食べたかった・・・! 絶対また買おうっと。

その頃まるぴんは。

123a.jpg

全然飽きてない!

この日は、いろいろなことに感謝しながら、楽しくて和やかな1日を過ごせました。サンクスギビング、大成功!

そして2日目。世の中では、サンクスギビングの次の日は、ブラック・フライデーなどと呼ばれ、クリスマスに向けての小売業界商戦の幕開けとして、大変なセールが繰り広げられるのです。
が、物欲のない私には、そんなものには興味がわかず、おうちでのんびり。

この日は、1日目の残りモノと共に、前日食べられなかった、メイン料理も食べました!

152a.jpg

ひゅ~ひゅ~!! スペアリブです!!
やわらかくて、骨からするっと外れるお肉。7~8本入ってたかな?
濃い~BBQダレは、それだけで食べると濃すぎるんだけど、マッシュポテト(注:日本コロッケ風ではない普通のマッシュポテトも作ってあった)と一緒に食べると、もー最高!

・・・あれっ、まるぴんはどこ行った?

129a.jpg

あっ、あの白い手は・・・!

136a.jpg

「んがんが!!」

まるぴん、まだそれで遊んでるのね・・・。
袋は次第に、破壊されつつあります。

ちなみに本日、3日目のまるぴんはというと。

186a.jpg

もちろん、こうなっております・・・。

188a.jpg

袋はもはや、袋ではなくただの紙になってますが、本人一向に気にせず、座布団代わりに使って、得意の「コメンテーター座り(命名:あすかまる)」を決めたりしています。(上の写真は、こっち向いてないので「コメンテーター」観がイマイチ伝わらないかもしれませんね・・・今度、いい写真撮ったら改めて載せます!)

この(元)紙袋は、私の4連休の終わりと共に、ゴミ箱に送ることにいたします。
連休も残すところあと1日・・・。やっぱり4連休も短いかな・・・! やっぱり5連休、いや6連休・・・

日本も連休でしたよね。連休の最終日、よい日曜日を!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

今あるものを大事に

私事ですが、この週末には、私の誕生日がありました~。
たくさんの人からお祝いのお言葉をいただき、感謝感激でした。

私、誕生日だからって、プレゼントをもらったりあげたり、特別なことをしないといけないっていう風潮がどーも気に食わないタチなんだけど、今年はさらにその考えが進んで、

「特別じゃないこの1日を、こうして送れるってことが、いかに特別なことか」

についてじっくり考えて、自分の幸せに感謝する日にしました。

去年の東北の地震、そして先月末に東海岸を襲ったハリケーン・・・。いつ、自分の努力とは無関係なことで、突然に、簡単に壊れてしまうかもしれない、この毎日が、今日も壊れないで無事に終わったことに。

大変に、よい誕生日でした!

それから、これはもともと誕生日とは関係なかったんだけど、突然思い立って、昔書いていたLe Petit Princeのメールマガジンのバックナンバーをまとめたサイトを更新しました。

フランス後が原文の「Le Petit Prince」、いわゆる「星の王子さま」のお話を独自に翻訳したメールマガジンだったのですが、今回アップしたページでは、そこで何年もかけて翻訳したものを全部1つのページにまとめて、お話として読めるようにしました~。お話として読めるページはこちらです。
星の王子さまに興味があるけどまだ読んだことのない人はもちろん、読みかけて断念したことのある人(実は私も最初はそのクチでした・・・)も、ぜひぜひお暇の折に読んでみてください。

と、いつの間にか宣伝になりましたが、とにかくその作業をしている時に、私自身も久しぶりに、物語を通しで読みました。

このお話、たまたま「物語」の形をとっている、作者のサン・テグジュペリの魂でできた芸術作品に思えてなりません。
私にとっては大変に特別なお話で、毎日の中のふとしたことで、このお話のいろんな一節についての意味を再確認したりすることがよくあります。また読むたびに、少しずついろんな違う場面に、より大きく心が動いたりもします。

今回読んだ時には、なぜだか、「大切なものが失われた時に、それとどう向き合ったらいいのか」みたいなことについてすごく考えたのです。
私は、今私が持っているものにすごく満足して、今持っているものを大事にして生きていこうと思ってるけど、今私が持っているものの中には、いつかなくなるものもある。
物語の中には、その正解は特に出ていません。私の中にも、特に正解らしきものはありません。
それがなくなった時にどうするかなんてことは、実際にそうなってみないと分からないだろうけど、そういうことについて考えてるうちに、ますます、今持っているものを、今できる限り大事にするしかないんだ、という気持ちが強くなりました。

最近はなんだか、読みようによってはおセンチなかんじの文章が多いかしら・・・。お恥ずかしい! しかしながら、正直な心のうちを書くのがモットーの、この日記ですから・・・!

そうだ、バランスをとるために、おセンチとは程遠い、まるぴんの写真でも載せておこう!

052a.jpg

最近のまるぴんのお気に入りのおもちゃの1つ。・・・って、ストローかい!
まるぴんは、さすが私の猫。飼い主の思いである「今あるものを大事に」を、ちゃんと理解しています。お店で買えるおもちゃなんて、欲しがったりしません。今、ストローがそこにあるなら、そのストローで最高に盛り上がって遊ぶことができるのです。やっぱり、見習うべきは、猫だよなー。

まるぴんが必死で欲しがるのは、キャットニップ(猫が大好きな草)とアイスクリーム(人間用)だけ!

キャットニップは、うちには乾燥させたものが引き出しにしまってあるんですが、そこの前にぺたりと座り込んで、引き出しと私の顔を交互に見ます・・・。かあいいのう・・・! もったいないから、あんまりしょっちゅうはあげませんが、それだけに、たまにあげると狂喜乱舞してます。

一方のアイスクリームは、人間の食べ物ですからね。欲しがったって、あげませんよ! ええ、あげません・・・ほんの少ししか・・・。そうね、人間ばっかり好きなもの食べてたら、ずるいもんね。指にほんの少しとってあげると、アイスが指になくなってからもぺろぺろと、一生懸命なめてるのです。かあいい・・・!!

そんなまるぴんが、今週怒られたのは、これ↓。

076a.jpg

白靴下のはずが、灰色靴下(一部)になってる!!

まるぴん、ふと気になって、とっても汚いところ(それは部屋に備え付けの暖房スペース?の中・・・説明は面倒なので省きますが、掃除を諦めてる場所であります・・・)に手を突っ込んでみたようで・・・。本人は飼い主が何をぎゃあぎゃあ騒いでるのか理解できてなかったと思いますが、濡れタオルを持って追っかけまわされて、手をぎゅうぎゅう拭かれたので、もう手を突っ込まないのではないかと、期待しております・・・。

また月曜の始まりですが、今週はなんとアメリカ、サンクスギビングデーのため、木・金曜が祝日です!! いえい!! ああ、ホリデーシーズンが今年もやって来るなあ! 私の大好きな、冬です!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

猫から落ちるもの

ハリケーンから2週間が経ち、マンハッタンの生活はほぼ元通りになっています。

でも、私の友達が多く住むエリアは、壊滅的な打撃を受けたまま、2週間電気なしの生活をしている人が、今でもたくさんいて、私の心もそれにつられて、どうも落ち着きません・・・。

手伝えることがあるなら手伝ったらいいけど、ただ考えていたって無意味なので、とにかく、自分のペースで生活しなきゃ・・・、と思ってます。

さて。
私が猫好きなのはずっと前から変わりませんが、猫を実際に飼ってみるまで知らなかったことがいろいろあります。
野良猫さんたちとの付き合いでは、猫の細かい部分とかも、なかなかじっくり見る機会がなかったし。

猫を飼うっていったら、「動物は毛が落ちるから嫌!」などと、動物ギライの人はよく言うものだけど、猫を飼ってみて驚いたのは、猫から落ちるのは毛だけじゃないってこと!

猫から落ちるもの、それは、ヒゲと爪!
まるぴんが我が家に来て、1年半以上経ちますが、いまだに、ヒゲや爪が落ちてるのを見ると、無性にうれしくなります。

猫のヒゲは、つややかで、しなやか。根元のほうはかなりしっかりしてるけど、先は羽のように軽やか。そして、人間の髪の毛と同じように、キューティクルがある。さかさまに撫でようとしても、指がひっかかる。
なんだかこのヒゲの触感が気持ちよくて、ヒゲを拾ったら、ひとしきりヒゲを撫でまわして遊んでからでないと、ゴミ箱に捨てることができないのです、私。

で、ヒゲを立て続けに2本拾ったある日。
そうだ、私の大好きなこのヒゲを撮影しておこう!と思い立ったわけ。

でも、ヒゲって、白くて細いから撮影が難しい。何かよいバックグラウンドはないかしら・・・と探していたら、最適なものがすぐに見つかった!

115a_20121112133213.jpg

これよ、これ。
まるぴんの身体!

もうちょっとヒゲにピントをきっちり合わせないと・・・・とパシャパシャ撮っていたら、

113a.jpg

くんくんくん・・・・

ぎゃあー、まるぴんの、どアップ!!

自分のヒゲなんだから、何も珍しいことないでしょうに!
でも、よく考えてみると、自分のヒゲなんて、日ごろは自分にくっついてるから、匂ってみることはあまりないのかもしれません。

ともかく、ヒゲの弾力性がよく分かるような写真を撮らなくては・・・。

116a.jpg

パシャパシャ・・・。
あっ、この写真なんて、ヒゲの根元の太いところから先のほそーいところまで綺麗に写って、いいかんじ・・・


ぬぼーーーーー・・・・

130a.jpg

・・・ははは、私が何かを真剣にやってると、とにかく何でも、気になるみたいね。
しかしながらこの写真は、まるぴんにくっついてるヒゲと、まるぴんから落ちたヒゲを見比べるのには、とてもいい写真になったな。ま、同じヒゲですが。

とにかくヒゲはこんなかんじです。猫を飼っていない人にも、ヒゲの魅力が伝わったかしら??

落ちてた爪の写真は、今までに撮ったことなくもないような気がするけど、今は膨大なデータの中からその写真がうまく探せませんでしたので、割愛。るんた(掃除機)が働いてくれたばっかりで、爪も落ちてないし!

ちなみに猫の爪は、ヒゲほどは遊べませんが、じろじろ観察したり、曲げてみて固さを確かめたりしてみることができます。

猫を飼うまでは、猫って爪が伸びないように爪とぎをするんだと思ってた。でもよく考えたら、そんなふうに人間様の都合のよいようにしてくれるわけがない!
本当は、爪をびんびんにとがらせるために、爪をとぐのです。爪をとぐと、爪の外側がタケノコの皮みたいにぺろぺろはがれて、とがった爪がだんだん出てくる。

うちのまるぴんの場合は、爪とぎをがんばっても、とがった爪が揃う前に、いつも私に爪を切られてしまいます。

思い起こせば猫の爪切りも、まるぴんがうちに来たばかりの初期の頃は大変だった。それが最近では、

「まるぴんはおうちの中にいる猫なんだから、爪をびんびんにする必要ないでしょう? 爪をちゃんと切らないと、ここでは暮らせないんだよ! 痛くしないんだから、嫌がってないでちゃんと爪出しなさいっ!」

とまるぴんを説得(あるいは脅迫?)しながら、ぱちんぱちんと切ります。ちょっと嫌がっても、よく言って聞かせると、最後には諦めます。これホント。不思議なものです。


部屋の暖房が本格的に動き始め、まるぴんのお気に入りの場所はもっぱら暖房周辺となりました。人間湯たんぽよりも、暖房のほうがあったかいものね・・・。さよならまるぴん・・・。

それでも、姿が見えなくなればすたすたと後を付いてくるし、自分がヒマを持て余せば人間に執拗にちょっかい出してくるし、夜寝る時は私の枕元か布団の中。

161a.jpg
(この写真は、「枕元どころか、私の枕の上を陣取って眠るまるぴん」の図。ホント、私のやってることは何でも邪魔してみたくなるのね。仕返しに尻尾をつかんでやりました。にゃはは!)

ふーむ、どうやらまるぴん、私のことを大好きなようですよ・・・むふふ!


冬到来、ニューヨークでは風邪がはやっていますが、私は元気です! 皆様もお気をつけて!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

サンディーの後遺症

ハリケーンのサンディーがニューヨークを横断してから、もうすぐ1週間になります。
思えば先週末は、「なんでも来週早々にすごいハリケーンが来るらしいよ」「本当に来るのかなあー?」という話をしながら、金曜の仕事を終えたのでした。

私も、両親や友達から心配して連絡を受けましたが、前にも書いたとおり、私の家や近所は、幸いにもこれという被害は全くなし。
私の職場も、電気やインターネットの被害も受けず、木曜からは地下鉄が部分的に運行し始めたので木曜昼からはオフィスに戻りました。私は幸い、家から仕事できる環境だったので、地下鉄が動くまでは自宅にこもらせてもらいましたが、水曜にカーサービスを使ったり、あるいは徒歩90分(!!)でオフィスに行った人もいます・・・。仕事が終わったら、また歩いて帰らなきゃいけないわけで・・・・。

日本にも、ニューヨークのハリケーンの写真なんかは、いろいろ伝わっていることと思います。
でも、mixiやFacebookのようなSNSで友達とつながっていると、友達の今の状況が次々と流れてきて、写真とはまた違った生の声が聞こえてきます。

私は、ニューヨーク州とニュージャージー州のお友達が多いのですが、本当にかなりの家で停電しているといって、言い過ぎではありません。NYとNJに住む友達のほとんど、といったほうが正確かも・・・。
そして、ハリケーンの間に停電になった世帯のほとんどは、土曜の今でも、電気が復旧していません。予定日は、ある地域では週明け、また別の地域では、来週だとか・・・。

前回の日記でも言いましたが、ハリケーン以降、ニューヨークの気温がぐっと下がりました。すぐに本当の冬が来るのです。
電気がない、イコール暖房システムもない、お湯も出ないという家が多い。
電気のない家でなんとか暮らしてる人もいるし、親戚の家に避難したり、ホテル暮らしをしたり・・・。すごくたくさんの友達が、そんな辛い1週間を送りました。

自分ひとりならそれでもまだいいけど、小さな子供や年配の方を家族に持つ人たちにとっては、苦労は2倍にも3倍にもなる・・・。

ある友達は、ハリケーンで木が窓のそばに倒れた時に恐らく80代のお父さんが脳卒中を起こし、現在も集中治療室にいるとか・・・

別の友達は、老人ホームに入っていた79歳の叔父さんが、停電の暗闇の中で転倒し、亡くなったとか・・・

それから、停電のためにろうそくで明かりをとっていたら、その火で家が火事になったという話も聞きました。兄弟は火事で亡くなってしまい、お母さんも今、予断を許さない状態だとか・・・。

災害の時の、死者何十名とか何百名、という数は、規模を表すための簡潔な表現だけど、今回は、災害が起こったその場所にいたことで、被害は受けずに済んだものの、その「死者何十名」の中の、ひとつひとつを、もう少し近くで見ているという感じがします。
もちろんそういう話は、災害が起こるたびに、ニュースを通じてたくさん伝えられるんだけど、それが友達の体験となると、誰かの体験談とはまた違う。
「ひどい話だね・・・」とひとしきり悲しくなった後で気持ちを切り替える、というのは、実は大事な機能だと思うんだけど、それがとても難しくなります。そんなふうに切り替えることが許されない、今その真っ只中にいる友達のことを思うと。

東北の地震は、規模はもちろん違うけれど、規模は規模でしかなく、あくまでもマクロで見た時のことであって、誰かが何か(家族や友達、家、電気、その他大事なもの)を失ったその時に、その人やその周囲の人が感じる気持ちは、やっぱりこういうものだったのかなあ、と思います。

それでも、被害がない人たちは、元気よくやっていくしかないのだけれど。被害を受けた人たちだって、元気になっていかなくちゃいけないんだから!

ニューヨーク市内の地下鉄は、ほぼ平常通りになっているようです。周りの地域も、少しずつ電気が戻っていって、少しずつ、何事もなかったかのような毎日になっていくことと思います。

「何事もない毎日」がいかにオオゴトか、その重さ、大切さが、本当に本当に身に染みます。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事