ベーグルの穴から見えた日記

イーストリバー行ったり来たりの旅(すいません、また長めです・・・)

アメリカは、メモリアルデイのため月曜がお休みで、3連休です。
と同時に、海開きが行われたりするなど、この連休は、「夏の始まり」とみなされます。

夏が来た!! ・・・って、私は、夏は好きじゃないんですが。(なぜなら暑いから。)
好きじゃないといっても、夏は楽しいもんです。わくわくします。
そんな連休の初日、結構がっつり探検してきたので、その様子をご紹介します! 帽子をかぶって、友を引き連れ、レッツゴー!

今日の目的地は、DUMBO! 象のダンボと同じダンボですが、地区のDUMBOは、Down Under the Manhattan Bridge Overpassを略したもの。アメリカって、略してこういう言葉を作るのが大好きなのですねー。

DUMBOには、まだNYに住むことになるなどとは自分でも知らずに3か月間の滞在をしていた2004年冬に一瞬訪れたことがある。その時は、倉庫街の一角を切り取って、かっこいいエリアにすべく開発が始められた、そのごく最初の頃だったので、閑散としてた記憶があります。
最近は、店舗も増え、フリーマーケットや、いろいろなイベントも行われ、ずいぶん賑わってるようです。

043_20100531021648.jpg
(通りの向こうにマンハッタンブリッジを臨む。まさにDUMBOの略語にあるとおり、橋のふもとです。そしてその奥には、エンパイアステートビルが!)

で、まずは腹ごしらえ。DUMBOって、本当にほんの小さな区画でしかないので、食べ処のチョイスは、そーんなにたくさんはないのですが、いい匂いがしていたのでなんとなく入ってみたお店の、メキシカンなブランチ・プレートが、すごくおいしかった!!

040_20100531020430.jpg

アボカドの形もごろっと残されたこのワカモレは、香草がききすぎてなくて、ぴりっと辛くて、すごくおいしかったなあ。皮つきポテトはいわずもがな! そして卵も、この画像で見るとなんてことない卵だけど、案外焼き加減が上手なのです! そして、赤玉ねぎを小さく刻んだものが入ってる。

042_20100531021052.jpg

ばりっと焼かれた雑穀入りのパンに、何のチーズなんだろう、しっかりした味のチーズがよく合ってるサンド。
全てのパートがおいしいブランチを思いがけず食べられて、大満足。

そして、食後のお待ちかね。
このブログにも数回登場しているチョコレートやさん、Jacques Torres。このDUMBOに1号店があるのです!(2004年冬の目的地もここでしたー。)
チョコレート屋さんの店内ももちろんチェックしたけど、今回の目的は、お隣に最近完成したという、Jacques Torresのアイスクリーム屋さん!!

045_20100531021648.jpg

ダブルをお願いしたら、お兄さんが何も聞かずにカップを手に取ったので、「あ・・・私、コーンのほうがいいんですー」と言ったのです。そしたら、「うーん、コーンに2種類のせるのは結構難しいけど、やってできないことはないから、やってみよう」と、快くコーンに持ち替えてくれた。
しかしその瞬間私の脳裏によぎったこと、それはもちろん・・・コーンは食べたいが、コーンにしてもらったばっかりに、アイスのスクープが小さくなっては大変だ!
で、「あ、あ、やっぱりシングル2つにしよっかなー」って言ったら、お兄さんは私の脳内を全て察してくれて、「じゃあ、カップの中に2スクープ入れて、そしてコーンをさしてあげる!」とな!! うわーん、やさしいー、しびれるうー!!

で、できたのが上記のものです。この中には、たっぷり2種類のアイスが詰まってます!
といっても、画像がコーンばっかりなのもあれなので、こちらもどうぞ。

048.jpg

今回のチョイスは、ヘーゼルナッツ味にチョコがごろごろ入ってるものと、ダークチョコのアイスにアーモンドやマシュマロが入ってる、ま、いわゆるロッキーロードと同じ味ですね、そうは書いてませんでしたけど。やっぱりチョコレート屋さんなので、チョコを意識したチョイスとなりました。ロッキーロードのほうを、コーンに移してみたの図。

あー、アイスって、ほんとにおいしいなー。私たちが、お店の外にいくつかある椅子に座ってぱくぱく食べていたら、スクーターに乗った2人の子供たちがガン見しながらすいーと通り過ぎていった。と、しばらくしたら、戻ってきてお店にin。

049.jpg

ははは、子供たちよ、私らの食べざまは、そんなにも魅力的だったかね? パパ&ママとの交渉成功おめでとう!

Jacques Torresのほぼお向かいには、Almondineという、とっても評判のよいらしいパン屋さんがあります。

121.jpg

ドアの取っ手に注目!

パンはそんなにたくさんの種類はなく、魅力的なケーキがたくさん並んでいたけど、ここでは、お店の名を冠した小さいほうのバゲット(と思ったら、こちらは全粒粉のバゲットだったのです! みずみずしくて、おいしかった!!)と、チョコレートクロワッサンを買った。夜、家であまりのおいしさに全部食べちゃったので、画像ないんです。
んー、ここはまた訪れたいものです!!

腹ごなしに散歩。本屋さんや家具屋さんを散策して、公園へ。
水際は、公園になっていて、右手にマンハッタンブリッジが見えるのはもちろん、左手には、私の愛する、というか、たくさんの人に愛されている、ブルックリンブリッジも見えます!

072a.jpg074_20100531025042.jpg073.jpg

あーん、ずれた! もういっちょ!!

084_20100531030526.jpg083.jpg

むー、むずかしいなあ。イメージ図ということで、ご了承ください・・・。

さらに、マンハッタンブリッジをくぐれば・・・、

112.jpg

ウィリアムズバーグブリッジと思しき、次の橋も見えます!

091.jpg

この小さな公園、結婚式の一群が、そこかしこに!! その場で結婚式が執り行われているのもあったし、あとは、式の前か後に、ブライドメイドとかもひき連れて、リムジンでここに来るわけです。そして、シャンペンをあけたりなんかして、カメラマンにすてきな写真をたくさん撮ってもらうようです。5組ぐらいは見たかなあ? もっとかなあ? おもしろいものです。でも確かに、ここは、これ以上ないぐらい絵になる風景だわ!

その後、DUMBOから少し南下。ブルックリンブリッジ下を通過!

132.jpg

ひょえー、ブルックリンブリッジは、マンハッタンブリッジ以上に、すけすけ感というか、手作り感がありますなあー・・・。こんなものを人間が作って、その上を長年に渡って人や車がじゃんじゃん通っちゃってるんだから、すごいよね。

ブルックリンブリッジの南は、かの有名なリバーカフェのある一帯。
Brooklyn Ice Cream Factoryという、River Cafeの隣にあってこれまた有名なアイスクリーム屋さんで、さらにアイスゲットだー・・・と思いきや、うぎゃー、なんか行列してる!! というわけで、あっさり断念。
というのも、ここに来たのはアイスだけが目的ではなくて、ブルックリンブリッジ・パークという、オープンしたての公園があるのです!

167.jpg

公園から、視線を左に移していくと・・・

166.jpg

こうなります。さっきまでは、川に面して左手にあったブルックリンブリッジが、くぐった後は右手に移ってるんですね。(当たり前ですね。)奥に、マンハッタンブリッジ。
さらに視線を移すと・・・

165.jpg

対岸のマンハッタンのビル群の中に、頭ひとつ出ているエンパイアステートビルが見えます。この画像の右側にうすーくいるやつがそれです!
(これらの画像も、自力パノラマビューを試みた撮影でしたが、残念! やっぱりずれてたー。)

さらに視線を川に向かって左手に向ければ、自由の女神! ヘリコプターがマンハッタンから慌ただしく行ったり来たり。たぶん、ウォールストリートのビジネスマンの方々が空港に行く便ではないかと。

176.jpg

公園は、まだ一部がオープンしているだけで、これからもっと広くなって、もっといろんなことができるようになるそうです。ぐるりと一周まわりながら、写真をぱちぱち。

180.jpg179.jpg

(パノラマビュー、おしい!!)

2つの橋とエンパイアステートビルがきれいに1枚に入るポイントもあった!

191.jpg

そして。もうすでに相当歩きまわったし、最寄駅のHigh St.駅から電車に乗ろうかとも思っていたのだけど・・・。
ここまで来たら・・・やっぱり、ブルックリンブリッジを、渡りたい!!

というわけで、行っちゃいました。

208.jpg

橋の上。

214.jpg

今さっきいた、公園が下に見える。画像をクリックして大きくしないと、いや大きくしてさえも、見えないかと思いますが、実は自由の女神が、真ん中やや右寄りに、ほんのちょっこり見えてます。

222.jpg

おおーー!!

217.jpg

おおおーーーー!!!

と、いろいろ言うまでもないすばらしい橋上散歩を満喫し、マンハッタンに到着。さて。もうノリノリで、まだ家に帰れないわ!!という気分な私たち・・・。

よーし、今度は、IKEAに行っちゃおう!!

・・・と、何がどうなってIKEAにつながっているのかというと、この近くから、週末限定でIKEAの無料水上タクシーが運行してるのです!
つまり、こうなったら今日はとことん、この川を堪能しようと、そういう計画なのです!

IKEA行き水上タクシーは、サウスストリートシーポートから、少し南に下りた、Pier 11から出ているという。この水上タクシー、ずっと乗りたかったのです私!

ピアに到着。

232.jpg

ごちゃごちゃしてますが、ブルックリンブリッジとマンハッタンブリッジが折り重なって見えます。左に見えるオレンジっぽい建物は、サウスストリートシーポート。
この風景の反対側を見やると、すぐ隣にヘリポートが! あー、ヘリコプターはここから出ていたんだ!

238.jpg

IKEA行きの水上タクシーが到着。もちろん2階席へ!

244.jpg

ブルックリンブリッジとマンハッタンブリッジを背後に眺めながら、水上タクシーは唸りを上げて、ブルックリンへ。

そして、女神さま。

247.jpg

1日じゅう、女神の姿が見えるたびに、写真をぱちぱち撮っていたけど、結局この最後の1枚が、この日いちばん女神さまを間近で見た瞬間となりましたー。

248.jpg


そして、IKEAに到着。
ミートボールで腹ごなしした後、気になる家具を見て回る。そして、来たる夏に向けて、ビーチパラソルを購入して、かついで家に帰りましたとさ。

がんがん歩いて、すばらしいところを次々と訪れて、おいしいもの食べて、戦利品もあって、実りの多い1日でした!

景色がすばらしすぎて、写真を撮りまくっちゃったので、またしてもうっかり長い記事になってしまい、すみませんー。
でも、これからあほみたいなことを、念のため申し上げます。

「実物のほうが1億倍すてきです!!!!!」

皆様も、チャンスがあったら、ぜひぜひ行ってみてください!

最後に、この日行った場所を、Google Mapでたどってみましたー。(クリックすれば、少し大きくなります。)

Brooklyn1-1.jpg

いちばん右側の、York St.駅からスタートです。四角くぐるぐるまわってる辺りが、DUMBOと呼ばれてるところの中心部です。

Pier 11から水上タクシーでどの辺りに着いたか、そして自由の女神の島との相関図も・・・。

Brooklyn2.jpg

いやー、よく歩いた! 夜はパソコンしながら、足をもみもみしてました・・・!!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

2010年春・日本(超超超長文、たぶん今まででいちばん? でも全部書く。)

さて、日本のことを、前から順に・・・。画像も、あったりなかったりで、きちんとした記録にはなりえませんが、あくまでも私の備忘録として、ね。(この日記はいつもそんなんですから、読んでいる皆様は、もうすっかり慣れっこになっていただいていることと思いますが・・・。)

到着は、日曜日。
車で空港まで迎えに来てくれた両親と、その足でお母さん方のおばあちゃんちへ向かう。車の窓から、遠くに東京スカイツリーが見えました!
おばあちゃんちでは、さっそくお寿司など食べる。

月曜は、日本の免許証の更新。
更新というか、免許はすでに失効。でも、「海外に行ってたので、更新に来られませんでした」という理由ありの失効として、半年以内なら、試験などを省略して更新っぽく手続きしてもらえるのです。(都道府県ごとにルールはいろいろ違うんじゃないかと思いますので、ご注意くださいね。)その期限のぎりぎり1週間前。
日本にいても、ほとんど運転なんてしないんだけど、せっかく取った免許なので一応キープしておこうかという算段だったのですが、もう諦めてしまいたくなるほど、大変でした・・・。というのも、私、海外に行く時に、住民票を抜いていて、しかもそれからずいぶん経つので、すでに除票すらも取れない状態で。
警察署の交通課に何度も足を運んで必要な書類を確認して(←両親がやってくれました)、本籍のある役所まで行って戸籍謄本を取ったり(←前もって両親が行ってくれました)、さらに免許センターはものすごい辺鄙なところにあるし(←父が私を乗せてドライブ)、その挙句、いざ提出という時になって、実は私の滞在地の証明のためには父親の住民票も必要だってことに気づいて、親子で愕然・・・。
結局、粘った末、父の免許証のコピーと一筆、そして拇印で、なんとか認めてもらえることに。お父さん、大・大・大活躍の1日でした・・・。
(実はそこから、父の免許証の住所と私の免許証の住所で、マンション名がビミョーに違うとか、「これぞお役所」なことを言い出して、さらにひと悶着あったんですが、まあそれは私と父がこのひとことを読んだらすぐに思い出すことでしょうから、詳しくは書きません。すでにずいぶん長いし・・・!)

で、その夜は、別クチで大仕事を済ませてきた母と合流、3人でぐったりしつつも、無事にその日の用事を済ませたことをお祝いし、近所の焼鳥屋さんで一杯ひっかけて帰宅。

レバーとつくね。
2010May日本 013
おつまみいろいろ。
2010May日本 010
手羽。
2010May日本 011

火曜日。
ビザの面接を受けに、早朝から赤坂へ。心配で前の日は寝つけませんでした。(私にとってそれは大変に珍しい現象である。)手続きはさくさく進んで、無事に終わったけど、預けたパスポートが帰国予定日まで戻ってこない可能性がありそうで、愕然とする。

ともかく、終わったので、安心して家に帰る。私につられてか、両親まで早起きしてたので、冷やし中華か何かをひるごはんに食べたら、みんなで昼寝。起きたらみんなで買い物に行く。私の服がみすぼらしいのが気に食わないらしく、両親が服を一通り買い与えてくれた!
夜は家でのんびり・・・といきたいところではあったけど、日本で会う約束をしている友達と連絡とりあったり、何かとパソコンの前であたふたする。

水曜日。
弟ファミリーに会いに、お父さん方のおばあちゃんも乗せて、富士山のふもとまで車でドライブ。昼は、お父さんがネットでリサーチした、草季庵というおそばやさんへ。

2010May日本 026
(店構えのいちばんよく分かる写真に、たまたま写っちゃってたので、お母さんとおばあちゃん、本邦初公開!)

私は、天ぷらぶっかけそばにした。昔日記に「行きつけの日本食やさん」という、当時行きつけていたインチキ日本食やさん(愛を込めて言ってますのであしからず。)のことを書いた時、「ここの天丼には、ななななんと、ブロッコリーの天ぷらが入ってるんだぜ!」と笑いモノにした記憶があるのですが、由緒正しそうなこのお店でもそれをやっていたので、びっくりした! すまん、行きつけの日本食やさん、君こそが正しく、私が無知だったのだ・・・!

2010May日本 038

でも、もうひとつ気になるメニューだった、・・・あれ、名前忘れちゃった・・・、辛み大根の汁と信州みそ、つゆを合わせて食べるというおそばというのがあって、こっちはお母さんがチャレンジしてくれた。

2010May日本 040

私、大根の辛さがあんまり得意でないので、自分で頼まなかったんだけど、味噌と合わせるとあら不思議、辛みがまろやかになりました。これは、かなりのヒット作品でしたー!!
私のぶっかけも、大大大満足! 石臼で挽いてますと書いてあったけど、丁寧に作られた優しいおそばの味が、とってもおいしかったです。

で、弟の家。平日なので、弟は仕事してるが、新築ピカピカの家にはじめてお邪魔した! ピカピカの小学1年生になった姪っ子が、ほどなくして学校から帰ってくる。待ち焦がれていたおともだち(私)に会って大興奮で、すごかった。
姪っ子ちゃんには、1年ちょっと前に弟ができた。こっちの弟ちゃんもかわいい盛りなのだけど、私としては、一家のプリンセスとして育った後での弟誕生で、一皮むけて大人になったであろう姪っ子ちゃんと、「お姉ちゃん同盟」の仲間として、思い切り遊んであげたかったのだ。さらに、小学1年生といったら、これから大人になるため、数々の試練が待ち受けている、そのまさにスタート地点ではないか。
姪っ子ちゃん! おばちゃん、応援してるよ! おてがみの返事は遅いけど、遠くから見守ってるからねー!

で、夜はみんなで、おいしい回転寿司。仕事だった弟が、食べ終わる頃にやっと合流するも、父・母・ばあちゃんは、ごはんを食べたらさようならー。私はというと、本日は翌日の移動先の関係で、ここでお泊まりさせていただくのです。
といっても、大興奮の姪っ子ちゃんが最後はお母さんに怒られてとうとう眠り、その後お風呂、翌日の新幹線の切符の手配(私はよくわかんないので、ぜんぶ弟にお任せ~)などしていたら、もう「あとは眠るばかり」みたいな状況になり、弟夫婦とゆっくり話す時間は、全然なかったなあ・・・。

木曜。
弟家は、大人5時、子供5時40分起床。(私は間をとって、5時20分起床。)ちゃっかり一緒に朝ごはんをいただいて、弟家を出発。ローカル線を乗り継いで、新幹線の駅まで着き(弟が行き順をちゃんとプリントアウトしておいてくれたので、無事に行けましたー)、新幹線で京都へ。
この日は、京都&大阪、食い倒れ飲み倒れツアー!!(うそです、私が勝手につけました・・・!)
京都は修学旅行で訪れたきり、大阪は、つい1年半前に、出張で来たのが人生初、という京都と大阪にゆかりの全くない私。京都と大阪にゆかりのある友達が、案内してくれたのです!
といっても、私の日程で、あちこち回る余裕はなし。そんな私を友達が連れていってくれたのは、園通寺というところ。

畳に座って、枯山水の庭を眺める。中央に比叡山がそびえる、借景の庭園。なんか日本に着いて以来の、どたばたや、あたふたや、愛おしいにぎやかさと、その瞬間のしんと冷えた中に木の枝が揺れているその情景との、なんというか、その2つの世界の気圧の差に押し出されるみたいにして、涙が出そうになった。

比叡山とお寺の間にある土地の開発によって、今後は高いビルが建ったりして、つまりこの景色に「日常」が入り込んでいって、崩れていく運命なんだそう。ここに住んでいる者ではないから、何もいいようはないけれど、やるせない気持ちになります。

さて。お待ちかね、おいしい時間です!!
京都でぜひと案内してもらったのは、あぶり餅のお店。(お味はよーく覚えてるけど、この名前が私のかわいい脳みそからすっかり消え失せていて、今調べ直しました・・・。)
向かい合わせで2軒あるらしいのですが、友達オススメのほうへ。

2010May日本 098

それが、これなんです。いやー、おいしい!! 餅というには、ふわっと、しゅわっとしているこの小さなものを、黄粉をつけて焼き、タレをつけたもの。白味噌風味のタレも最高で。お皿のタレを余さず餅につけ、竹串にお餅が残らないよう、きっちりしごいて食べてたら、友達に褒められた(?)。ありがとうございます。
食後、串打ちしてるお店の人たちを偵察し、餅を炭の上でせっせと焼いているおばあちゃんに御礼を言って、びゅんと大阪へ!

大阪の写真、ぜんぜんないんですけどー、まずはオススメお好み焼きやさんに連れてってもらって絶品のお好み焼きを食し(なんで画像がないかって、そりゃああなた、すっごくおなかがすいてたからですよ!! このお店また行かないとー!)、その後、京都の夏のものを中心に選んでくれた(鱧とか湯葉とか!)おつまみで1杯やって、その後、友達のなじみのバーに移動して。
言い忘れましたが、私が京都に着いたのが10時前、大阪に移動したのが、まだ昼過ぎとかですよ。だから、行こうとしてた店がまだ開いてなかったりして、友達には頭を使わせてしまいましたが、ちゃっちゃと「じゃあ、こっち行こう!」って考えてくれて、大阪に詳しい人と一緒でよかったー。
それにしても大阪って、どんな時間帯でも、お酒を飲める場所がそこここに開いてるんだなあー。友達は、「そーだよ! 早朝だって、昼間だって、あるんだよ!」と胸を張っていましたが、この環境、いいのか悪いのか・・・。

新大阪発は、夜7時半。数え方によっては相当浅い友達づきあいだというのに、1日すっかりお世話になりました!!

帰りの新幹線は、東京までまっすぐなので、京都駅付近で五重の塔を撮ろうと頑張った後は、もう眠りこけてました~。夜に新幹線から景色を撮るのは、無理ね。

2010May日本 105

さて金曜日。
実家の鍵を持ってないので、仕事に行くお母さんと一緒に家を出る。午前中は池袋で自分の買い物をして、有名なラーメン屋さんの1つで、つけ麺を食べる。うむ、おいしかったけど、待ち焦がれた本場日本のつけ麺としての満足度的には、まあまあか。やはり熊本とんこつのあの店に行くべきだったか・・・。行った店も、行きたかった店も、池袋に支店ができる前に行ったことがあるから、どちらにしようか迷ったんだけど、「まだ昼前だし、あんまりこってりなのもねー」とか、女らしいこと考えちゃったのよね一瞬。いかんいかん! やっぱ、攻めていかないと!

というわけで、午後は下北沢へ。目指すは、アイスクリームやさん!!
実はここ、私のお友達のお店なのです。

2010May日本 114

到着して再会を喜ぶ間にも、きんもくせいの花びらジャムで作ったお茶をいただく。なんてかわいらしい! カメラを構えた私のために、花びらがひらひらしてる瞬間を撮らせようと必死でかきまわしてくれるお友達ほか皆様も、かわいらしい。
私を「稀代の食いしん坊」として認めていただいているようで、さまざまなものをお味見させていただいてしまいました!!

2010May日本 116

それだから言っているわけじゃないんですけどね、ここのものは、全部おいしいです! でも、おいしいだけじゃないの。作ってる人の気質がそのまんま出てる。
たとえばこのゼリー、お砂糖不使用なんだそう。キシリトールで多少の甘みはとっているんだけど、もうあくまでも、ぶどうのおいしさなの!!
その潔さ、私は、惚れちゃうんです。甘くないったら、甘くない。このお店の商品は、ゼリーにはゼリーの、アイスにはアイスの、そして他の商品にもそれぞれの、コアなファンがつきそう。

2010May日本 117

アイスクリームは、タルトに入ってる! このタルトがまた、かわいいくせにしっかり固いやつで、アイスクリームにものすごく合うのさ。そして、ゼリーのふんわりやわらかなかんじとはうってかわって、アイスはがつんと濃い!
いも、くり、キャラメルバニラなどなどなど、聞いただけでもうっとりしちゃうラインナップですが、実際食べたらもっとうっとりすることでしょう。
キャラメルバニラは、キャラメルリボンじゃありません。お店で作ってる生キャラメルが、ごーろごろ入ってます!!
いも、くり共に、まんま本物の味で最高なんだけど、日本一時帰国中の私としては、くりの味に特に感激。「マロン」とか言うおしゃれな名前ではなく、これは和の「栗」なんだ・・・!!
それから、店主一押しの、チョコレートアイス。チョコレートが本当に好きな人用の味なの。チョコの苦みと風味が、伝わってきます。むむむ・・・すごい!
チーズ大好きの私は、やっぱりチーズのアイスに、心つかまれたわー。あっ、でもレモンのシャーベットのすっぱさと、マンゴーのシャーベットの本物さ加減にも・・・
あーん、プリンのこともまだ書いてないし、他にもたくさんの商品があるというのに、書ききれない!
(注:全種類をフルサイズで食べたわけではありません! が、途中からみんなが私のおなかを心配してくれるぐらいには、食べました~。日本に来るチャンスはそうそうないからね、攻めていかないと!!)

店頭で、ものすごくしあわせそうに食べてたのはいいんだけど、街行く皆様に非売品ばかり宣伝してしまって、すみません・・・。
あっ、あれもおいしかった、剣!! すっごい固いの! 固いったら、固い! そして、苦みと臭み! そこがすっごくよいのー! ・・・なんのことか分からない方は、ぜひお店のホームページをご覧くださいませ!

ここに夕方まで居座って、私の3人の友達とここで待ち合わせ、食べ、しゃべり。話は宇宙の広がりを見せ、きのこ椅子に乗って、みんなで異次元空間にお出かけしたかのような気分になりました。みんなありがとうー。

そして夜は、お店を早めに抜けてくれた友達と、おいしい焼き鳥やさん→タイ料理やさんのはしごで、途中からは閉店後に駆け付けてくれただんなさまも合流、飲みながらさらに熱く語った。舞いあがれ、私たち!

土曜日。
お昼の用事の前に、おばあちゃんちに寄り道。弟の家で別れ際、おばあちゃんが、「あすか、おれはいろんなお土産お前に用意してあるんだから、取りに来いよ!」と言っていたのだ。(うちのおばあちゃん、威勢いいでしょ?)
おみやげは、おばあちゃんお手製コチジャン(しかも並々ならぬ量!)ほかいろいろ。なぜかおばあちゃんは、私がその日全てのおみやげを、そのまま手で持って帰る(しかもその前には友達に会う)とは思ってなかったようで、驚愕してた。
いいのいいの、このおいしいコチジャンのためなら! それにどうせ、ニューヨークまで持って帰るんだから、その予行練習ということにします!

そして、昼過ぎに待ち合わせたお友達と、江古田までぶらぶら歩く。噂に聞いていた、パーラー江古田に行くのです! 小さなお店は満席だったので、江古田の街をぶらついたり、ベンチで座ってしゃべくりながら、席が空くのを待つ。ああー、のどかだなあ!

とうとう席が空いて、友達が勧めるままに、サンドイッチの全部のせをオーダー! チキンと新玉ねぎとズッキーニが入ってます。

2010May日本 156

これが!! なんとまあ!!
新玉ねぎの甘さに、しびれました。それに全体の、この調和といったら! はあー・・・おいしい。
あとね、おいしいパンのおいしさにも、久々に開眼しちゃった。ここに連れてきてくれた友達とは、パンがとりもつ縁。(いや、最初の最初は、カスピ海ヨーグルトか!)でもニューヨークに来てから、私はすっかり、その昔彼女と一緒に食べたような種類のパンとは、ご無沙汰で・・・。いかーん! こんなことでは!!

サンドの具は二人ともおんなじなんだけど、友達はリュスティックでサンド。私はカンパーニュでサンド。で、お互い相手の食べてるものが気になって気になって、結局、半分こずつの取引成立~!
はー、がりっと固くて相当食べにくい、このリュスティックもおいしかった! パンって、おいしいなー。

おいしいものを食べてしゃべったのももちろん、いかにも日本!な家々の建ち並ぶ細い裏道をするすると猫のように通り抜けて、途中ではおもしろおかしい事件もあり、あ、あと新婚な彼女のダンナさまにも一瞬ご挨拶させていただいたしで、楽しい再会でした。

そして、いちど家に戻ってコチジャン等を置いたら、一息つく間もなく、夜の集いへ。地元の友達に、集まってもらいました。3家族(1家族予定も含む)のうち1軒のお宅にお邪魔して、4歳、4歳、2歳の子供たち3人がパワフルに遊ぶのを横目で見張りつつ、手巻きずしやビールで、飲み食いしゃべり。
子供を見てるとあまりの成長の速さに時の流れを感じるけど、でも大人は、各自の周囲の状況はどんどん変わっていっているにしても、いい意味で何にも変わってなかった。
たまーに帰ってくる私を、変わらず迎えてくれること、すごくありがたいなーと思った。
2歳児はともかく、4歳っ子ふたりの心にも、「ちっちゃいおねえさん」のことが刻まれたことであろう!(いや、どうかなー、次会ったらまた忘れてるかなー。)

日曜日。・・・あれっ、日曜って、何したんだっけ? 当初の予定では、帰国前日となるはずの日。しかし、待ち続けたパスポートはいまだ来たらず、「帰るの? 帰らないの?」っていう、奇妙な気持ちで迎えた日曜日。
あー、両親と買い物に行ったりして、そして夜に牛角に行ったんだ!(写真見て思い出した!)

2010May日本 191

牛角はいまやニューヨークにもあるんですが、ニューヨークのお店は、なんたることか、高級店として存在しているのです。そんなの、牛角じゃない!!
というわけで、安くてうまい、日本の牛角にも、念願かなって行けました。今日本で流行ってるという、食べるラー油を、こんなとこで試せたのが、これまたとってもよかった!

月曜日。
飛行機は夕方6時の便だったので、午前中のうちにパスポートが来ればぎりぎり間に合うはずでしたが、結局来ず、延期が決定。
パスポートが来るか来ないかと郵便局に電話したり、帰れないと決まってからは会社や友達への帰国延期の連絡・調整などで、なんか1日が終わっちゃった・・・。

2010May日本 203
こちらは、お母さんが仕事帰りに買って帰って来てくれた、みたらしだんごと柏餅。みたらしだんごも、あんこの柏餅も好きだけど、ニューヨークのスーパーでも、買えなくはない。その点で最も貴重なのは、やっぱり白味噌あんの柏餅。んまいー!

火曜日。
朝10時半、家のチャイムが鳴る。パスポート来た! 早速、水曜のフライトをおさえる。
これでやっと安心して、残りの半日を楽しめる!!
といっても、友達を今からつかまえるのは難しいので、両親と遊ぶ。お父さんはこの日は夕方から仕事に行くので、お母さんも捕まえて、また3人で、お父さんご自慢のカフェでひと休みと、ご近所のラーメンやさん。
夜は、お母さんお手製のおつまみたちをつまみながら、ビールで女ふたりでのんびり。と、お母さんがやおらキッチンに立ち、急にニョッキを作り出したりして(しかも、作っただけで、食べないんだよ!!)、相変わらずちょっと変わってるうちのお母さんを満喫しました。

水曜日。早起きして、空港へ。成田空港は、JFK空港とは大違いで、おみやげもレストランも充実してる。迷った挙句の最後の晩餐は、こちらでした。

2010May日本 296

天丼と、おそば! 腹ペコだったので、ひとりにやつきながら、大満足で食べました。

2010May日本 297

そして最後に、飛行機から見えた、きれいなお日様。

<「2010年春・日本」 完>


・・・はあー。すごかったですね。
途中で区切ると、なんかテンションが変わっちゃいそうなので、一気に書いてみました。長すぎますね。いつだって、読む人への考慮ゼロのこの日記、今回も大爆発してしまいましたー。

日本に帰るたびに、こんなふうにいろいろ書いてたわけじゃなかったと思うんですけどね。
しかし今回の旅は、いつにもまして、すごく不思議な印象だったのです。いろんな意味で。だから、全部書かなきゃ!と思って。
今が、変わっていく私の過渡期なのか、それとも今回の旅が特別だったのか、ただあまりの忙しさに全てが違って見えたのか、よくわからないですが。終わってみると、かなりいい充電というか、リフレッシュとはかなり違うんだけど、なんというか、私のパワーになったということは、間違いないと思います。

最後に・・・。
長い日記がさらに長くなっては大変と思い、記事の途中での「ありがとう」は省略させていただいておりましたが、ここでまとめて。
本当に本当にありがとうございました。近々かずっと先かに、きっとまた会いましょう!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

無事に平常営業

すっかりここへの連絡は遅くなってしまいましたが、最初の予定より2日遅れの水曜、無事にニューヨークに戻ってまいりました。会社に戻ったのは2日ぽっちでしたが、やっぱり時差ぼけは急に抜けず、ぼんやり気味です。
多くの人が言うことですが、ニューヨークから日本に行く時より、日本からニューヨークに来る時のほうが、時差ぼけが残るようなのです。

しかしながら、週末がやってまいりました!! この土日はのんびりして、翌週に備えたいと思います!

つい数日前まで日本にいたとは、夢のよう・・・。
週末のうちに、日本旅行記をまとめて、じっくり振り返りたいと思います! ではまた数日のうちにお会いしましょうー。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

延長戦突入

いやはやいやはや・・・。

実は今、日本におりまして。
就労ビザの面接その他、めんどくさい手続きをあれこれ済ませるための、日本帰国でした。

(ビザ自体は既に承認が下りてるんですが、現在のルールでは、パスポートにスタンプをもらうためには、そこからさらに面接が必要とされています。ビザのスタンプがないと、海外旅行した後アメリカに帰ることができないのです。はあー、めんどくさい・・・。)

米国大使館での面接を済ませると、そのまま大使館にパスポートを置いて帰り、スタンプ付きのパスポートが後日郵送されてきます。
で、通常、面接日からパスポートが戻ってくる日までは、1週間ぐらい見ておく必要があって、まあ今までの経験で行くと、2日後にいつも来てましたけど、そのへんをいろいろ見越して、本日がアメリカに戻る日。
・・・のはずだったんです。

ところが、大使館の面接官の方、「面接はこれで無事に終了したけど、システムとの照合は今すぐにできなくて、それをした後でパスポートを返送するので、10日見ておいてください」と言うではないか!!
私だけが特別なわけではなく、誰もが10日待たされるのだそう・・・。
で、毎日毎日お祈りしながら待ちましたが、結局出発日の午前中にも待ち郵便来たらず、日本延長が決まってしまいました・・・。

先に予定を決めてしまっているのだから、こうなることも20%ぐらいは覚悟の上でしたが・・・。やっぱりちょっと、とほほです。

アメリカ大使館は、数ヶ月前にシステムを大幅に切り替えて、面接のために必要な書類の記入項目や記入方法も、以前よりさらにめんどくさいことになりました。そのへんが関係してるのではないかと睨んでおります。

なんでこんなことを一生懸命メモしてるかというと、誰か、この先ビザの面接を予定している人が、読むかもしれないって思って。
というのはね、面接受ける前って、まさか大丈夫と思っても、やっぱり心配なわけです。びっくりするぐらい簡単だったという話もたくさん聞くけど、まさかの理由で却下されたという話も、耳に入ってくるのです。それに、大使館は「パスポートがすぐ戻ってくる保証はないですから、すべて済んでから帰りの航空券を手配してください」とか高らかに宣言しているけど、向こうで生活してる人たちは、そんなに悠長に構えてられません。
そんなこんなで、多くの人が、インターネットで検索して最近ビザの面接した人の体験談とか探してると思うんです。
(私も1ヶ月前に面接した人の話をネットで見つけて、「面接後2日で無事パスポートとどきましたー」と書いてあるのを見て安心してたらこんな羽目に陥ったので、まあ刻々と変わる状況の前では、何の参考にもならないといえばそうなんですが。)

今週の中盤、あるいは後半、最悪でも来週の前半までには、アメリカのおうちに帰りたいと思っています。

日本でのいろいろなできごと、書くこといろいろあるんだけど、とほほな記事にくっつけて書くのもなんですし、別の記事でまた日を改めて書きまーす。とりあえず、とほほではありますが、元気にやってます!

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事

ちょっと途中経過

先週末に、お約束の週末日記を書きそびれましたので、その言い訳をば。

ちょっと、週末に高飛びをいたしまして・・・。
無事に着地したら、それはまた、めくるめく面倒極まりない諸手続きの雨嵐で・・・。
概ね済みましたが、まだちょっと懸念事項が残っております。
すべて済みましたら、またゆっくり日記書きます!

とりあえず、生きて、無事にやっております。

↑↓ 関連記事?? 実のところ、ランダムセレクションの非関連過去記事ですが・・・

関連記事