ベーグルの穴から見えた日記

久々のバーガーキング

マクドナルドのマックカフェにすっかり魅せられて、かつてのバーガーキングびいきから、あっさりマクドナルドに乗り換えてしまった、最近の私。

ここ数年、バーガーキングの売上は低迷しており、2011年のフランチャイズ経営店舗と企業運営店舗を全部含めた売上(フランチャイズ料の収入やロイヤルティは含まない)で見ると、とうとうウェンディーズに抜かれてしまったのだとか。

バーガーキングにとって、私というBIG顧客を失った影響は、非常に大きかったようですね。

・・・いや、それは嘘です。(あたりまえですが。)
私のような小さくて安い顧客の移り気なココロでも、それが集まれば大きな差を作るんですね、きっと。

ちなみに、会社の規模で見た場合には、バーガーキングは今でも、マクドナルドに次ぐ米国第2位のハンバーガー・チェーンです。しかしながら、システムワイドセールスと呼ばれる、この売上ベースでの2位は、ウェンディーズにとっては、1969年の創業以来の快挙らしいので、バーガーキングにとっても、きっと大事件でしょう。

2006年には、この3社のハンバーガーチェーンが、そのままこのレストランチェーン・ランキングのトップ3を占めていたのに、その後サブウェイが躍進、2011年には、2位がサブウェイ、3位がスターバックスとなりました。

この5社の、過去5年間の売上の伸びを見ると、マクドナルドが26%、サブウェイが48%、スターバックスが39%、ウェンディーズが9%、そして、バーガーキングは・・・横ばい!?

バーガーキングのやばさが、際立っております・・・。

もちろん、バーガーキングは、いろいろとテコ入れを行っているのです。
本当にめずらしく、「今日はバーガーキングに行こう!」となった時、その変化の様子を日記にレポートしよう!と、行く前から心に決めていたのです。

バーガーキングのお店に入ると、まず目に入るのが、来たる夏に向けてガンガン宣伝している、フローズンレモネードおよびフローズンストロベリーレモネード。

これは・・・。

マクドナルドのパクリだ!!!
(証拠はこちら、私がマックのフローズンストロベリーレモネードを飲んだ時の記事です。)

そして、こんなものも始めてるのです。

014a.jpg

BKモカフラッペと、BKキャラメルフラッペ。これも、まさに、マックカフェのメニューにBK(バーガーキング)をつけただけでは・・・。

スムージーだって、もちろんあります。もう、全パクリです!

でも、これは正直言って、かなりダサいけど、賢明な作戦だと思う。
マックカフェ飲みたさに、バーガーキングよりマクドナルドを選んでいた自分自身の購買行動を考えると、両方のお店に同じ飲み物が揃っていれば、とりあえずその点では、同じ土俵に立てるもんね。

その他期間限定メニューでは、BBQバーガーや、サンドウィッチ(形はバーガーなんだけど、中身がBBQの味つけをした豚肉だったりする)を数種類取り揃えていて、BBQシリーズは、どれもすごくおいしそう!
(今なら、バーガーキングHPのトップページで代わる代わる見せてくれますよ! 9月3日までの期間限定だそうなので、他の期間限定メニューが出てきたら、見られなくなりますのであしからず。)

しかしながら、小さなあたくし(身体も、お財布も)にとっては、どでかいバーガーはおなかがいっぱいになりすぎるので、ほとんど食べた試しがありません。今日もやっぱり、ワッパーJr.バーガーです。

018a.jpg

(この画像の左がワッパーJr.で、右が普通のワッパーです。ワッパーは箱に入ってきます。)

私にとって、ハンバーガー屋さんに行く時の楽しみは、バーガーというより、むしろポテトなのだ!

しかしながら、バーガーキングのポテトって・・・、少し中途半端ね。
最初食べた時は、「ポテトが変わった?」って思ったけど、2007年の自分の記事を見ても、ポテトの形状には大きな変化はなかった。
コメント欄で、「バーガーキングのポテトが変わってから、おいしくなくなって、うちの子どもたちは行きたがらなくなったよ、前はよくせがまれていたのに」「私は、美味しくなったと思うけどなあ」という会話をしてる人たちがいたので、いつかの時点でマイナーチェンジがあったのかもしれないけど、いつとは書かれていなかった。

それよりも変わったのは、私の思考なのだ、多分。
最近マクドナルドによく行っていたから、マックの「あのポテト」が、ファーストフード店のポテトみたいに刷り込まれてるのね。

バーガーキングのポテトは、かりっとほくっとして、おいしい。多分そこに改良を加えたのね。
でも、ファーストフードのポテトなら、やっぱり、もうちょっとふにゃっとしていないと・・・みたいな。

023_20120618002019.jpg

ポテトの量も以前より少ないんじゃないかしら、と、ぱっと見で疑ったけど、食べてみると十分に入ってました。(マクドナルドのほうが、たいてい盛りがイマイチで、ポテトのパックにスカスカに詰めやがるので、今回は、量ではバーガーキングの勝ち!)

すっごくおいしくって、大満足ではありましたが、バーガーキング、今後も引き続き、ちょっと分が悪いかもね・・・。

最近の変更は、バーガーキング史上最大のメニュー改革なんだとか。でも、「マクドナルドに行きたい!」と思わせるのと同じぐらいに、「バーガーキングに行きたい!」と思わせる何かが、ないのよね・・・。
「絶対に、あの店の、あの味じゃないとダメなの!」という、何かが。
昨今のヘルシー志向で逆風を受けたり、いろいろ大変だとは思うけど、何とかぶれずに、バーガーキングの名前よろしく、ハンバーガーチェーンの王様でいてほしいものだ。(まあ、その上にはマクドナルドがいるんだけどね・・・。)

それから、食べてないのでアレですが、今回の期間限定メニューの中には、「ベーコンサンデー」なるものもあって、これはかなりネット上で話題になっている。
「ベーコンが大好物という人でさえ、いまだかつてベーコンをサンデーにのせることを頭に思い描いたことがあっただろうか?」とかいって。

ベーコンサンデー・・・。
いや、食べてみたら案外おいしいのかもしれない。でもそれって、二度三度と食べたくなるようなモノなのかしら・・・?? このへんにも、バーガーキングの「もがき」が見える気がします。

とりあえず、私がこの夏に、ベーコンサンデーを試すかどうかは未定です。後ろ向きに検討します・・・。

でも、バーガーキングは、とりあえず引き続き応援してみる。
この夏は、マックカフェに行ったり、BKカフェ(とはさすがに呼んでいないみたいだけど)に行ったりして、バーガーキングのがんばりをそっと見守りたいと思います!

*今回のランキングについては、USA TODAYの2012年3月の記事、「Wendy's, not Burger King, is No. 2 in sales」を参考にしました。食べ物のリサーチは面白くて、仕事でもないのに熱中してしまいました!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

食べ物についての戯言

よくある質問ですが。

「もし、これから一生、1つのものしか食べてはいけない、となったら、あなたは何を選ぶ?」

あるいは、

「最後の晩餐では、何を食べたい?」


むむ~。困るよね。悩んじゃう。
これらの質問って、

「あなたの大好物って何?」

とは、似て非なるもの。

好きな食べ物、って聞かれたら、「ういろう」と答えていた。
もちろん今でも、ういろうは、だーい好き! あのむちむち感! 大好物!

私、バニラのアイスとかシェークとかって、いちご味やチョコレート味に比べると「何も入っていない味」だから損した気分になる、という話は、以前に書いたことがあります。(以前といっても、実際自分の記事を検索してみたら、2004年の記事がひっかかった! わたしって、8年経っても進化ゼロ?!)
バニラはバニラの味なのであって、プレーンではないと、わかっちゃいるんだけどねえ。どうにも気が乗らない。似たような私の思考で、白いごはんより、味ごはんのほうが好き、というのがあります。

しかしながら!
こんな私なのに、こと、ういろうに関しては、これはもう、「白」がいちばんおいしいのです。
いろ~んな味のういろう、どれももちろんおいしいんだけど、やっぱり白が最高。白こそがベスト!

・・・と、大幅にずれた話を無理やり戻すのですが、ういろうは最高においしいが、これから一生ういろうだけを食べ続けるか(たとえそれが、「白」であっても)、あるいは最後の晩餐で、「白ういろうを1本ください」とオーダーできるかというと、それは無理。

同じ流れで、ケーキも大好きだけど、こういう場合には適していない。
やっぱり、毎食のことですから、あるいは、最後の一品ですから、食事系にするのが無難よね。

世界一おいしいフランスパンを選んで、パテをたっぷりぬったり、チーズと生ハムをのせて食べたりだとか・・・。
いやいや、クリームチーズとサーモンをこんもりもったベーグルサンドだって、捨てがたい・・・。

あるいは、最高においしいラーメンだとしたら、やっぱり豚骨かなあ・・・。
讃岐うどんもいいなあー・・・。
パスタだったら、何がなんでもカルボナーラだなあ・・・。
私、麺類大好きなのです。

でも、お餅も好きなんです、私。磯辺や、砂糖醤油や、おろし醤油や、きなこなどなど、お餅につけるものをいろいろ用意して、一口ずつ違う味で食べようか・・・。

あああーーーーー。困る!!
(注:お気づきの方もいるかもしれませんが、今、モーレツにおなか減ってるんです。それでこんなに興奮して、妄想を書き散らかしております。)

どれも大好き、それにまだ他にも、候補はたくさん思いつく。

だけど、やっぱり最終的には、これになっちゃうかな。
私、迷いに迷った挙句に、きっとこれを選んでしまうに違いない。

と、昨日の夕飯にこれを食べながら、つくづく思ったのです。








005_20120611041844.jpg

紹介する必要ないと思いますが、一応紹介しておきます。
カレーライスです。

嗚呼。
本当に、あなたは。なんておいしいの!

カレーライスが、死ぬほど好きなのです、私。

カレーライスって、何気に、日本の心。日本が生みだした、誇るべき洋食だ。
「最後の晩餐」ならともかく、「これから一生1つのもの」だとしたら、年月とともに栄養バランスの偏りも心配になってくるけど、カレーライスだったら、野菜がたくさん入っているから安心ね!

ひとつ懸念としては、「私がおばあちゃんになっても、今ぐらいカレーライスが好きでいられるのかどうか」、というのがあります。
むむ・・・こればっかりは、なってみないと分からないわ。でも、年と共に味の好みが変化したり、油の許容量がだんだん下がっているのは、すでに感じている・・・。
でも、私のカレーライスへの愛は、衰えるどころかどんどん大きくなっている。だから、おばあちゃんになる頃には、今以上に、カレーライスが好きかもしれない!


「好きな食べ物」つながりで、ふと思い出したので書いておきます。
ある日友達が私に、「これから一生それしか食べられないひとつのものを、料理じゃなくて、素材ベースで選ぶとしたら、何にする?」という質問を投げかけてきたのです。

たとえば、大好物はカレーライス、とひと口に言っても、その中には、にんじんや玉ねぎやジャガイモやお肉や米などが含まれている。そういった「材料」の中からひとつ選んで、その素材のものしか食べられない、ということ。

私がまず、ぱっと思いついたのは、じゃがいも。
じゃがいもって、本当に何をしてもおいしい。一生飽きないだろう。ポテトチップスだって食べられる! うしし。

でも、もっとさらに好きなものが、あるかもしれない・・・。そう思って、一生懸命考えました。いや、考えても何の得にもならないんですが、考えに考えて、しかも思いついちゃったんです!!

「わたし、小麦粉にする!」

友達は驚いてましたが、我ながら素晴らしい回答に至ることができて、自分で自分に感心しました。
私、小麦粉って本当に偉大だと思ってる!

この質問ですが、たとえば、塩は全ての料理に含まれているからって、「塩」と回答して今と同じ食生活を送るとかいうズルはできませんよ。
塩と回答した人は、塩ラーメンや塩やきそば、塩焼きなど、塩メインのものしか食べられません!(ん~でも「塩焼き」も可、とすると、ずいぶん範囲が広がるなあ・・・。ま、いいけど。)

私だって、小麦粉と回答するからには、小麦粉をちょっとまぶすような料理なんかではなく、小麦粉メインの、小麦粉料理だけに、一生お仕えする覚悟はできてる!!


皆様も、おなかがすいた時には、ぜひこのような妄想をお楽しみくださいね~。
それから、あなたの好きな人にもこれらの質問をしてみましょう。その反応で、その人がどれだけ食べることに熱意を燃やす人かどうかが分かるかもしれません!

えっ、「だから何だ」、ですって・・・?
私にとっては、「食にかける真剣さ」は、自分の好きな人に求める最重要事項の1つですが、みんなは違うの?

さ、2日目のカレーライス食べよ~っと!

しあわせ考

すっかり日曜の夜になってしまったので、生存報告だけで今日は失礼します。
今日は、歌の集まりで若干遠出していました。つかれたー! でも、しあわせ。

歌の趣味を見つけることができて、本当によかったなあ! 今や、歌を中心に回っている私の人生。
もしかして、そのためにアメリカに来たのかしら。きっとそうなのかも。

週末に両親と電話で話しましたが、ふたりともそれぞれ好きなものがあって、しあわせなようです。

家族が、離れててもそれぞれみんなしあわせ、みたいなことは、いいものです。それがなによりです。

まるぴんは、ソファに座ってる私のすぐ隣にまるまって、くかーくかー寝てて、これまた、とってもしあわせなようです。

人間誰でも、病気やけがもあるだろうし、生きていればいろいろ嫌なこともあるし、これから死ぬまでずーっとしあわせでい続けることは、まず間違いなく不可能だけど。

今、みんながしあわせっていうことが、しあわせじゃない時期になってからも、すごく大事になるんだろうな、きっと。
・・・なんか取りとめのない話ですが。

さ、まるぴんを見習って、私も寝ることにします。また来週~!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事