ベーグルの穴から見えた日記

眠り猫・5変化

まずは前々回の日記、「あま~いゴハン」のアップデートです!

韓国のジャージャー麺を紹介した時に、インスタント麺があるっていう話をちらりとしたんです。
それを、買ってまいりました!

013_20120529122826.jpg

チャージャン・ヌードル、その名も、「チャパゲッティ」!!! あまりにも、ステキなネーミングです・・・。

パッケージの写真は、なんだか本格的ですが、実際に作ると、もちろんこうなります。

020_20120529122826.jpg

ぎゃあ、まっ黒け! なんか食欲をそそりません・・・。でも、お店で食べた時の写真を思い起こしてもらえば、同じものであることが分かりますね。
そしてお味はというと、実は、本物のジャージャー麺に比べて、このチャパゲッティは、甘味がすごく少ないんです。
ジャージャー麺は甘すぎてダメだけど、チャパゲッティは好き~、という人を数名知っていますので、これはホンモノよりも万人ウケするおいしさなのです!

皆様も機会があれば、ぜひお試しください!

・・・と、この月曜の夜に、どーして余裕こいて日記を書いているかというと、なんとアメリカは、月曜が祝日で3連休だったのですよ!
楽しいことばかりの、すばらしい3日間でした。ありがとうございました。

今週は、なんだか雨が突然ざばざばと降るような変な1週間で、じめじめして嫌なかんじでした。暑い!!
私、前回の日記にお天気のこと、ちらりと書いたんです。季節もよくなってきたし~、とかなんとか。
窓の外の雨を眺めながら、日記に天気のことを書くと必ず反対のことが訪れる、というジンクスのことを、よく思い出した1週間でした。くそう。

それでは最後に、まるぴんのすっぴん寝姿を大公開のコーナーですっ!!
というのも、この3連休中、家にいて、何かといえば猫をデジカメで撮ってたんだけど、やっぱり寝姿が多いのです。猫って、ほんと、寝てばっかりね!

いつもかわいいまるぴんばっかりでつまらなく思っている方もいるかもしれないので、今回は、ブサイクなまるぴんを中心に集めてみました。

その1:軟体動物?!編

082a.jpg

身体のパーツが外れてるみたいになってて、何がなんだかわかりません。
首がとれちゃったので抱えてるみたいにも見えます。
これで本人はリラックスして寝てる、というのが信じられません。

その2:亡霊?!編

055a_20120529122825.jpg

人間さまの大きなベッドをひとり占めしてご満悦ですが、気持ちよすぎて、白目(ミドリ目か?)向いちゃってます・・・。

これを縦に回転させると、ほら・・・

055aa.jpg

う~ら~め~し~や~・・・・・・、そのものです。

ちなみに、つめきりが布団の上にあるのは、まるぴんの猫見、おっと、寝込みを襲って爪を切っちまおうという、飼い主の悪だくみのためです。

その3:不屈のボクサー?!編

085a.jpg

うらめしやの流れではありますが、これは両の白靴下パンチが、空中に浮いております。また、頭が毛布から落ちちゃってます。

これも、回転させてみましょう。

085aa.jpg

ほら! ボクサー! ・・・カマキリ? カマキリボクサー!!
白目&歯も見えて、もー女子としてあるまじき姿です!

殺気立つまるぴん、こわい!!


えー、最後は、少しかわいく。
その4:ブレイクダンス?!編

097a.jpg

今度は目をつぶっています・・・ほっ。
つまり、「かわいく」、といっても、ちゃんと目をつぶっているというだけのことなんですが・・・。

最初、盆踊り編にしようと思ったけど、盆踊りにしてはこの動き、ちょいとアクティブすぎる。
若者の路上パフォーマーがよくやっている、くるくると身軽に回転するダンス。そんなふうに見えてきません?

いやあー、この3連休の間だけで、たくさんのぶさいくまるぴんが撮れました。豊作豊作!
・・・でもやっぱり、この一連の変な写真で日記を〆るのは、まるぴんにあまりにも、申し訳ない!

というわけで、
番外:天使編!!

089a.jpg

ほ、ほええええ・・・・・かあいいのうーーーーー!! 白い羽が生えて、ぱたぱたと飛んでいきそう!!
もうすっかり大人猫のはずなのに、こんな角度から見ると、まだまだ赤ちゃん猫みたいで、そこがまたかわいい・・・!!

と、最後はいつものように、親ばかで〆させていただきます。ではでは~。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

猫の手も借りたい・・・?

ここのところ、どうも写真を撮る手間を惜しみがちで、気の利いた写真がありません。

ぼやぼやしてるうちに、もう日曜の夜11時半!
早く日記を書かないと・・・でも、何について書けばいいの・・・? 写真がないから、アイディアが全然思い付かない・・・


「じゃあー、たまには、あたしがなんか書いてあげる」

012a_20120521121652.jpg


wくぁあああああああああああああああああああああqwqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqw2qqq


うん。
まるぴん、ありがとね。本当にありがとう。
でも、自分でがんばってみるから、どうぞご心配なく・・・。


のどかな週末がまた終わりました。さあ、明日からまたお仕事がんばろう! ・・・って、な~んか、おんなじことの繰り返し!
でも、この繰り返しを、まあ楽しんでできてるんだから、それが何よりも素晴らしく、ありがたいことよね。

あとは、季節もよくなってきたし、何か新しいすてきなものを見つけたら、ちょっと立ち止まってカメラなぞ取り出すことを、やってみよう! うん!

ではまた~!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

あま~いゴハン

週末はまたしても、ご近所メキシコ料理レストランへ。

大好きなナチョスを今回は我慢して、エンチラーダというものを頼んでみたら、こう聞かれた。
「ソースは、グリーン、レッド、モーレのどれにする?」

モーレって、ワカモレのことかな?と思って、モーレを選択。ワカモレって、アボカドをマッシュしたソースです。あれって本当、おいしいよねー!

しかし、店員さんが持ってきたものを見て仰天! ソースが、ワカモレとは似ても似つかないものだったのです!!


・・・って、ごめんなさいね。写真がないの。ああ撮っておけばよかったなあ。

モーレって、なんかこげ茶なのです。カレーライスみたいに!
食べてみると、テンメンジャンみたいな、BBQソースみたいな、甘いような味がする。それでいて、後味にちょっとカレーみたいな雰囲気もあり。うーむ、不思議なソース・・・。
これがどっちゃりと、エンチラーダを覆い尽くすようにかかっているので、かなり濃~い目。少しよけながら食べました。でもなんだかこのソース、少しついている分には、この複雑な風味が、結構クセになるような・・・。

で、家に帰ってネットでモーレ調査。

ちょうど、Wikipediaに写真も載っているので、モーレのWikipediaをご参照ください。(2つ目の写真「エンチラーダズのモーレ添え」が、まさに私が注文したのと同じものです!!)

モーレ自体はやっぱりソースという意味なんだけど、アメリカでモーレというと、メキシコの伝統的なソースである「モーレ・ポブラーノ」を指すんだとか。
そしてなんと、あのソースは、カカオをベースにして作られていたのだ! あのこってりしたほの甘さは、チョコレートとの共通項だったのか! それにさまざまな香辛料や野菜、ナッツなどなどなど入れて作られている。このへんは、カレーに似てるよね。

モーレを毎日食べたいかと言われると、首を横に振っちゃう(ここがカレーライスとは異なるところ!)けど、また試してみたい。お店によっても、全然味が違うみたいだから、数か所で食べてみたいなあ!

で、食べ物の話をしてるのに写真もなくて、あんまり情けないので、モーレから連想した食べ物を簡単にご紹介~。

さっき、テンメンジャンと、BBQソースって言ったでしょう?

004_20120514040500.jpg

・・・まあ、写真を撮ったところで、こういう汚らしい絵になっちゃうところが、また情けないんですが。
これは、韓国スーパーマーケットに併設されている食堂の、ジャージャー麺。
(韓国スーパーマーケットに併設されている食堂は、どこも決して侮れません! 安くておいしいものが、さっと出てくる!)

私が日本にいた時に、ジャージャー麺といったら思い浮かべてたのは、中国のジャージャー麺でした。(あれもおいしいよね!)
対して、ニューヨークで初めて出会った韓国のジャージャー麺は、な~んか、甘いのです。
甘いゴハンものがダメな人は、韓国ジャージャー麺は、無理です。
でも私は、これが結構、お気に入りなのです!! これもやっぱり、あの甘くてコクのある味が、クセになるのよね。テンメンジャンじゃないけど、チャンジャン、という名前のジャンで作るらしい。

韓国の人もみんな大好きと見えて、ジャージャー麺のインスタント麺も売られています。
あ、今度、このインスタント麺も買って、ブログにアップしよーっと!

それから、BBQソースの料理では、こちら!

057_20120514041654.jpg

これ、スロッピージョー、という料理です。バンズでサンドするはずが、挽肉が飛び出しちゃってる・・・!
スロッピーって、だらりーんとだらしない様子のことなので、まさにそのまんまの命名! そしてきっと、ジョーさんが開発したのに違いない!(←ここはテキトーなので、信じないでくださいね。)

もうちょっとアップで。

058_20120514041654.jpg

具が入っていることもあるみたいだけど、ここのは、ほんとに挽肉だけね・・・。
味つけは、びしっとBBQソース! たぶん、基本的にそれだけ!
なので、なんともチープな、なんてことない一品なんですが、こういうのも、たまに食べてみたくなったりする。
BBQソースって、甘くて、ちょっと薬っぽい味がするよね。モーレを食べた時にBBQソースを連想したのは、薬っぽさの共通点もあったんだと思う!

なぜかクリスマスには、チキンの丸焼きや大きな丸ごとハムではなく、このスロッピージョーを食べるのが一家の儀礼だったというアメリカ人を知っています。

そんなわけで、今日の日記の結論ですが、私はあま~いゴハンが、好き!
今日の結論があなたの人生の役に立つかどうかは分かりませんが・・・。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

ある朝のまるぴん

日本はゴールデンウィークなるもので、皆さんいろいろ楽しんでるようですが、こちらはいつもと何も変わらず過ぎました。しかし、もう5月かあ! 早いものです。

今週は、韓国料理ウィーク(ただし、うち1日はイタリア料理デイ)という、ゴハン的に濃い~1週間だったのですが、かといって写真を撮ったりはしなかったようなので、普通に猫のことなど書きます。

平日の朝、まるぴんは大抵、私の目覚ましが鳴るより早く起きて、ひとりで遊んだりして過ごし、目覚ましの鳴る少し前に私を起こしに来ます。(というと、時計の読める頭のよい猫ちゃんみたいに聞こえますが、遊び飽きて退屈になって私を起こしに来るのが、たまたまいつもそのぐらいの時間、ということです・・・)

起きたらまずは、まるぴんに朝ゴハンをあげて、それから出かける支度をします。
私が洗面所に行くと、まるぴんもついてきて、ひょいひょいと洗面所の窓のところに上って、こっちを見ます。これは、「窓あけて」の合図。洗面所の窓はすりガラスになっているので、窓を開けてあげないと外が見えないのです。
で、窓を開けてあげると、よろこんで網戸ごしに外を見てます。

朝に少し時間がある時は、まるぴんと一緒にその小さい窓から外を眺めたりしますが、そうそう構ってばかりはいられないので、外に熱中しているまるぴんを置いて、私は洗面所を出たり入ったりしているわけです。

あの日もそんなふうに、外を見てるまるぴんを残して私はお出かけ準備をしていました。

そして洗面所に戻ってきたら・・・、


まるぴんが・・・・変身してたのです!! 尻尾にご注目!!

001a.jpg

ぎゃああああーーーーー!
私は思わずまるぴんに、「ちょちょ、そ、そ、ストップ! い、今カメラ持ってくるから!」と声をかけ、カメラを手に慌てて戻ってきたら、お利口まるぴん、まだ尻尾ぶんぶんのままで待ってました。

猫って、怒ると尻尾が膨らむと言いますよね。多分まるぴんも、外の何かを見てて、それに反応したんだと思うんです。
でもまるぴんは、怒っている様子は特になくって、多分、何かに単純に驚いたんだと思います。

005a_20120506094931.jpg

窓辺からぴょいと下りて、洗面所をスタスタ歩いている時も、尻尾はぶんぶんのまま・・・。ひとたび膨らんだら、しばらく戻らないのが、また面白い!

★参考画像 通常のまるぴん尻尾
015a_20120506094930.jpg

まるぴんて、そもそも怒って威嚇するところとかは一度も見たことないのですが、この「尻尾ぶんぶんまるぴん」は、時々見かけます。

そういえば、初めてるんた(我が家のお掃除ロボットRoombaの愛称)と対面した時も、ぶんぶんになってたなあ・・・懐かしい。
あと、がしゃーん!!とか突然の物音に、尻尾がぶーーーん、と膨らんだ瞬間も見ました。

本人(猫)は、なんでもなさそうな顔してるんだけど、尻尾だけ異常に膨らんでるのが面白い。

「ああ、これのせいで尻尾が膨れたのね」と分かる時はまだいいんだけど、いたって落ち着いてるまるぴんの尻尾だけなぜかぶんぶんになってる時もあるんです。
この人(猫)、いったいいつの間に、そして何に驚いて、こんなことになったのかしら・・・?と首をひねるばかり。
不可思議なまるぴんです。

先週あたりまでは、春だというのに気温が低くて、しかも冬が終了したからか部屋の暖房(全館暖房で部屋ごとの調節不可)もきいてなくて、そのせいじゃないだろうけど、先週はなんと風邪らしきものをひきました。季節の変わり目というのは、侮れないものです。
でも、この「季節の変わり目」のいいところは、猫が毎晩ベッドにやって来て、一緒に眠ってくれるところ。
気候が暖かくなってきたら、猫はもうベッドにやって来ません。逆に寒過ぎて部屋に念願の暖房が入っても、猫はやっぱりベッドにやって来ません。(暖房の近くに行ってしまうんです!)
今だけの、お楽しみです・・・。

しっかし、人間は猫と一緒に寝たいと切望してるのに、猫にとっては、人間はただの湯たんぽなのかと思うと、切ないわね、まったく・・・!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事