ベーグルの穴から見えた日記

雪に次ぐ雪

またしても!!! 雪!!!!!

007_20110131110851.jpg

もう今年のニューヨークは、どうかしてます。雪に次ぐ雪で、予定がどんどんキャンセルになっていきます・・・。
冬が大好きと主張してはばからない私ですが、計画していることがこうもうまくいかないと、なんだか呆然としてしまいます・・・。

002_20110131114518.jpg

歩道をきれいに雪かきしてくれるのが、毎度毎度ありがたい! このきれいな断面図、これ見ると、雪の量が分かりますね。
雪国出身の人には、この程度の雪は見慣れたものかもしれませんが、関東出身の私としては、いまだに、すげーなあー、と感心しきりです。雪の粒も大きくて、あっという間に積もっちゃうのよね。

さて、週末は、雪の後とはいっても気温はそこまで寒くなかったので、雪の積もったワシントン・スクエア・パークにお散歩。
公園の中も、雪かきをして通路を作ってくれているのが、これまたありがたい!

048_20110131111556.jpg

上の画像だけだと、あんまり積もってるように見えませんが、門の手前に広がっている丸いものは、噴水で、水の吹き出し口に向かって階段状にへこんでいるんです。その中に、雪がどっさりつまってるわけです。

052_20110131110851.jpg

こんな雪なのに、ドッグランのスペースは、大盛況! 「犬は喜び庭かけまわり」とは、このことね。うちの近所の野良猫たちは、どこに隠れているのか、全く出てこないのに・・・!

犬だけじゃなくて、公園にも、散歩してる人や、雪遊びしてる親子など、普段通りにすごく賑わってました。
そして、こんなものたちまで!!

044_20110131111556.jpg

リス!! リスって、秋の間に木の実をいっぱい集めて、そして冬眠するんじゃないの? ものすごく元気に走り回ってました。雪の上だって、ぜーんぜんおかまいなしで。
そして、写真を撮ろうと立ち止まって見ていたら、3匹のうちの1匹が、「なに? エサくれんの?」と、こちらに急接近。いつものことながら、都会のリスは、ほんとこわいです。

リスにやるエサはないが、自分の小腹はすいてきて、行ったのがこのお店。

024_20110131110851.jpg

小さいけど夢のようにおいしい、Payardのケーキ。アッパーイーストサイドに店舗があったのですが、家賃高騰でその店舗をクローズしてしまって悲しんでいたら、別の場所にベーカリーができたとの情報を入手。それがこのお店、Francois Payard Bakeryなのです!

前のお店は、わたくし高級ケーキ屋ですわよ、ってかんじだったけど、このお店は、もっとずっと気さくなベーカリー。それでいて、ケーキやマカロンもちゃんと置いてある! いいなあ、ここ!
店内で食べたものもおいしかったので、さらにパンをお持ち帰り。

074_20110131111712.jpg

ショコラダマンド。久々だなあ~。おいしいなあ~。しかも、記憶がおぼろげではあるが、ずっとずっと前にPayardで買った時の同じパンより、今回のほうが好きな気がする! いいなあ、ここ! また来よう。


そんなわけで、スノーブーツを買って帰ってきました。雨の日でも、雪の日でも、ずっとスニーカーで通していたんですけど、こんなに降るなら、仕方ねえ。(安売りしてたし!)

こういう場合、「人生」というものの生来の性質からいって、「スノーブーツ買ったとたん、全然雪が降らないじゃん!!」というオチが大いに考えられるわけですが、それならそれで、私はハッピーなわけです。雪が降らなければ、予定がキャンセルされることも、もうないのだから!
そして逆に、雪が今後もじゃんじゃん降るとなれば、それもそれで、ブーツが使えて、私はハッピーなわけです。

嗚呼、なんというすばらしい計画!! どう転がっても、ハッピーが待っているなんて!!
・・・私って、こういうアホなことを考える天才なんです。私って、つくづく、幸せ者・・・。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

最近の、健康に悪いものたち

皆さまこんにちは!
えー今日は、「最近の、健康に悪いものたち」と題しまして、最近のデジカメ画像の中から、いくつか紹介したいと思います。

エントリーナンバー1番は、アメリカで、「健康に悪いもの」といえばこれ!

003_20110124140425.jpg

Jell-Oです。日本では、ジェロといえば演歌歌手のようですが、こちらでは、ジェロといったら、このぶるんぶるんのゼリーです。
どぎつい着色料と人工のフルーツ味。いろんな種類があって、食べ放題のお店に行ったりすると、デザートセクションによく置いてあります。スーパーマーケットには必ず、たくさんの種類のJell-Oの元が売ってます。ゼリエースみたいなもんで、水で溶いて冷蔵庫に入れておくだけで、おうちでジェロがたんまり食べられるというわけ。

私はこれが大好きなんですが、大好きすぎて、これまで買うのを控えていました。だってだって、買うのがクセになって、これ食べるのが日課になったら、やばいもん!

でも先日、とうとう手を出してしまったのです。出来上がりの写真は、この箱の写真そのまんまなので撮りませんでしたが、ホイップした生クリームと一緒に食べたりしました。このぶるんぶるん具合を見ているだけでも楽しい!

えー続いて、エントリーナンバー2番!

009_20110124140425.jpg

これはですねー、グレープ味のソーダに、バニラのアイスクリームをのせた、グレープソーダ・フロートです!
私は、ソーダフロートが昔っから大好きなんだけど、グレープのソーダにアイスを入れると、世にも恐ろしい、黒魔術のような泡が出るのは、なぜなんでしょう? これ、ソーダかアイスクリームの、悪い成分が出てるんでしょうか?
・・・と恐れながらも、この泡をスプーンですくって口に入れると、まあおいしい!

というわけで、私は食べますよー、何がなんでも!

さて、最後になりました、エントリーナンバー3番は、こちら!

033_20110124140933.jpg

Trader Joe'sで買った、「プレッツェルの破片 ハニーマスタード&オニオン味」!!
・・・Pretzel Piecesをそのまま訳してみましたが、なんか変かも?? でも本当に名前の通り、プレッツェルを砕いたものが入ってます。
私は、前にも書いたことがありますが、ハニーマスタードというものが大好きで、この味のお菓子があったら手を出さずにはおれないのです。これも最近、たまたま見かけて、買い物かごに放り込んだのですが、大正解でした!

035_20110124140932.jpg 042_20110124140932.jpg

中には、プレッツェルのいろんなカケラが入ってます。

スナック菓子であるという時点で、すでに相当健康に悪いんでしょうけど、なんでまたこのお菓子が今回、大トリをつとめているかというと、普通のスナック菓子にはない、すごいところがあるんです。

といいますのも、このお菓子、ものすごく、固いんです!!!

袋をよく見ると、一番下の行にちゃんと、「Hard Pretzels」と書いてある。しかしこれは、想像を絶する固さです。最初のひと噛み目では、とても食べ物とは思えないほど!

わたくしですね、何を隠そう、これ食べて、歯の古い詰め物の部分が欠けました・・・。ほらね、健康に悪すぎ!

このお菓子は、注意深く、悪くない歯を選んで噛まなくてはいけません。ふた噛み目以降は、ちゃんと食べ物っぽくなるんですけどねー。しかし、歯が折れようとも、食べるのはやめられません。すっごくクセになる味!

以上です。
本日の結論は、「健康に悪いものって、どうしてこんなにおいしいのかしら・・・?」ですね。

嗚呼、あっという間に、週末は過ぎにけり・・・。
また明日からはお仕事です。がんばりましょう~!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

新たな行きつけのお寿司やさん

じゃじゃーん! 火曜日なのに、登場してしまいました~。

というのも、先週末、遊びすぎて、日記書かないまま終わってしまいました。しかも、実を申せば、月曜がお休みだったものですから、夢の3連休だったのです。
とりたてて何をしたということもないのですが、しっかり充電しました!!

さて。
昔、私の日記によく登場していた、「行きつけの日本食やさん」。
(このお店について、知らないけれど気になるわ~と言う方は、こちら(初登場はなんと2006年3月!)こちら(リターンズ編)こちら(秘密編)、はてはこれこれといった、過去の記事をご覧くださいませませ。)

このお店はマンハッタンにあるので、行こうと思えば行けなくもないのだけれど、数年前に引っ越して、使う路線が変わってからというもの、やっぱり足が遠のいてしまった。

代わって、今、頻繁に利用してる行きつけの日本食店は、地元クイーンズのお店。前のお店と同様、韓国人か中国人の経営です。だから安い。だからしょっちゅう行ける!
以前にもちらと書いたとおり、我が家のご近所には、さまざまなアジア料理のお店が立ち並んでいるのですが、日本食だけが欠けてます。そんなわけで、お寿司を食べるには、ちっとばかし電車に乗らないといけません。でも、一応徒歩圏内でもあるし、デリバリーもしてくれます。
この3連休の間にも、お出かけついでに食べてきました!

028_20110119123403.jpg

このお店には、前の行きつけの日本食やさんのような、爆発力のある、度肝抜かれるような1品というのはありません。隠れたメニューにトライせず、いつも同じものばっかり頼んでるからかもしれません。ここではもう、寿司一辺倒です。
オモシロメニューがないのは、ブログのネタ的には残念なんですが、私の人生的には、ただおいしければ、ね。

でも、今回は、長いこの店経験の中でも初めて座ったカウンター席に、ちょっとおもしろいものを発見しました!

024_20110119123403.jpg

ゆず胡椒! 我が家にもあります、ゆず胡椒! おいしいよね!!
でも、おもしろかったのは、それだけじゃなくて、この名前。

「Yuzu-It」 → ユズ・イット → Use it!(つまり、「これ使ってね!」の意。)

この店にはこの店なりの、こういうちょっとした楽しさがあったりするので、やはりあなどれません。また何かネタになることがあれば、日記に登場することでしょう。

しかし、日本の人って実際、どのぐらい頻繁にお寿司を食べるもんでしたっけ?
アメリカに来てから、数週間に1度、月に1度ぐらいかなあ、でもたぶん、日本にいた時よりも頻繁にお寿司を食べてる気がします。下手したらアメリカ人も、日本人よりお寿司を食べてたりして・・・?!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

怒りの効用

お決まりの日記執筆タイム、日曜の夜です。

日本と違って、1月は2日からふつーにお仕事のアメリカ、そんなわけで今週は、久しぶりの週5日勤務。
もう金曜の夜なんて私、仕事しながら、ぷりぷり怒ってました。いや、別に「怒った」といっても、怒鳴り散らしたり、物投げたりして、人に迷惑かけたわけじゃなくって、単にこう、

「あ・た・し・は・い・え・に・か・え・り・た・い・の・だっ!!」

という思いをふつふつと燃やしながら、仕事に打ち込んでたというか。
だから、何に怒っていたかとあえて言えば、「まだ仕事をしている私」という状況に怒って、その状況を少しでも早く変えるべく、怒りのパワーを使って、仕事の進行をスピードアップさせたというわけです。

キレやすい子供、なんて昔よく言われてたけど、(そんな子供たちも成長して、いまや、キレやすい人だらけの世の中になっちゃったのかなあ・・・)キレるって、怒りのあまり、自分のコントロールができなくなっちゃう状態だと思うんです。
誰かが「キレる」と周りの人も含め、ろくなことにならないから、「怒り」も一緒くたに悪者扱いされがちですが、私、「怒る」のって、結構好きなんです。だって、怒るのって、すごくパワー出るから。身体の中が、燃えるんです。
自分をコントロールしながら「怒る」ことができれば、上記の「仕事を早く終わらせる」ことしかり、いろいろと使い道があるもんです。お試しあれ!

・・・しかし、なんだこの日記は! 書くことないから、へんなことを語ってしまったではないか!

また来週、出直します。
雪でいろんな予定がぐちゃぐちゃになって、今週は、仕事と家の往復というかんじで、週末も特に外に行く用事はなく、ずいぶんのんびりできました。
ニューヨークは、金曜から土曜にかけても少し雪が降りましたが、積もらずにすみました。天気予報は、水曜にまた雪マークです。

寒い日は、家であったかいお餅でも食べよう。お正月のお雑煮以来、お餅があまりにおいしくて食べまくってます。あ、そうだ、書くことないと思ったけど、お雑煮の画像でものっけたらよかったんだ・・・!!

完璧な元旦

こんにちはー! というか、あけましておめでとうございます、ですね!!
改めまして、皆様、2011年もどうぞよろしくお願いします。

今こちらは2日の昼です。

元旦の日は、およそ日本ぽくありませんが、やると決めていたことがありました。それは・・・

「元旦ランチ限定、牛角・焼き肉食べ放題に行く!!」

爽快に起きて、外もいい天気、元気いっぱいで牛角ミッドタウン店に向かいました。
12時10分前ぐらいについて、お店の外には20人ぐらいの行列・・・げげっ、でもこの人数なら入れるだろう! と、最後尾につく。

・・・ところが、その後が、大変だったんです。
いざ開店すると、お店の人が、「予約がある方はこちらへどうぞ、予約のない方はこちらへ」と言うではないか! ええー、食べ放題なのに、予約とってたなんて! ・・・はい、私たちもちょっとバカでした。勝手に予約なんて取らないだろうと判断していたんですから。
でも、ことを複雑にしたのは、並んでる他のグループの中に、実際に予約を取ろうとして「その日は予約はとりません」と断られていた人たちがいたってこと!
そんな状況を考慮してなのか、すぐに入れてあげられるようなことを言う店員さんもいたりして、30分近くは待ってみたんだけど、最終的には、ものすごい高慢な男性店員(←日本人じゃありません)の、

「あなたは予約ないんでしょ? あんたたちはウェイティングリストなんだよ! 店は予約でいっぱいなんだよ!」

という言葉で、はい。キレました。

待った挙句運よく入れたとしても、この店で新年から肉を食べたいか? その肉は、私にとって、おいしいのか? 否!!!

庶民(私~!)の味方・日本牛角とは違い、高級路線の米国牛角、たまに行くと、つまらない思いをさせられる確率が高い。それでも、こういうお得な宣伝を見たらつい心が動いちゃうんだけど。牛角が悪いわけでもなくて、ただただ私と波長が合わないんだ、きっと。

今回は、30分で逃れられたので、よしとする。今日は、焼き肉の日じゃなかったんだ、きっと! うん、そうだ!

しかし、ランチはどうする? 食べ放題に行くからといって、きばって前日から絶食とか、そんなことはなかったのですが、何かかるく食べなくては・・・。せっかくだから、少しおしゃれな、すてきな場所がいい・・・。

で、結局、私たちを救ったのは、ここでした。

019_20110103015701.jpg

Le Pain Quotidien。日本にも最近、進出したという話を聞いて、ちょうどタイムリーでもありました。

032_20110103015702.jpg

パンとケーキのラインナップを眺めるだけでもうっとりしちゃうけど、今日は奥のイートイン・スペースへ。

022_20110103015701.jpg

このお店って、どの支店に行っても、すごく開放感があって、落ち着く雰囲気。
新年から開いててよかった。ていうか、すごい人だな!!

024_20110103015701.jpg

そして、幸せそうな人たちを眺めながら、ゆったりと、すてきランチを食べる。
これよ! これだ! 私の2011年は、これ!!(よくわからないが、漠然とそう願った。)

すっかり気を取り直して、新年早々ショッピングに繰り出す。

お、その前に、途中通りがかった、タイムズスクエア。

013_20110103020348.jpg

これまた、すごい人!!
↑この画像の右端手前に写っているビルの上に、あの有名な、タイムズスクエアのカウントダウンのボールが設置されてるわけです。
こんなかんじで。↓

015_20110103023510.jpg

これはテレビで映る風景の裏側に当たるわけですけどね。
しかも、近くで撮り過ぎたので、肝心のボールが、見えてませんが・・・。この先っぽに、ボールがあったんです。いや、今もあるんですけど。

たった12時間前には、ここが今の比じゃないぐらい、人・人・人で、ぎゅうぎゅうのぎゅう詰めになっていたんですね・・・!! 紙吹雪や何やらで、人が去った後はこんどはゴミの山だったろうと思うのですが、遠くから見た限りでは、きれいに片付いていました。

018_20110103023509.jpg

同じビルが、今度は左端手前に写ってます。タイムズスクエアも、昼間は妙に健全に見えますね。

さて、ショッピングに行くと言いましたが、実際お店がどのぐらい開いてるのやら、全く未知数のまま繰り出したのです。無謀にも。
でも考えてみれば、タイムズスクエアのカウントダウンのために世界中から集まってきた観光客の皆さまが、明けて1日にすることといったら、買い物ぐらいしかないわけで。SOHO、NOHOのブロードウェイ沿いのお店は、軒並み開いてました。そして、またしても、すごい人!!

そして、変なお店を見つけたので、ご紹介。

035_20110103015701.jpg

ショーウィンドウ。結構センスのよさそうな、すてきなお店、でしょう?

「こんなかわいい服、着てみたい・・・」

あなたは、これを見た後でも、そう言えますか?


033_20110103015702.jpg

「極度乾燥(しなさい)」・・・???

本気なのか、冗談なのか、しかも服のセンスはなかなかすてきなので、頭をハテナで一杯にしながらも、店内へ。
お店の中にも、意味解読不能な日本語のオンパレード!!(時に中国語に変身!)

こういうアイディアを形にするのは、やはり中国人・・・? でも、日本人がこれを仕掛けているとしたら、相当な人物だわあ・・・と思いながら、Superdryウェブサイトに行ってみたら、なんとイギリス発でした!
予測は外れましたが、このぶっ飛び感がイギリスと言われると、ある意味「ああ~!」というかんじもあります。

1985年創業と書いてありますが、一体いつの段階からこの日本語表記の製品を作り始めたのかは、ウェブサイトからだけでは、よくわかりません。(追記:こちらのインタビュー記事を見ると、2003年にSuperdryブランドは生まれた、と書いてあります。)
イギリス、アイルランドの他、ベルギー、フランス、スカンジナビア、アメリカ、オーストラリアにお店があるんだそう。

このお店、「日本語」というものが、非日本人から見て「超かっこいい!!」ものであることを表してます。

日本で作られた、英語の文章が書いてあるかわいいTシャツをアメリカで来ていて、「何それ、どういう意味~?!」って爆笑されること、あるんです。文法的に意味を成していなかったり、摩訶不思議なことが書いてあったり。
私たち、買う時に、英語でなんて書いてあるのかなんて、いちいち気にしないじゃないですか!
しかし、この現象は、それの逆パターンなわけです。なんて書いてあるかは読めないけど、どうやら日本語らしい、So Coolなわけです。

ここの製品に使われている、壊れた日本語たちの例については、他の方がブログでいろいろ書かれているので、ここでは繰り返しません。
ひとつだけ、私のいちばんのお気に入りを。(お気にいりっていっても、「着たい」って意味じゃありません!!)

karihoshokusha.jpg

「狩り捕食者!」

はあ。脱力しますね~。全部、この調子です。もっとすごいのもあります。
しかし、繰り返しますが、服のセンスはすてき。でも、お値段も相当でした・・・! 実際に購入した方によると、品質もなかなかいいようですよ。

Superdryの話はさておいて、新しい年の始まりということで、身の周りのものをいろいろ新調しました。

前回の日記で、軽い気持ちで、「安定した生活の中でも、何か新しいこと、新しいレベルに、ジャンプしたいものです」と書いたのですが、後から、これは本当にその通りだなあ、と自画自賛していました。自画自賛というか、私の今年の目標は、まさにそれだ、と。安売りの魅力もあって、身の回りのものを一斉に新調したのも、まずは形から、新しいものにチャレンジする意気込みを表している、のかも?

・・・おお、そうだ!! 危うく日記をまとめちゃうとこだった! もうひとつ、言わなきゃいけないことがあった! 2011年も相変わらず超長文の日記ですが、いましばらくおつきあいを!

買い物を終えた、夕方5時半過ぎ、イーストビレッジ。
全てのパーツがぴたりとはまって、画期的なアイディアが突如、私の頭の中に!!

「焼き肉ウエストのハッピーアワーに行っちゃう!」

焼き肉ウエストとは、ビレッジにある焼き肉やさんで、毎日夕方5時から6時限定で、超お得なセットを提供してくれるのです!!
予約なしでも入れて(でもその後はもう満席です、人気店ですからね!)、たったの10ドルで、ごはんとお肉とサラダと味噌汁と、食後にはアイスクリーム!! 夢のようなセットを、心から堪能しました。

今日は、焼き肉の日じゃないと思ったけど、やっぱり焼き肉の日だった! ありがとう焼き肉ウエスト!

そして思ったんです。私の、2011年の・・・いや、人生の目標!

いつの日か、私がビッグになったら(←なんか表現が古いですが)、こういう私がお世話になった&なっているお店たちに、恩返しをする!!
いや、単にまた食べに行って、お金をおとして帰るっていうことでしかないんですが、少なくとも、小金持ちになったからって、よろこんで高級店にばっかり行きまくって、「やっぱ高級じゃないと、ね~」と、味も分からず自分に酔ってるだけの大人には、ならないぞ!! という決意です。

でも、今の私にできることは、元旦からお店を開けてがんばってくれてる人たちのために、ほんの心ばかり多めのチップを置くことぐらい・・・。また来ます! そしていつか、もうちょっと「高い客」になります!! 待っててくれい!!

そんなわけで、日本の元旦風景とはまたずいぶん違いますが、初詣よろしく人混みにもまれ、新年の計を元旦に立て、おいしいものをいい気分で食べて、すばらしい元旦でした~。よい年にするぞー!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事